« 秋休みの遠足 | Main | 10/9のおやつ »

10月17日 NHK“クローズアップ現代”

先週、オカリナにNHK番組“クローズアップ現代”のロケと取材が入りました。
NhPhoto 


 学童保育の大規模化の問題や、全児童対策事業との違いも明らかにする内容の番組にするということです。
 オカリナで過ごす放課後を、子どもたちが帰ってくるところから撮り始め、お迎えに来た母達へのインタビュー、全員退室し終わり、指導員がその日の様子を保護者に伝える「今日のオカリナ」を打つ場面まで、約7時間に及ぶロケでした。その翌日はわくわくプラザへ取材に行くということでした。
 埼玉の大規模の問題をメインとした内容らしいので、オカリナのことはそんなにたくさん触れられないとは思いますが、適正人数を守ることはとても大切なのでは?そして全児童対策事業が学童保育になりうるのか?という視点をもって、番組作りをしてくれそうです。
 これまで私たち川崎市の学童保育関係者は、全児童対策事業と学童保育の違いを文章や言葉で伝えてきました。今回の番組で、それが目で見ても明らかになるのではと思います。
 学童保育への理解を広めるいい機会かもしれません。
そういう意味で、ぜひ多くの人たちに見てもらいたいです。
17日午後7時30分~8時の放送予定です。(さぶ)

|

« 秋休みの遠足 | Main | 10/9のおやつ »

Comments

クローズアップ現代をみました!
ぶち先生が河原町小学校にいた頃の教え子です。
現在11ヶ月の子を保育園に預けながら看護師をしています。
学童がなく、わくわくでは大けがをした子がいるという情報など2~3年前から聞いており子どもが大きくなったときどこに預けてよいか不安です。
何か協力できることがありましたらお声をかけてください。
また遊びに来ます!

Posted by: しのぶ | October 17, 2007 20:27

河原町にいたのは通称さぶです。(^_^)

良かったらオカリナに遊びにきてくださいね。でも良く見てくれましたね。僕なんか30分ぐらいインタビュー受けたのに本当に一瞬だったし・・・。

学童保育の大機規模化の問題としては、国がちゃんと保障すべきという言うトーンではあったけど、全児童対策と学童保育の違いということに焦点があたらなかったのが残念だなあと思います。

Posted by: ぶち | October 17, 2007 20:39

しのぶちゃん!!
なつかしいなあ、お母さんになったんだね。
河原町小学校が廃校になった時、すごく悲しかったよ。私の最初の職場だったんだものね。それからいくつか学校を代わり、そのあと退職して学童保育に勤めることになったことを河原町時代の教え子が知っているなんて・・・。感激。
会いたいなあ。

 働きながら子どもを育てるっていうことは、誰かに(どこかに)預けるだけで何もしなくていい、お金さえ払えばいいっていうことじゃないんだ。
 親同士そして預かる方の大人も一緒に、子どもの成長を楽しむこと。子どもたちのことを考え合うこと、語り合い伝え合うことがすごく必要なんだ。
 だから今日の番組で、所沢の大規模学童が紹介されたけれど、父母会があって、子どもたちのために指導員と親が集まり、話し合い活動していたよね。
 最後に紹介された、親は家で待っていればいいだけの高額料金の託児所より全然いいと私は思っています。

教え子の子どもは私の孫。
遊びにおいで。

Posted by: さぶ | October 17, 2007 22:04

先日オカリナにお邪魔させてもらった原です。

私も番組拝見しました。ぶち先生・さぶ先生の優しい笑顔が印象的でしたよ。インタビューの様子なんかもみたっかたところですが・・ちょっと残念です。

番組としては「問題を提起する」ところでは、非常に意味があったとおもいます。
「考えるきっかけ」みたいなのを与えられた人たちはきっとたくさんいるとおもいます。

私もこれから少しずつ、勉強していきます。

Posted by: サッコ | October 17, 2007 22:12

 原さんコメントありがとうございます。全国的な課題の今の一番は、大規模化している学童なんだと思います。

 僕が取材でコメントしたことは、全児童対策事業と学童保育の根本的な違いについてです。この数年感じていることを端的に丁寧に話したつもりでしたがとりあげられませんでした。(~_~;)

 また、大規模化した学童保育と、全児童対策事業の違いというのは明確ではないと言う意見もあります。でも、そういう側面もありますが、まるで違うとも思っています。

 なにより全児童対策にしても、また、お金を払えば親同士のつながりが無くてもいいようにできているクローズアップ現代で取り上げられた企業にしても、本来の子育て支援とは違う流れなんだろうと思っています。

 模索は続きますが、子どもは社会の宝。いちばん良い形で育てられるべきものだと思います。
 今後、オカリナとしてのスタイルを追求していきたいとあらためて思います。

Posted by: ぶち | October 18, 2007 00:00

お返事ありがとうございます。
通称を間違えてしまいごめんなさい!
テレビを見てサブ先生が映った瞬間「あっ!」と言っちゃいました!

川崎市は学童の廃止や市立幼稚園の廃止、市立保育園の廃止など子供のために考えていないと思います。
本当に子供たちを守らなくちゃ!

また遊びに来ます。

Posted by: しのぶ | October 18, 2007 13:53

六年間働く母やっていて、職場での厳しい現実に多少なりとも悩み傷つき、それでも保育園の先生方の「一緒に、子育てしていこうよ!」なんてことばに何度も勇気と元気をもらってきました。

自分の子供に近いような感覚で子供に接してくれてる人たちに、幸いいままで子供2人を託してこれたのです。
この先「子供の名前と顔が一致しないことも多い」という場所には、預けられないなあ・・とあらためて今回の放送を観て考えていました。

Posted by: サッコ | October 19, 2007 05:08

 はらっぱクラブのつなパパです。クローズアップ現代、見ましたよ!30分では伝え切れないボリュームの内容ですよね。だから実情をすこしは知っている者からすればちょっと物足りない感じを受けるかもしれませんが、学童保育そのものを知らない、という人が多くなりつつある品川では、考えるきっかけ作りには良い内容だったと思います。
 実ははらっぱにも昨日TV取材が入りました。フジテレビの情報プレゼンター「とくダネ!」です。6日(火)の朝放映だそうなので、よかったらご覧になってください。

Posted by: つなパパ | November 04, 2007 01:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 10月17日 NHK“クローズアップ現代”:

» TV局が取材に・・・その② [はらっぱぶろぐ]
 フジテレビの情報プレゼンター「とくダネ!」という番組で、はらっぱクラブを取り [Read More]

Tracked on November 04, 2007 00:55

« 秋休みの遠足 | Main | 10/9のおやつ »