« February 2006 | Main | April 2006 »

その④

Dscf4376 もしもゆるされるなら、ずっと小学生でいてほしいなあ、なんてわがままなことを思ってしまう時期です。昨日は、6年生の一人が最終登室日。チャレンジしたけん玉五段は達成できなかったけど、みんなにその勇姿を見せてくれました。2回転灯台も2回目で決めるんですよ。(・_・;)
 帰りの会の後に、一人ひとりと写真を撮ったり、握手をしてお別れをしました。大騒ぎになったけど・・・(^_^.)(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その③

Dscf4344 卒業と進級を祝う会では、4年生と指導員がオカリナを吹いたり、6年生への卒業記念品はアケタのオカリナでもある。
 そして、プラスチックのオカリナはいつでも吹けるようにぶらさげてあったりする・・・。ま、オカリナなりにオカリナという楽器がいつでもそばにあるようにしている。もちろん指導員もけっこう吹いたりしている。(^_^.)そんなこともあって、リコーダーもやっていない1・2年生の子がチャレンジしたりする場面もあったりして面白い。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その②

Dscf4349 昨日は、恒例のドッジボール大会。こうした形式で行われる3回目の大会になります。(今年は5つのクラブの参加でした。)試合は低学年の部、高学年の部のそれぞれリーグ戦形式で行いました。(指導員チームも高学年のリーグ戦に参加します。)

 オカリナは低学年で3位、高学年で準優勝のまずまずの成績。来年につながっていけばいいなと思います。いろんな学童と交流できるのは刺激になって面白いです。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年度末・・・①

 今日はドッジボール大会があったりしたのだけど、年度末は卒業と進級を祝う会などいろいろあって、何を記事にしていいかわからないぐらい。(・_・;)
 昨日はオカリナ的3級合格が出ました。一年生ですよ。彼は残念ながら引越ししてしまいます。さびしいなあ。(ぶち)
「DSCF4336.AVI」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

卒業と進級を祝う会

Dscf4304_1 日曜日に第3回目の卒業と進級を祝う会を行いました。一年間の総決算のような行事、全員出席で素敵な会になったと思います。・・・とりあえず、一枚。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンサンブルな人々(11)

IMGP3813-s 外看板がついに世代交代。二代目看板を取り付けに、またまた二人の父がきてくれました。おお、ナイスリニューアル!!わずか1週間で・・さすがです。
子どもたち曰く「オカリナが生まれ変わった!!」

 明日はオカリナの「第3回卒業と進級を祝う会」。この大切な行事に間に合わせてくれたのだと思います。本当にうれしい。
子どもも大人もみんなで力を合わせて、心に残るいい日にするんだ。新しい看板と一緒に。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近うれしかったこと

DSCF4271 今年度末は、6年生の卒業以外にも、残念ながら引越しなどの事情でオカリナを離れる子が何人かいる。そうした子に、先週からお互いにメッセージカードを作る作業をすすめていた。

 でも、いろいろ事情はあったのだけど、その中の一人の子が4月からもオカリナに来ることができることになった。そのこと事態とてもうれしいことなのだけど、みんなの反応が嬉しかった。昨日のおやつの前、その時の様子・・・。
 (N)「やめる予定だったけど、4月からもこられることになりました。」「おおーーー。」みんなから大きな歓声があがりました。
 (N)「ごめんなさい。」・・・(いきなりあやまるので、ぶち補足)「みんなにお別れのメッセージ書いてもらったからだよ。」そうしたら、ちょっとだれだかわからないのだけど「あやまることないじゃん。」だって・・・。(^_^)素敵な仲間だなあと本当に思いました。
 (N)「四月からもよろしくお願いします。」
 4月からも楽しいオカリナにしていこう!(ぶち)・・・写真は、今日のおやつの様子。卒業生のリクエストを受けて、ちょっと豪華!(^.^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高学年旅行の陶芸作品

DSCF4261
DSCF4264 1か月ぐらい前に行った高学年旅行。施設で作った陶芸作品が届きました。焼き上がりはなんかとても立派で、本当にこの場を借りて施設の方にお礼をいいたいです。(~_~;)
 いい思い出作品になったと思います。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昼間のきょうだい

 はらっぱクラブのブログに「学童保育の必要性」という記事があります、ぜひ読んでみてくださいね。(^_^)学童保育の必要性については、最近ここはそうだろうと思っているところがあります。それは子ども達同士の兄弟みたいなつながりです。

 学童保育での子ども達の関係って、昔から昼間のきょうだい(兄弟姉妹)という表現があります。最近、少子化傾向があるので、一人っ子家庭も多く、兄弟がいても年が離れていたり、性別も違っていたりすると一人っ子を二人育てているような感じの家庭も多いように思います。
 でも学童での生活を考えると、最初1年生で入った時は末っ子気分。中学年になると、3人兄弟だと真ん中気分。そして高学年になると、長男・長女気分。とても、一つの家庭では実現できないような体験をすることができるし、その意味ってけっこうかけがえのないものだなあと思います。特に、一人っ子にはこうした生活って貴重だろうと思うのです。そして、中学に行っても名前で呼び合えるなんて素敵だなあと思っています。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンサンブルな人々(10)

IMGP3808-s オカリナの顔とも言うべき外看板。窓から前の道路を走るバスを見ると、お客さんがこの大きな看板を眺めている様子がよく分かる。しかし3年間、風と雨と西日にさらされてすっかり色あせ、ペンキもところろどころはがれ落ちてしまった。
 土曜日、二人の父がやってきて看板を作り直すべく、外し作業に取りかかった。折悪しく雨が降ってきて、お手伝いに入ったぶちもみんな、背中をぬらしながらの大仕事となった。

 3年前にこのベニヤ板2枚分の看板を制作したのは今年中1になった女の子の母だった。

 小学校の卒業式の翌日、初代看板も卒業していった。
どれだけたくさんの人たちが看板を見てくれたことだろう。3年間ありがとう。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ほんとしんぶん

hontosinbun 今日は卒業式、低学年の子たちはすぐ帰ってきた。昨日の出来事が新鮮だったようで、1年生が新聞を書きはじめた。

 今ごろ6年生は卒業式をしているころだなあ。おめでとう!(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ねこふんじゃった

IMGP3757-s 夕方、子どもたちがドッジボールから帰って来た。外でみんなで遊んでからオカリナに帰って来ると、何とはなしに分散し、今度は少人数ですきに過ごす。
今日は、絵を描く・将棋・本読み・折り紙・ごろごろする・ブロック・キーボードを弾く・指導員にじゃれる・宿題(^^;) といったラインナップ。 
 写真はキーボードで5年生が1年生に♪ネコふんじゃった♪を教えているところ。私も小さい時よく弾いた。手を交差するところがかっこいいのと黒鍵をたたくときの指使いがなんかピアニストっぽくてたまらない。・・でもピアノの先生(ちょっとだけ習っていた)はネコふんじゃったなんて教えてくれなかったなあ。だいたい楽譜も見たことない。(っていうか楽譜があったとしても♯♭がいっぱいで私には読めないと思う。)
 この二人も、ピアノは習っていないがとても熱心にレッスンは行われ、「またやろうねー」って感じに終了していた。
ベーゴマは伝承遊び。ねこふんじゃったは伝承ピアノ曲??(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっとだけまって

IMGP3756-sお迎えが来てもなかなかすんなりと帰りの支度にうつれない。そんな子はたくさんいる。遊びをやめるのも、友だちとさよならするのもなごり惜しい。
父「おーい、かえるぞー。」
子「ちょっと待っててぇ。」
将棋はさっき始まったばかり。“ちょっと”は無理かな。

1日働いて帰ってきた母の顔を見て
「えー、もう来ちゃったのぉ。」なんて失敬な発言もある。(^_^;)
保育園の時はお迎えを今か今かと待っていて抱きついてきたのに・・。
と母はつぶやく。
それもまた成長なのかな。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

stella time…星の時間

 昨日のアンサンブル会で、4月1日からステラタイムの実施が決まりました。月曜日~金曜日、18:30~19:00までをお迎えの待ち時間としての延長開室をするという内容です。(会費以外にも別途費用がかかりますが・・・。)詳しくは、お問い合わせください。とりあえず、お知らせでした。(^_^;)(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひな人形

IMGP3742-s 今年はうちから古いひな人形を運んだ。昔々に両親が私に買ってくれたひな人形。貧しくて何段もあるのは買ってやれなかった、と母は話していた。幼い頃は三人官女や五人囃子がいて、お道具もたくさんついている友達の雛飾りがうらやましかったけれど、コンパクトにしまえる私のおひな様は、大人になってからも毎年飾れた。そして今年はこうしてオカリナにやってきた。
 「私のだから古くて汚れているの。あちこちから綿が出ていて、お姫様は白髪のおばあさんみたいでしょ。」と子どもたちに話した。
 「へぇぇ、ほんとうだー。」「でもかわいいじゃん。」
たくさんの子どもたちに見つめられて、私のおひな様はたぶん恥ずかしくて、そしてうれしかったと思う。
 
 14年前、母は私の娘にもひな人形を買ってくれた。
中3になる娘が「いいよ、出さなくて。」って言っても、「そうだね。出すところがないよね。」なんて思わないで、出してあげればよかった。
 春はひな人形の袂のあたりからもやってくる。
土曜日、オカリナのおひな様を片付けた。ひしもちでお雑煮を作っておやつに食べた。(さぶ)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

政府予算案

 ここに書くのもなんだけど、今回の予算案はほとんど議論もなくて可決されてしまったなあ。(~_~;)今日のニュースをみてびっくり。ここまで議論の無い予算案って過去ないかも。
 ・・・やれやれ。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人形劇の試演会

IMGP3735-sIMGP3739-s
 3匹の子ブタとオオカミをつれて、人形劇団ひとみ座の人がお芝居を見せに来てくれました。週末に奈良の方で公演があるということで、オカリナで腕試し、っていう感じなのでした。いろんな声色で4種類の登場人物を操り、ストーリーのアレンジの面白さと、とぼけたような何ともいえない間がたまらなく子どもの笑いのツボを刺激しまくって大爆笑の連続。私もちょっと笑いすぎてしまった。奈良でもきっと大成功でありましょう。それにしても・・公園でのドッジボールから戻ったらプロのお芝居。なんてしあわせなオカリナっ子たちでしょう。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

将棋

DSCF4066 将棋ってなかなか根強い人気があるなあと思います。3位になったわいわいクラブの女の子は、お父さんと普段やっているんだって言っていました。みんな最初はそんな感じで覚えるのかな。オカリナではなんとなく、夏のすごい暑いころと、冬の寒い時に流行る遊びとして定着しています。(^_^)僕自身も一時期けっこうやっていたので、だんだん強くなっていく子ども達をみるのは楽しみです。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

将棋とベーゴマの交流会

DSCF4070 昨日は雨の中、わいわいクラブのみなさんがオカリナを訪れてくれました。少し前から将棋の交流戦ってやってみたいと指導員同士で言っていたことと、将棋をやらない子もいるのでベーゴマ、それとカルタ遊びをするコーナーを作ることに・・・。もちろんスペースはあまりないので、60人もの子ども達がいるとわいわいにぎやか。(^_^;)
 ベーゴマリーグ戦では、ベーゴマクラブの宮田さんと加藤さんも協力してくれて17人での総当たり、一対一戦をしました。そして将棋は、23人のトーナメント戦と決勝リーグ戦。どちらもなかなかの勝負が繰り広げられました。写真はおやつ食べている子もいるけど集合写真。続く・・・。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »