« May 2005 | Main | July 2005 »

木いちご

IMGP2347-1今年も木いちごがたくさん実った。洗ってそのまま食べるのもおいしいし、いっぱいとって木いちごジャムにするのもうれしい。
...この木は初めて子どもと見つけた。いつも遊んでいる公園のフェンスの向こうに、こんなに立派な木があったんだ。うーん、知らなかった。とりたいっ!!とらせてっ!!
でも、でかいハチが2匹いて、この日は断念。写真だけとってきました。(^_^) ..さぶ..

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月30日

 6月30日になるとなぜか思い出すのは高校の同級生の誕生日で、自分の誕生日が来ると1年も半分過ぎるんだと言っていたこと。(どうしてるかなあ。)(~_~)

 ということで、明日から7月ですね。
 オカリナとしてはそろそろ夏休みのキャンプに向けて、子どもたちの準備をはじめることになります。夏休みは指導員としてはハードな面もありますが、楽しみな時でもあります。
 
 そうそう学童保育関連の記事で、横浜のことがタウンニュースに出ていました。安心して学童保育所を運営できることってなかなか遠いなあと思ってしまいます。しかし、ひどい提案です。(ぶち)http://www.townnews.co.jp/020area_page/01_thu/01_aoba/2005_2/06_30/aoba_top1.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オカリナバザー盛況でした

DSCF1970 梅雨の真ん中開催で、計画の時から天気が心配だったオカリナバザーでしたが、日曜日、晴天にめぐまれて開催することができました。会場に足を運んでくださったみなさん、ありがとうございました。

 こどもたちも、こどもコーナーのお店を30分交代で担当したり、けん玉やオカリナ、歌のパフォーマンスを披露して活躍しました。プラザ高津でも紹介してくれています。(左のリンクを参照。)売り上げも、過去最高になりそう。
DSCF2001
 そうそう品川からはらっぱクラブのみなさんもきてくれました。来週バザーということなので、ちょっと紹介してしまいます。はらっぱクラブバザー日時:7月3日(日)10時~15時、場所:大井五丁目滝王子稲荷神社。(詳しくははらっぱクラブのHPを見てください。)(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長新太さんを読む

IMGP2334-1 絵本作家の長新太さんが亡くなった。
おもいっきり!って感じの色遣いや絵、突飛なんだけどすごく楽しくて親しみが持てるストーリー。ぶちも私も大好きだった。とてもさみしい。
 今日はおやつの後にぶちと2人で1冊ずつ、長新太さんの絵本を読んだ。ぶちは「ゴムあたまポンたろう」。私は「なんじゃもんじゃはかせのおべんとう」。
 長新太さん・・子どもたち、みんなすごく楽しそうにあなたの絵本を見て、聞いていました。笑い声が天国に届いたかしら。これからもいっぱい読んであげたいと思っています。一人の女の子はそのうちの1冊を借りていきました。
 楽しいすてきなお話をたくさんたくさんありがとうございました。(さぶ)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今日はオカリナバザー

 橘公園で、11時から開催しています。よかったらいらしてくださいね。(3時までです、橘公園は市立子母口小学校の横です。)
 それから、子ども達のパフォーマンスは1時半からを予定しています。天気は良さそうだし。がんばろっと。(^_^.)(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

この子たちの夏

 オカリナに読み聞かせに来てくれている吉澤さんもかかわっている朗読会だそうです。チラシの内容をご案内します。以下。

麻生朗読の会 ~地人会上演台本「この子たちの夏」より~1945・ヒロシマ・ナガサキ
「この子たちの夏」
 焼けただれた ヒロシマの うす暗く ゆらめく焔のなかから
 あなたでなくなったあなたたちが つぎつぎと飛び出し這い出し
 この草地にたどりついて ちりちりのラカン頭を苦悶の埃に埋める
                        (峠 三吉 原爆詩集より)

 ●日時: 2005年8月3日(水)開場:1時 開演:1時30分
 ●会場: 麻生市民館大ホール 小田急新百合ヶ丘駅から3分
 ●演出・朗読指導: 山本 和子
 ●後援: 川崎市教育委員会・財団法人川崎新都心街づくり財団
 ●協力: 演劇制作体 地人会
 ※入場無料 問い合わせは麻生朗読の会事務局 高橋(044-954-1684)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エンジン

 あんまりドラマって見ないのだけど(正確に言うと、毎週見られないからだいたいいいやって思ってしまう。)、最近ではキムタクの「エンジン」を、たまにみる。(これも毎週でないところがつらい。)(ーー;)

 少し前の映像では、おお、これは黒川野外活動センター(川崎市の施設・旧黒川分校)だと思ってみたりしてた。(バスで各施設に子どもを振り分けるシーンの最初の施設です。)

 しかし、なんとなくこのドラマを見てしまうのは、近所とのトラブルで存続できなくなってしまった風の丘ホームが川崎の学童保育とタブってしまうからかもしれない。我ながらやれやれと思ってしまう。(^_^;)でも、あきらめがわるい方がいい。そんなメッセージを受け取って、ちょっと元気になれそうな気がする。(ぶち)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

低学年合宿..オカリナで寝る..

IMGP2260-1IMGP2272-1 
1年生から3年生の22人がオカリナで1泊した。ご飯を食べ終わり、ホタルを見に夜の散歩、それからみんなで銭湯。エキサイティングな夜だ。みんな鼻の穴をふくらませて目をまん丸くしている。
そしていよいよパジャマになった。..寝るのだ、ここで。ママはそばにいないのだ。
夕飯の時「あ~、わたし、夜泣いちゃうかもぉぉ」という子がいたので指導員、はらはらしたが、実際は寝袋の中と、仲間との就寝を楽しんでいた。

写真左は3年のリーダーを中心に、どういう風に寝るか、の話し合い。
リーダー「どうやってねたらいいですか?」
2年「北の方を向かないでねる。」
1年「どーして?」
3年「えんぎわるいから。」
1年「きたってどっち?」
3年「えーと..あっち..かな..(?_?)」
..ってそういう話し合いじゃないでしょっ!

いやあ、低学年との一日はすごくおもしろかった。そして心身はなかなかの疲弊。
2年生「おれ、2個寝るのがいいなあ。」
指導員「..とりあえずいっこにしておこう。(~o~;)」

自分(たち)のことは自分(たち)で。
全員で取り組むサマーキャンプが楽しみだ。(さぶ)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

低学年合宿無事終了!

DSCF1891 昨日から行われた低学年合宿は、朝の9時少し前に合宿おわりの会で無事終了。朝ご飯は、なっとうご飯にオムレツ、お味噌汁。

 おわりの会では、子どもたち一人ひとり感想を発言してもらった。「蛍がみれて良かったです。」「晩御飯がおいしかったです。」・・・などなど。家を離れて、一晩泊まるだけだけど、身支度は自分でちゃんとやらないといけないし。1年生にはちょっと冒険。

 でも、昨日はホームシックにかかる子もいなかったし、キャンプに向けてみんながちょっとステップアップしたんだろうと思っています。写真は夕飯を作っている一場面。
 (ぶち)

P.S. 家に帰った時の子どもの様子など、コメントいれてもらえるとうれしいです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

低学年合宿進行中

 今晩から明日までですが、低学年のオカリナでのお泊り合宿が進行中です。今はちょうど子どもたちが寝たところ。(写真は明日にでも紹介します。)
 夕食のメニューはクリームシチューとフランスパン、それからサラダ。(差し入れのメロンもありました。)普段高学年に頼っているので、戸惑っている子もいましたが逆に上級生がいない分3年生のがんばりが見られます。グループごとに分担して、ジャガイモや人参、お肉を切って作りました。おいしくできましたよ。

 それから近くのふれあいの森に蛍を見に行きました。あまりいないだろうと思っていましたが、少しまとまって飛んでいるのが見られたりして素敵でした。

 帰ってきて、近くの銭湯へ。(ここがまた、さびれたお風呂や。)ほとんどお客さんがいないようなところに22人の子ども達。(~_~;)男風呂にはお客さんがいたのだけど女風呂にはいなかったみたい。男風呂ではお客さんに「くつしたはいたままだぞ。」とか注意される場面もあったりして・・・。(~_~)みんなでお風呂に入るのはやっぱり楽しい。
 明日につづく。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月の誕生日会

DSCF1858 昨日は6月の誕生日会を行った。1年生もすっかり雰囲気になれた感じ。定番になりつつある出し物も面白かった。(そうそう動画で紹介って要望があったような・・・。)(~_~;)
 ケーキを前にいつものように写真を撮ったのだけど、どうもアングルが難しくなりつつある。とりあえず、一枚紹介します。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シーボルト

 最近ちょっとおどろいたテレビ番組があったので、忘れないうちに書いてしまいます。(~_~;)

 それは素敵な宇宙船地球号って、トヨタの番組。そこで紹介されていたのは、シーボルトとオオサンショウウオ。http://www.tv-asahi.co.jp/earth/midokoro/2005/20050605/index.html

 で、何にびっくりしたかと言うと、シーボルトがその当時オオサンショウウオをオランダに持って帰って、そのオオサンショウウオがオランダの動物園で50年生きたという話し。

 当時、どれぐらいの数を連れて行ったのかわからないけど、当然船で運んだわけだし、1,2か月はかかったはず。さらに連れて帰って、50年も生きるなんてどんなだよって。ちょっと感動してしまった。つげ義春の作品に山椒魚っていうのがあるのだけど、案外たくましくないと、生きた化石なんて言われないうちに絶滅してしまうんだろうなあと思った。

 最近のニュースでサンショウウオが台風の影響か下流に流されているという話しがあった。種が絶滅するとか、生物の多様性の確保とかそういうことにもっと敏感になりたいと思う。(ぶち) 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャンギを作る

DSCF1839 古くなった将棋盤を拾ったので、表面を削って再利用することにした。将棋がはやっているので将棋盤として再生しようかと思ったのだけど、去年の3年生が学校でチャンギ(韓国将棋)を作ったこともあって、オカリナでもできるようにチャンギにした。駒は輪切りにしたケヤキで作る。

 いろいろ調べると、チャンギは朝鮮将棋とも言われるみたい。要するに朝鮮半島で行われている将棋。一方、中国将棋はシャンチー(象棋)と言うのだけど、駒もルールの考え方も極端には違わない。(チャンギはパスができるとか、盤の升目の書き方が違ったりするのだけど。)

 将棋との大きな違いは、取った駒を使えないこと。でもむしろ日本の将棋が特殊で、チェスやシャンチー、チャンギなどほとんどのそうした将棋は取った駒は使えない。たぶん、歴史的な風土の違いなんだろうと思う。まだ、ルールもよくわかってないのだけど、オカリナの一つの遊びとして定着したいと思っている。

 調べてて分かったのだけど、チェスとシャンチーやチャンギは、取った駒が使えないのでどうしても引き分けが多くなる。ということで、日本将棋もアジア圏内でひろまっているらしい。特に台湾で流行っているみたい。囲碁は国際的にルールが確立されているので、多国間の大会があったりするのだけど、将棋もそうなったら面白いなと思う。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンサンブルな人々(7)

IMGP2205s-1 今月のアンサンブル会はちょうどぶちのお誕生日。そこでケーキ達人の母が会に合わせて4つ分のデコレーションを作ってきてくれた。
 ぶちには内緒だったので、運ばれてきたケーキを見て本人ちょっとびっくりしていた。(ふっふっふ、普段あまり驚いたりあわてたりしないぶちをたまには驚かせたいよね。)
 今回のアンサンブル会は、子どもの班ごとに座り、少人数での懇談という形式にしたので、その時間に大人でお祝いして食べよう、ということにした。..親に付いてきた子たちもいたけれどオカリナっ子たちは来週のお誕生会で食べられるからね..。
 ろうそく立てて♪ハッピーバースデー♪を歌った。こんなアンサンブル会もいいなあ。
 おめでとう、ぶち! ぶちがいたからみんなオカリナに出会えたんだ。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

平和のつどい

tudoi 6月5日に行われた平和のつどいは、オカリナとしては初舞台。オカリナの出演は15分という時間でしたが、子どもたちはがんばったし、学童保育の良さみたいなものが少しはにじみ出た(^_^;)と思います。
 やっぱり子どもたちの歌声って素敵だなと思います。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たのしかったよへいわのつどい…作文より③

 わたしは、へいわのつどいでステージにあがってうれしかったけど、きんちょうしてて、うたをうたているときもどきどきしてて、そしてわたしのばんがきてきんちょうしたけどいいきれてよかった。
 ステージにあがってちょっと手をくんだりしちゃったけどちゃんとできました。(ゆきな)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

木の椅子

 オカリナにはいくつかの学校から払い下げたような木の椅子と、二人で座るつながった木の机が一つある。昔の小学校にあった机と、椅子のセットだ。

 昨日と今日で、オカリナ下に置いてあって古くなったいくつかの椅子を解体してゴミにした。

 解体してみてわかるのだけど、すごく丈夫。組み方が丁寧なのだ。だからなかなか壊れない。昭和何年製とか書いてあるのだけど、そんなに歴史があるのかと思ってしまう。高さは変えられないから、6段階で大きさがある。今のスチールの椅子や机は高さを変更できる利点があるとはおもうけど、こんなに何10年ももつのかと思ってしまう。こうした椅子を何千、何万と作った匠のなせる技を感じた。木のある文化ってやっぱり良いと思う。

 本当はもう一つ解体しようと思っていたのだけど、サンダーをかけて塗装することにした。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

へいわのつどい…作文より②

 わたしは、さいしょきんちょうしたけどあとからへいきになりました。ママたちがみえました。
 びでおをとっているひともいました。がくどっこのうたとあかいやねのいえとおかりなのうたをうたいました。いちばんがんばったのが、おかりなのうたです。
 じょうずにうたえました。はずかしかったけどでてよかったです。(ゆか)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

平和のつどい…作文より①

 私は、ステージにでる前すごくどきどきしたけど、できると思ったら歌やけん玉がうまくできたと思います。もしかめで最後までのこっててよかったです。その時とちゅうで落ちそうで落ちるかとおもったけど落ちなくてよかったと思いました。
 歌では、高い声がだせてよかったです。1人で言葉をいうところがあったけどちゃんといえたと思います。赤いやめのいえはいい歌なのでまちがえないで歌おうと思いました。(しお)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ねむいときもある

 DSCF1771 帰りの会のころ、眠くなってしまうこともある。(^_^.)(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もうすぐ平和のつどい

 学童ほいくオカリナの子どもたちが出演する平和のつどい(正確には「平和をきずく市民のつどい」)は、以下のように行われます。川崎市が後援し、多くの団体が参加する大きなつどいで、毎年たくさんの人たちが楽しみにしています。ぜひご来場ください。

日時:2005年6月5日(日)午前10時から午後3時
場所:中原平和公園内 川崎市平和館 *入場無料
後援:川崎市、東京新聞社川崎支社、毎日新聞社川崎支局、神奈川新聞社川崎総局、朝日新聞社横浜支局
記念講演:「どうなる 平和と子供たちの教育」俵儀文(教科書ネット事務局長)
*平和館のステージでは記念講演のほか、大型紙芝居「いのちの音」作/愛敬恭子が朗読や歌などにより披露されます。

 そして学童ほいくオカリナの子どもたちの出し物をはじめ、川崎高校バンド・腹話術・太鼓・など様々な企画も盛りだくさんです。(オカリナの出演は10時15分から15分間の予定です。)

 また、平和館の外では、フリーマーケット、焼きそばなどの模擬店もにぎやかに出店しています。学童保育連絡協議会としては、その場でお餅をついて売ります。つきたてのお餅をどうぞ。(つき手をやってくれる方、大歓迎です。)

 今年は被爆60年、川崎市「核廃絶平和都市宣言」23周年ということでつどいのスローガンにも
・核兵器廃絶・原爆訴訟支援
・世界の子どもたちに平和な明日を! などが盛り込まれ、楽しい中にも、誰もが生まれてきてよかったと思える世の中にするには何を考え、行動すればいいのかをみんなで考えたいという願いがこめられています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »