« 今日のおやつ(11/22) | Main | 今日のおやつ(11/24) »

高学年と一緒に

Photo_17 全国研の分科会で、ちょっとショックだったのは、ある学童で今年待機児が出てしまったという話に、高学年に学童保育は必要ないんだから、待機になった1年生を優先するべきではないか、との意見がすぐに出されたことだ。
 6年生までを受け入れる体制になっているのなら当たり前に6年生までいる学童にしたい。
 親や指導員が、5年生からはそんなに行かなくても(来なくても)いい、と思っていると子どもには居心地の悪い空間になってしまう。
 学童保育の子どもは“つながり”の中で生活している。
 1年生の時に上級生が5学年、6年生になると下級生が5学年。
 子ども同士だけでなく、親たちとも仲よくなるから、仲間の倍以上の関係が生まれていく。
 なんて幅の広いつながりができることか。
 おととい、中1の卒業生が、引っ越した先の中学校からやって来て、オカリナっ子たちから大歓迎を受け、さんざん遊んでいった。6年生まで受け入れることができる学童保育ならではのサプライズ。
 先週は6年生の女の子のクラスメートが2人、用があって彼女を待っているとき、オカリナの入り口で
 「ああ、あたしもオカリナに入りたかったなー」
 「あたしもー。でも親がだめって言うんだもん。」
 なんて小声で話すのを聞いた。
 毎日楽しそうにここに通う彼女を見ているからこそのつぶやきなんじゃないかと思う。

小学校を卒業するときに学童保育も卒業。わかりやすい。
学童保育って、一人で留守番ができる歳になったから行く必要がなくなる場所、というわけではないんだ。(さぶ)

 写真は “今日のおみそ汁は6年生が味付け”

|

« 今日のおやつ(11/22) | Main | 今日のおやつ(11/24) »

Comments

昔と違って、今は一人っ子や両親が仕事をしている子も多くなっている。いつも、オカリナに行って思う事ですがみんな、本当の兄弟みたいに暮らしている。あんなに沢山の兄弟がいるからいろいろな事が自然に分かって来るのだと思う。下の子の面倒をみる・悪い事は叱る・遊ぶ仲間がいつもいる・・・それに、男女の優秀な指導員がいつも、みんなを見守ってくれている!
子供たちにとって最高の環境だと思っています♪
安心して子供を預けられ、子供にとっても一番大切な時期の思い出を沢山作れる場所ですね~~☆彡

Posted by: ななほしきみえ | November 24, 2006 10:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高学年と一緒に:

« 今日のおやつ(11/22) | Main | 今日のおやつ(11/24) »