« May 2006 | Main | July 2006 »

鍛冶屋

 最近、オカリナではゴム段の鍛冶屋がちょっとしたブーム。オカリナ1年目のサマーコンサートでやったのがきっかけだけど、なぜかふっとこういう遊びが始まる。(~_~;)で、2番の歌詞があいまいだからと調べたら、なんと2番までのバージョンは文部省唱歌になったときに出来たようで、実はその前に4番までの歌詞があった。(・・・らしい。尋常小学校のころね。)

 歌詞を読んでみると、なかなか職人魂あふれる詩で、こっちの方が感じが出てていいなあと思った。ちなみに、懶惰(らんだ)は、「めんどうくさがり、怠けること。また、そのさま。」という意。以下紹介しておきます。

1 暫時(しばし)もやまずに 槌(つち)うつ響(ひびき)
飛び散る火の花 はしる湯玉(ゆだま)
鞴(ふいご)の風さえ 息をもつがず
仕事に 精出(せいだ)す 村の鍛冶屋(かじや)
 
2 主(あるじ)は名高き いっこく老爺(おやじ)
早起早寝(はやおきはやね)の 病(やまい)知らず
鉄より堅(かた)しと 誇(ほこ)れる腕に
勝(まさ)りて 堅きは 彼がこころ
 
3 刀はうたねど 大鎌(おおがま)小鎌
馬鍬(まぐわ)に 作鍬(さくぐわ) 鋤(すき)よ鉈(なた)よ
平和のうち物 休まずうちて
日毎に戦(たたか)う 懶惰(らんだ)の敵と
 
4 稼(かせ)ぐにおいつく 貧乏(びんぼう)なくて
名物鍛冶屋は 日々に繁盛(はんじょう)
あたりに類(るい)なき 仕事の誉(ほま)れ
槌うつ 響きに まして高し

| | Comments (0) | TrackBack (0)

家族を大切にすること

 オカリナには3つの約束がある。(オカリナのHP参照)開設1年目の6月に、当時のメンバーで話し合って決めた約束だ。かなりすっきりとしてて、良い約束ではないかと思う。(^_^)毎年4月にはこの約束を確認して、何か問題があったときもこの約束に照らしてどうかということが意識される。

 それで今回、一つ項目を入れようと高学年の会議で話し合いをすすめている。その項目は「家族を大切にします。」ということだ。昨日はそれぞれが考える、「家族を大切にすること」を交流した。具体的にどうすることが、大切にすることにつながるのか、自分なりに考える。この時間が貴重だなと思った。(ぶち)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

お別れかい

Dscf5018 昨日は、事情があって今月いっぱいでオカリナを退室する子のお別れかいをした。
 3年生が会の運営をしたのだけど、一人ひとりがその子に向けて話しをしたり、しっとりとあたたかい会になったと思う。こういう会ができるのも、学童保育の良さなんだと思う。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

睡眠と肥満の話

 なかなか興味深い記事をみつけたので紹介しておきます。(~_~;)朝日のネット記事。どうしてかはともかくとして説得力あります。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バザー大成功!

Dscf4991 天気が心配でしたが、なんとかもってバザーは無事終了しました。ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。
 全体的に運営もスムースで、楽しくできたのではないかと思います。子どもたちもがんばりました。(^_^.)(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

200冊!

 昨日はななほしさんが来てくれた。オカリナ開設2か月目ぐらいから毎月2回、一回3つから4つのお話をななほしさんは読んでくれている。もう3年だ。
 それで、とうとう昨日で200冊目を数えた。うーん、本当に手放しですごいなあと思ってしまいます。(^^)

 言葉の蓄積が子どもを育てる。ななほしさんの選んでくれた絵本が、オカリナっ子の大切な栄養になっていると思います。これからもどうぞよろしくお願いします。(ぶち)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

オカリナバザー

 こんどの日曜日、6月25日(日)にオカリナバザーが開催されます。時間は、10時半から2時半。場所は橘公園。今年も楽しくやりたいなと思っています。ぜひ、ご来場ください。(子どもたちのパフォーマンスも、1時半から予定されています。)
 若干天気が心配ですが・・・(~_~;)・・・雨天の場合は規模を縮小して、オカリナで開催します。よろしくお願いしまーす。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

拡大役員交流会

 土曜日の夜には連絡協議会の拡大役員交流会があった。会自体もなかなか面白かったと思うけど、会の後の懇親会がさらに楽しかった。(^_^;) こうしたことで学童保育の輪の広がりを感じられるのは嬉しい。(良かったら、会の感想をコメントしてくださいね。)(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ていがく年がっしゅく

Dscf4958 私は、ていがく年がっしゅくで、3年生5人でリーダーをやりました。すこしずつ計画をたてました。そして本番、5時20分ぐらいに、じゅんびをかいししました。私のはんは、じゃがいもを切りました。コロコロしてて、とっても、むずかしかったです。切り終わって、さぶのところにもっていったら、さぶに「じゃがいも大きすぎ。」ってゆわれました。ほかのはんも、切りおわって、カレーのぐは、全部、おなべに入れました。しばらくにるとカレーができあがりました。カレーを食べた時、私はじゃがいもがちょっと大きいかも・・・。と思いました。やっぱりさぶのいったとおりでした。あと、サラダもありました。食べおわって、しょっきもあらいおわると、ほたるを見に行きました。とても、きれいでした。そのあとせんとうに行きました。あったかくて、きもちかったです。

 オカリナに帰ってきて、ねぶくろをしいて、はみがきをしました。私のはみがきこが、かたまってでなかったので、ゆかちゃんとほのかがすこし、かしてくれました。いちごのあまいかんじとちょっとフッソのあじがして、おもしろかったです。そして、ねるじかん。私は、自分のロッカーの前でねました。そして、あさになりました。ねぶくろをたたみおえたら、ななみにやり方をおしえました。でも、ぜんぜんできませんでした。らいねんは、高学年がっしゅくなので、楽しみです。(り)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

合宿、無事終了

Dscf4952 小さな一歩だけど、確実な一歩。そんな合宿でした。家族のことを寝る時に思った子は?と聞くと半分ぐらいの子が手をあげていました。(食べ物のことを考えていたという子もいたりしました。(~_~))食事の準備から自分達でやる合宿は、お父さんお母さんの普段のことを思いやる機会にもなるわけです。(ぶち)・・・写真は夕食を食べているカマキリ班。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

低学年の合宿進行中

 恒例の低学年合宿。もうみんなすやすや寝てます。(~_~;)
 オカリナでの合宿は、金曜日から土曜日の朝までの設定。今日は、カレーライスとサラダを作り、ちかくのふれあいの森にホタルを見にいったのと、銭湯というメニュー。なんとなく定番だけど、夏休みのキャンプの事前準備的な行事だ。初めて親元を離れて寝る子ももちろんいる。少し、シクシクしてしまう子もいる。(^_^;)でもホームシックなんて一度は経験した方がいいし、そういうことで子どもって少し成長するのだと思う。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sケン

Dscf4927 今日は6月の誕生日会。オカリナの誕生日会は、出し物やおやつ、読み聞かせが入ってみんなでゲームする時間がある。今回はSケン。全学年がそろってのSケンはなかなか迫力があって、みていても面白い。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もうすぐ低学年合宿

Dscf4902 今日は子どもたちの帰りが早かったこともあり、遊んだ後でもそれなりの取り組み時間があった。もうすぐ低学年合宿があるので、荷物やプログラムの話しをすすめた。低学年なりの話し合いも、なかなか面白い。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二人のお父さん

 今日はお父さんが学童保育作りを模索するような形でオカリナを訪れた。実は先週もお父さん!が同じような形でオカリナを訪れている。二人のお父さんは、麻生区と、高津区のお父さん。(^_^.)

 なかなかどうやればできるとは言えないのだけど、精一杯、オカリナの状況を話したり、経過を話しした。ここにきて思うのは、やっぱり学童保育の必要性みたいなもの。学童保育を作ろうと思う仲間が増えるのは嬉しい。応援したい。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

手作り

 おやつもそうだけど、手作りっていいなって思います。(^_^)/はらっぱクラブの新天地への引越し、おめでとうございます。これぞ学童保育ってものを求めて、お互いがんばっていきましょう!(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コスタリカ

 木曜日にコスタリカの話を聞く機会があったのだけど、ワールドカップの初戦はドイツとコスタリカだった。ニュースを見るまで、コスタリカがワールドカップに出ていることもしらなかった。(~_~;)4-2でコスタリカは負けてしまったけど、なかなか興味深い国。中南米にあるコスタリカは、人口は約430万人、横浜市の人口が約360万人なのでそんなもん。国土面積は、四国と九州をあわせたぐらいの大きさ。

 木曜日の話は、軍隊を捨てた国と言う紹介。ドキュメンタリー映画のさわりを見た。60年ほど前の内戦の後、憲法で常備軍を持たないことを決め実行している。決して豊かな国という感じではないけど、他の国が軍事に使うお金を教育にまわせると言っていた。国家予算の25%は教育費らしい。(識字率も高い。)「軍隊がないから他の国も攻めてこないのさ。」と明るい国柄を感じた。

 まあ、もちろん問題もあるのだろうけど、子どもを大切にしている国は安心できる。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅雨ですね

 最近、更新できない日が続いています。(~_~;)・・・でも、1行でも毎日更新していくスタイルにしようかなあと、ちょっと思っています。

 ところで、このところ放課後子どもプランに関連して、学童保育の意義みたいなものを改めて考えています。昨日は、東大院生が資料をとりにきたので昔の議案書などの資料をひもときました。そしたら面白いことをいっぱい発見してしまった。(^_^)1975年当時の平間学童のしおりなんだけど、学習塾の件・・・「学習塾は子供の発達にとって良い結果にはならないと理解し、平間の学童保育では原則的に禁止しています。」とか、学童保育にもってくるものに、肥後ナイフ(袋を作って首からぶらさげるようにしてください。)と書いてあったりします。
 また、学童保育クラブの行動範囲に「平間公園内は、自由に遊ばせていますが、外出を必要とする時(病院、友達の誕生会等)保護者から会館に連絡し、指導員が許可します。多摩川の土手に行く時(山羊の散歩、凧上げ等)指導員が引率しますが、子供が慣れ、自信をもってくれば子供だけ集団で行かせる場合もあります。山羊等動物のエサもらいは3人組で子供だけで行かせます。」とか、毎月一回、月末の日曜日にハイキングしてたりして、どんな感じだったのかなあと興味がわきます。(ガス橋のうたって本はだいたい読んだのだけど。)

 この当時に学童っ子だった子はどんな大人になっているのかなあ。(知っている人がいたら、コメントもらえたら嬉しいです。)(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蟷螂(かまきり)

Dscf4816 うーん、変換してみるとびっくり。蟷螂って書けないなあ。(~_~;)ずーと、いつかえるのかなあと抱えていた子のかまきりの卵が、孵化しました。クモの子をちらしたようにって言う、クモの孵化ももう何年も見てないなあ。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青少年問題特別委員会の傍聴

 ま、(~_~;)、更新されないなあと思ったら忙しいと今年度も思ってくださいね。
 今日は午前中に、衆議院の青少年問題特別委員会の傍聴に行ってきました。今日の審議については、時間のある方はこちらをクリックしてください。(なかなか便利な衆議院のシステムです。市議会もこうなればずいぶん違うだろうなあ。)

 今、学童保育関係者の注目をあびている放課後子どもプランについての審議です。

 追記:実はこの審議の前の日曜日、自民党のやまぎわ議員とこの問題について懇談する機会をもてました。(注:オカリナはその会則に、特定の政党や宗教団体に依拠しないという原則があります。国会議員は初めてですが、これまでいくつかの会派の市議会議員がオカリナを訪れています。学童保育の理解をすすめるという意味で、こうした機会を作ったり要請に応じています。)Dscf4797それで、やまぎわ議員とは1時間半ぐらいのやりとりをすることができたのですが、委員会の質問に反映されていて嬉しく思いました。オカリナの役員会では、政治が身近に感じられるようになってきたと語る母もいました。  (ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »