« July 2006 | Main | September 2006 »

初、流しそうめん

Dscf5479 今年、キャンプの流しそうめんで使った竹を持って帰ることができたので、オカリナ下で初流しそうめん(そばの方が多かったけど)のお昼ご飯。当然のようにフルーツやうずらの卵、水餃子なんかもたまに流れるので、取れたの取れなかったのとわいわい楽しい。(~_~)夏休み最後のイベントは、ちょっと茹ですぎたかなあと思った麺が全部無くなった。
 二学期制になった川崎では、今日から授業が始まる学校があります。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サマーコンサート

Dscf5468 今年のサマーコンサートは学校の特別活動室を借りての実施。(昨年オカリナでやったら、サウナみたいになってしまったので・・・。)(^_^;)

 会は、短期間の取り組みながら、楽しい会になったと思います。やっぱり子ども達が親の前で表現するというのは貴重な経験だなあと思うのです。後半は、亮祐の卒業式。さびしいけれど、高校生になった亮祐の成長は誰もが感じるところです。
 ・・・オカリナの卒業おめでとう!(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日はこれからサマーコンサート

Dscf5456 久しぶりの更新になってしまった。(~_~;)ま、夏休みは忙しいということで・・・。

 今日の夜はサマーコンサートと亮祐の卒業式。夏のしめくくりの行事だ。会が終わったらまた書きますね。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なごみ中野島学童の夏祭りに行きました

Imgp0914s_1 土曜日、多摩区にあるなごみ中野島学童ホールで夏祭りがあったので子どもたちをつれて遊びに行きました。バスに乗り、電車に乗って初めてほかの学童保育に出かけたオカリナっ子でした。
 現役の子どもたちが的当てなど4つのゲームコーナーを作り、OB・OGたちもいくつかの店を出し、親たちは庭に竈を作ってそうめんやフランクフルトを準備、ポテトや天ぷらも外で調理していました。鮎つかみをする大きなビニールプールが置いてあったり、流しそうめんの竹が設置したあったり、学童の庭でこんなに大きなイベントができるということにまず驚いたオカリナの8人。学童室では新聞紙を貼り合わせ天井から丹念につるして作った迷路をやっていました。その広い部屋にもにもびっくりしていました。Imgp0920s_1
 
 実はこの日を最後になごみ中野島の学童っ子たちはこの場所を立ち退き、移転します。
川崎市から委託を受けて学童を運営してきた福祉法人が、市から土地の返還を言い渡されたのでした。
保護者会、OB会が子どもたちのためにかけずり回り、近くの商店街に移転先を見つけました。
日曜に引っ越し、月曜からは新しい場所での生活が待っています。

 お昼過ぎ、思い出がたくさん詰まった建物と、走り回った広い庭とのお別れ会があり、卒室したOBが「今年の夏はここで子どもたちとたくさん遊びました。学童はずっと変わらずに自分を迎えてくれました。」と話しました。彼の弾くギターに合わせて子どもたちがみんなで♪友だちになるために♪を歌いました。
 
 学童保育生活が繰り広げられるにはもってこいの理想的な場所でした。わくわくプラザができて4年経っても、この施設には学童保育を求めてたくさんの子どもたちが生活していました。大切な場所でした。本当に残念です。
 お盆の週の土曜日だったのでオカリナっ子も8人と少ない人数でしたが、初めて見たよその学童が、さようならの会をしているのをおとなしく見ていました。4年前、公設の学童保育に通っていた5年生と6年生はそのときの別れのことを思い出しているようでした。1年生や2年生、3年生にはどんな風に映ったかなあ。
 帰り道に商店街を通ったので移転先の元パン屋さんを見ました。きれいにフローリングされていました。

 オカリナに戻って今日のことを書くとき、2年生が「引っ越したら友だちと別れちゃうの?」と聞きました。
1年生は鮎つかみがおもしろかったことを書いていました。「今度はドッジボール大会で会いたいです。」と3年生。
オカリナにも遊びに来てください、というものありました。
 新しい場所できっとまたすてきな学童物語が生まれると思います。応援したいです。
そしてまたこの土地に戻ってくるという関係者たちの願いが、近い将来かなうことを信じて待っています。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

8月8日

Imgp4493s_1 キャンプの翌日は朝から雨だった。
 まるでみんなが帰って来るのを待っていたみたいに降ってるね、と窓の外を 見ながら子どもと話した。
 
 
 
 8月8日生まれの子がいる。
 毎年キャンプの時期に誕生日を迎え、今年は5年生。11歳になった。
 あたしの誕生日って8月6日と8月9日のあいだなんだな、というようなことを言っていた。
 読書家で、快活。記憶力に優れ、思慮深い。4年生の冬に「ガラスのうさぎ」を読んでいたっけ。

 夕方、雨がやんで空の色が変わっていくのを2年生の子が知らせてくれた。
 ベランダに出てみると、そこらじゅうオレンジ色に染まっていた。
 おひさまから一番遠いところに少しだけ空の青が残ってすてきな色合いだったのでカメラを向けてみた。

 浩平、あのときの空だよ。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オカリナキャンプ

Imgp4484s あらためてキャンプを思う。
キャンプはオカリナ生活の集大成。
 自分でできることは自分でするし、できそうになければ仲間に協力を頼む、(気づいて手を貸す、というものある)子どもたちだけでバンガローに寝泊まりし、安全に気をつけて活動する。
 オカリナでの日常を、場所を変えて実践するのだ。
日常がキャンプという非日常で生きてくる。
 
 今年も2日目から保護者が自由参加で合流したが、去年ほど親のそばを離れなかったり、荷物のことなどで頼ったりする子どもの姿は見られなかった。でもキャンプサイトが一気にほっとした感じに包まれたのは確か。(^o^)
Imgp4489s キャンプの準備は、正確に言えば5月の班長選挙からスタートしている。この時期の班作りは、キャンプを見込んでの編成だ。
 指導員にもキャンプには目的がある。全員に味わってほしいことがあるし、それぞれの子どもに乗り越えてほしいものもある。(一番の願いは・・楽しかった、行ってよかった!とみんなが思えるキャンプになることだ。)
 キャンプを経験することで、自信を持つ。仲間同士のつながりが、より深く強くなる。家族の大切さを思う。
 非日常が日常に力をつけるのだ。
 (さぶ@夏休みの夏休み中)

*写真はキャンプで作ったクラフト作品

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のプール

Dscf5332 貸切のプールってやっぱり面白い。(~_~)お盆前なので、少しお休みが多くなってきたオカリナです。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うれしい合格!(^^)

「DSCF5309.AVI」をダウンロード キャンプ明け、8日の出来事です。(注:12Mバイトほどあります。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昨日の記念写真

Dscf5312 あ、この記事でこのブログのタイトル数も400になりました。(^^) 今日は台風一過、午後からプールの予定です。
(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

祝!開設1000日目

 うーんカメラを置いてきてしまった。(~_~;)今日、8月9日はオカリナ開設日数トータル1000日目でした。ま、毎年300日ぐらいの開設日数があるのですが、それが今日で1000日目を数えたわけです。それで今日は1000日祭。
 朝は、何が1000になったかクイズを出したり、午後にはゲームをみんなでしたりショッピングモールをしたりした。今日は何でも1000日記念。^_^;
 帰りの会で面白かったのは2000日目のそれぞれを想像するような話しになった時。今の2年生は5年生になっているし、5年生はもうオカリナにいないんだなあとか・・・。オカリナ開設の時に今の5年生は2年生だった。あたりまえのことだけど、大きくなったもんだ。

 小さな積み重ねが歴史を作る。今日はオカリナ的に歴史的一日。静かに乾杯!(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オカリナのキャンプは・・・

Dscf5188 基本的に土・日・月の二泊三日としている。親の参加を前提とすると金・土・日というのが一般的かもしれないけど、往路を電車やバスと言った公共交通機関+歩きで行くということを大切にしているわけです。(金曜日の朝のラッシュに、リュックを背負った集団で電車に乗るのは大変。)
 さらに一泊目は子どもと指導員、実行委員でのキャンプで、二日目から参加できる親も合流するというスタイルにしている。ここまでのスタイルにするのに紆余曲折はあったのだけど、なかなか良いシステムじゃないかと思う。実行委員さんは大変ではあるのだけど、子ども達の緊張感があり、後から入る大人も親が来ていない子もいるんだというような意識を持てる。ま、ほかにもいろいろ理由があるのだけど・・・写真は川遊びの一こま。^_^; (ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キャンプ無事終了!

Dscf5282 土・日・月と行われた第4回のオカリナキャンプは無事終了しました。今日、川崎では台風の影響で雨。3日間とも晴れのキャンプは本当に天気に恵まれたと思います。1年生から6年生までがいるグループを中心とした二泊三日。大きな経験になります。・・・写真はキャンプファイヤーの一こま。(ぶち)

| | Comments (1) | TrackBack (1)

キャンプ前日

Imgp4476s_2 梅雨もあけ、また暑くなった。明日からしいよいよオカリナキャンプ。
 1年生作戦その2は、チューブを使った筏。3つのチューブは近くのタイヤ屋さんで買って空気をいれてもらった。透明の旗に“一ねんせいごう”って7人で描いた。やっとできあがったので記念撮影。一人欠席だったので今日は6人。
・・ということで二泊三日、山梨県丹波山村のキャンプ場に行ってきます。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

祝!20,000アクセス

 1日に出席で20,000人目を迎えたオカリナですが、このブログ、昨日の2日に20,000アクセスを超えていました。ドンドンドンドン!(~_~)・・・とりあえず。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

20000人目

Dscf5147 8月1日、オカリナの新たな歴史が作られました。^_^;
 それは何かと言うと、ドンドンドンドン!(ちょっと太鼓のつもり。)開設からの出席者数が20,000人目を迎えました。開設から3年半、20,000人の子が登室して、そして帰っていったわけです。
 朝の会で、20,000人目の意味を説明して(1年生はよくわかってなかったみたい。)、クラッカーを鳴らし、記念写真をとりました。そして、ちょうど20,000人目の子には特別のレイをプレゼントしました。

 20,000人という数字が語る意味って、なかなか大きいなあと思います。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »