Main | October 2004 »

9月の誕生日会

 誕生日会での一枚。(ちょっと写真サイズを変えてみたテスト記事です。)

DSCF7994.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国益

 昨日のTVタックルを見ていたら、国益という言葉が何回も繰り返し出ていた。どうも違和感を覚えてしまう。国益って誰の益かということだ。年間で3万人も自殺している人がいる、学校に行けなくなっている子がいる、社会に出られないで引きこもっている人もいる、仕事もなく家もない人がいる。
 高度資本主義社会において、資本を得るということが国益ということなのだとおもうけれど、あまりにお金を稼ぐ(効率)ということに集中してはいないかと思う。国の益は人(国民)の幸せによるものだと思うし、人の幸せはまず自らが生まれたことに感謝することができなければ生まれない。いくら国が(金銭的)裕福でも、個人の幸せが達成できない国だったら、それはやはり貧困なのだと思う。
 危惧するところは、社会的な弱者が切り捨てられないかということだ。一部の人に税金を使って・・・と言った、変な平等意識がすすんでいるような印象を最近の流れで感じる。それは例えば、川崎市では学童保育の廃止や、言葉の教室の縮小、公立幼稚園の廃止や保育園の民営化と言った流れだ。
 橋(歩道橋)、一本でも、使う人には必要だが、必要の無い人には必要のないもの。公教育や福祉は、やはりある程度経済活動から切り離されるべき聖域として、自治体が責任をもってやるべきではないかと思っている。(buchi)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日はりょうくんの誕生日

 帰りの会の時、みんなで写真を撮りました。

DSCF7988.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お月見団子作り(写真記事のテスト)

 お月見のお団子作りをしました。今日は十五夜です。

DSCF7980.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋の運動会

 川崎には114の小学校がある。人口と、小学校数のバランスについてはまた書こうと思うが、今回は運動会の話題。
 114の小学校の内、秋に運動会を行う小学校は10校程度と聞く、残りは春。と言っても5月末か6月の初旬だ。これは全国的にはどうなのかちょっと誰か調べてくれないかなと思う。運動会は秋というのが、あたりまえだったころはいつまでだったのだろう。
 なぜ、秋に行われていたものが春になったのかというと、どうやら秋はその他の学校イベントが集中してしまうので春に行われるようになったらしい。僕が子どものころに、秋だったのが春になった理由として言われたのが確か秋は天気が不安定だというのがあった。
 前と状況が違うのは週5日制になって、開催が土曜日になったこと。これは春にやるところも、秋にやるところも同じだ。予備日が日曜日になる。(まだ、土曜日がお休みの家庭だけではないとは思うが・・・)
 結論から言うと運動会は秋がいい。ちょっと考えて見てほしい。保育園や幼稚園では、春にやるということにはならない。それは子ども同士や、先生との関係、集団として関係ができていないからだ。それぞれの学年としての成長や、意気込み、お互いのことがわかって取り組む運動会と、そうでない運動会ではやはりぜんぜん違うと思う。(buchi)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サガン

 ぼちぼちいろんなことに言及していきたいけど、まあ、ウォーミングアップがしばらく続きます。
 今日、ニュースを見ていたらサガンが亡くなったというのがありました。最近はぜんぜん読んでいなかったので、生きているかどうかも知らなかったのですが、亡くなったという事を聞くと読んでいた当時の本のことを思い出します。
 確か10冊ぐらいはサガンの作品を読んだと思うけど、ほとんど内容は忘れてしまいました。(もう、20年くらい前だなあ。)でも、「悲しみよこんにちは」は、けっこう印象としては強かったというのは残っています。記事を読むと、サガンが18歳の時に書いた小説だったんですね。
 僕は興味をもった作家の作品を、それなりに追っかけて読むので、そうした作家が亡くなってしまうのはさびしい気持ちがします。(buchi)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とりあえず開設

 ブログというのがどんなもんかと思い、登録してみました。オカリナのことや、こどもたちにかかわることをつらつらと書いていきたいと思っています。では、とりあえず開設です。(buchi)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | October 2004 »