2018年度スタートしてます

2018年のオカリナ物語も4月後半になっちゃいました。
ちなみに高学年合宿とかのイベントも始まっちゃう。
ちょっとずつ、急ぎつつのんびりと??お伝えしていきます。
Photo今年度は4月2日(月)が第1日目。
新1年生を迎える心の準備で班長さんがやっぱり一番緊張。
♪ドッキドキンはんちょうさん♪であります。笑
最初のお仕事は胸に名札をつけてあげること。
「おはよう、あなたの班長です、よろしく。仲良くしようね。」

Photo_2Photo_3
でも最も緊張しているのは・・そりゃ1年生です。
皆経験者ですからよーく分かります。
Photo_4Photo_5
やさしく、やさしくね。
Photo_6Photo_7
兄姉も、弟や妹がさみしくないか?泣いちゃわないか?
・・と、ちょっとでも一人でいたりすると、ついついそばに行ってやります。
Photo_8Photo_9
2年生以上の子たちが歓迎会の支度を始めると、1年生達をベランダに呼んで、指導員もそれぞれ自己紹介をしましたよ。
覚えなきゃならないが顔いっぱいだね。
でもみんな優しい顔していたでしょ。
オカリナライフの第1日目の始まりでした。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラスト将棋部

そうなんです、オカリナの「ご近所サポーター」は自慢のシステムなんです。
ドリームライダーズ母さん、ありがとうございました!!嬉しいですっ!

そんなふうに指導員の知らないところでも、子と子、親と親、親と子(←我が子じゃなく(^^))が手や心をつないでいってくれるんですね。
すてきだなぁ。
(勝手に写真入れちゃった。・・なぜここでショッピングモールの?とか言われそう~笑)


そろそろ新年度の記事、と思いましたが。
将棋部の話を。
PhotoPhoto_2
2017年3月31日は土曜日。
そう、将棋部活動で2017年度が終了なのでした。
集まりましたよ、土曜のレギュラー。
Photo_3Photo_4
ドリームライダーズもやって来て最後の将棋。
サッカーがあってなかなか参加出来なかった6年生も久しぶりに来ました。
Photo_5Photo_6
オカリナ将棋部の歴史を作ってくれてありがとう。
Photo_7最後の部活も終わり、記念の一枚。
みんな、今日参加してよかったね。
明日から学年が一つ上がる。
オカリナの将棋がもっと楽しく、もっと強くなるように!
ドリームライダーズはまた相手しに来てね。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ご近所サポーター

いつも忙しいけれど、怒涛の年度末、年度始め。指導員はさらに大忙し。
この春、卒室したドリームライダーズいち味の母です。兄と合わせて9年間オカリナにはお世話になりました。いろいろな行事のことはご覧いただいていると思いますが、保護者からもちょっとオカリナのことを伝えたいと思いまして、アップをお願いしました☆

オカリナには送迎バスはありませんが、ご近所サポーターというものがあります。学校が始まる前の4月1日、まだ春休みから学童はスタートします。子供にとっても親にとっても最初は緊張するし、不安なものです。それを少しでも和らげることができたらと、近所の子供たちで一緒に登室したり、親御さんからも気軽に質問ができるようにと、ご近所家庭がサポートするものです。

登室も登校も、普段のことになるまでには、少し時間がかかる子もいます。うちの兄がそうでした。保育園が遠かったので学校にもオカリナにも友達はおらず、緊張だったと思います。オカリナに入室が決まってから、せめてオカリナには慣れるように何回か顔を出せば良かったと後悔すること遅し。泣きながらの登校となりました。その頃はサポーター制度はなかったのですが、指導員に相談して、近所のオカリナっ子が一緒に登校してくれることになりました。わたしも最初は一緒に送りに行く毎日だったのですが、しばらくすると本人から、明日からもう大丈夫宣言が発令され、オカリナ兄さんたちに感謝したものでした。
それから数年後に今の「ご近所サポーター」ができました。

我が家の次男は最後の年、1年生のサポーターとして、一緒に登室や登校をしました。そして3月30日の最後の登室の際に、次男はその1年生の母からお手紙をいただいてきました(私宛てではなくて次男宛て^ ^)。そのお手紙には、自分の子と手を繋いでくれたことに驚きそして嬉しかった、とか、◯◯くんのような6年生になって欲しいと思ってるとか、他にもそれは過大評価でしょーと思うような、たくさんの賞めちぎり(笑)があり、いただいた言葉にじんわり心が温かくなりました。

Dsc_0700ちょっとやられた感じ☆うーん、オカリナっ子にたくさん感謝はしてきたけれど、お手紙を渡すって発想が自分にはなかったなー。相手に直接言うことも大事だけれど、文字にするというのも素敵だなーと思いました。次男がこれから先、自信がなくなることがあったら、アンタもこんなに人に感謝された奴なんだから大丈夫!と見せるために大切にとっておきたいと思います^ ^

新1年生の家庭に早く溶け込んでほしい、不安を少しでも解消できたらと考えた「ご近所サポーター」が、こんな風に温められて自分たちに返ってくるなんて…。顔が見える関係でなければなし得ないことです。
素敵でしょ!オカリナ☆

(ドリームライダーズ母)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3月30日

最終日はいつもと変わらずにオカリナにやってきて、そして始まった。
PhotoPhoto_2
左:朝1時間の学習。
1年生の漢字の勉強は母が作ってくれた手書きの問題だった。
さ「これ、オカリナの歌の一番だね」
子「うん。」
素敵なお母さんだ。
右:ロッカー移動。
まずは6年生が自分の荷物を出して掃除。新年度準備もしなければなりません。

Sロッカーの引っ越しを済ませて公園へ。
向こうでキックベースもやっていたけど、Sケンがとにかく熱かった。
緑がオレンジに攻め込んだところ。

S_3S_4
熱い闘いだけど笑顔がたくさんあった。
6年生同士の組み合いもこれが見納めだ。
二人はとっても仲良しだけどSケンで同じチームになることはなかったね。
・・・卒業しちゃったら、Sケンってやる機会、あるのかな。
12
「オカリナで食べる最後のお弁当、どうですか?」と6年生みんなに聴いてみた。
「・・・おいしい。」
全員同じ答えだった。

1_2Photo_3
午後、6年生が「スペシャルドリームライダーズデー」を下級生たちにプレゼントしてくれた。
【チーム対抗じゃんけんゲーム】
早く全員が6年生に勝ったチームが優勝。
何回やってもなかなか勝てなかった2年生。
誰かが「○○くんとたくさんじゃんけんができたからよかったじゃん!!」って言った。

1_3【班対抗ステレオゲーム】
6文字の言葉を6人が一文字ずついっぺんに言う。
その言葉をあてる。
キャンプでよく楽しむゲームです。
6文字は長いから難しいけどね。

Stereo2_2

班で相談~
全然見当がつかなくても、それらしい言葉を考えてみんなで声をそろえて答える。
それが楽しいのだ。

1_42_3
【絵本の読み聞かせ】
よく知ってる話でも6年生が読むと面白くて笑っちゃう。

Photo_4Photo_5
1_5Dsc_0159
【手つなぎハンカチ落とし】
楽しくて楽しくていつまでも終わらずエンドレスにぐるぐる回っている人たちでした。
仕方ないので指導員が
「じゃ、あと3回オニが変わったらね、おしまいね。」

Photo_132_4
5年生が、卒進の会で進級祝いにもらったばかりの陶器のオカリナをもって記念の写真。
ちょっと演奏もしました。
もう6年生。みんなでいい音を奏でていこうね。


最終日の帰りの会はみんな一言ずつ話します。
途中で3年生の男の子が「僕が2年生の時ドリームライダーズがいっぱい遊んでくれて・・」といいながら目頭を押さえ言葉に詰まってしまったのを見て最後に話す6年生がこらえきれず涙。
最終日に必ず歌う♫君と僕のラララ はあちこちでしゃくり上げる声や泣き声。
Photo_7Photo_8
ドリームライターズの涙も
Photo_9Photo_10
ドリームライダーズを慕っていたこどもたちの涙も、3月30日のオカリナが見つめている。
特別にもっとゆっくり時間が流れないかなぁ。


Photo_11Photo_12
Photo_14Photo_15
撮影タイム。
お別れのさみしさは胸から離れないけれど、一緒にいっぱい写真を撮ろう。
最後の最後までこんなに仲良くできたその証拠写真。
だいすき!の証拠写真。
(いっぱい撮りました。この何倍も撮りました。どこかで紹介しますね)

6Photo_16
ドリームライダーズの母さん父さんたちも、オカリナっ子全員が帰っていくまで見送ってくれました。
そして巣立っていきました。
6年前の4月1日におっかなびっくりドアを開けたあの小さかった女の子は、大きく成長し、笑顔で手を振って、そのドアを閉め、新しいドアを開けに出発していきました。
6年間ありがとう!
ずっと、ずーっとドリームライダーズを応援してる。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

卒業と進級を祝う会2017

Photo_93月のおしまいの日曜日。
1年間の成長と6年生の巣立ちをお祝いする会の第1部、式典は、こどもたちの歌で始まります。
・・・あっ、その前にプログラム0番、オープニングは指導員のオカリナ演奏だったっけ!
緊張しましたぁ~

Photo_10Photo_11
Photo_12学年の出し物を見てもらいます。
2年生はけん玉、3年生は劇、4年生はコント。
5年生はダンスでチームワークの良さも披露。
どの学年もたくさんの拍手をもらいました。
Photo_13Photo_14
Photo_15Photo_16
1年生が最初に1年間の思い出を歌いますが、私がピアノをひくので写真は撮れません。
一人だけのパートがあり、ドキドキしましたが大きな声でみんな一生懸命に歌いました!


Photo_17Photo_18
さあ、6年生の出番です。
今日の一番の主役です。
卒業式が終わり、5年生までの子たちが学校に行っている間に毎日朝からオカリナに来て書き上げた作文を朗読します。
仲間へのメッセージは仲間の方を向きながら。笑
原稿用紙6枚くらい書きます。

Photo_19Photo_20
最後だから6人全員でコントをしようよ、と会の二日前に決定、とはいえなかなか中身が決まらず
あーでもない、こーでもない、人が多いから難しいんだ、いっそ2チームに分けるか?
いやそれはない、6人でやらなくちゃ、と迷い悩んだ末に
コント「迷子センター」
練習正味40分というところだったでしょうか、ウケました。

Photo_21Photo_22
聴く人たちの心にしみるオカリナの音色。
これまでの思いを込めます。

卒業おめでとう、本当に大きくなった。
6年間ありがとう。
さみしくなるよ、 とってもね。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«6年間の終わりに