« December 2007 | Main | February 2008 »

炭火トースト

 炭火焼きのおやつ“トースト編”。
 寒い寒い日だったけれど宿題が終わるとみんな外遊びに出ていった。
公園でのドッジボールは大いに盛り上がった。小一時間走り回ってお腹もすいた頃におやつの知らせ。走って帰ってきた。

Photo_4 ぶちが網の上でパンをひっくり返すと香ばしいいいにおい。
吐く息が真っ白い。焚き火の周りは煙くて目が痛いけど、あったかいから手をかざす。


Photo_5 焼きたてのトーストにマーガリンを塗って、お砂糖をかけて食べた。
「おさとうってこんなにおいしいんだね。」だって。
 今の子は砂糖つぼに指をつっこんでなめるなんてしないんだなぁ。
 角砂糖をもらって口の中でおそるおそる溶かす時のしあわせを思い出した。
子どもだった私には大事なスイーツだった。(^_^)


Photo_3 熱い紅茶とヤクルトは好きな方を選んで飲んだ。
 最後のオマケに干しいもを少し焼いてあげた。ふっくらもちもちで大好評。
                                                      素朴な味わいだった今日のおやつ。おいしかったね。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンサンブルな人々(25)

Photo_2 今年度3回目の市会議員さんとの懇談。
女性議員は初めてでした。無所属で、教育や福祉に力を入れ、現場を飛び回って活動しています。
 アンサンブルメンバーは11人。
                オカリナのことや、親の思い、みんなのねがいなどお話ししました。
 議員さん自身も川崎で共同保育所を立ち上げたり、自宅を開放して学童保育をやったりした経験を持っています。
働きながらの子育てに深い理解を示してくれました。
 人と人とのつながりの中で子どもは育つもの。どこで育てたい、どんな風に育てたいという、子育ての権利が親にはある。わくわくプラザだけでいいとする川崎市の施策は歓迎できない、など、参加した親たちに分かりやすくまた大いに共感できる話になりました。話しやすい気さくさにも好感を持ったようです。

 ただ・・今の市政の体質では、学童保育への支援をどう働きかけたらいいかなあ・・とずいぶん考え込んでいました。 やっぱり川崎市は学童保育に冷たいんだなあ・・。
でもいろんな人にちょっとずつ分かってもらいながら一生懸命やっていくんだ。(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ほぼ全員集合

Dscf0366_2
 久しぶりの更新。(^_^.)
 昨日は、ほぼ全員集合の日でした。(一人、ちょっと寄って帰ってしまった高学年の子がいたので「ほぼ」。)

 この班はこの日までで解散。帰りの会の後に、集まってそれぞれ思い思いの解散式をしていました。今日から5月までの新しい班がスタートします。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おとこのたたかい

Photo_4 夕刻。誰からともなく始まり、気がつくと
大勢が参加して真剣な組み合いとなっている。 
 他の遊びみたいに「いーれーて!」はない。暴れている誰かのところに乱入して一発技をおみまいし、その相手がかかって来たところから“無制限何本でも”勝負が始まる。
自分以外みんな敵なので、前にやった“天下一武道会”とはちがう、ルール無用、荒くれ者の戦いなのである。(^_^)/

Photo_5 「よぉし、おれの@§?※☆拳を受けてみろ!」
「あっ、けんすけ、後ろが危ない、気をつけろ!」
すっかり入り込んで目がマジだ。しかもこの真冬、ろくにストーブもつけていないのに汗をだらだら流している。
暑くて麦茶を飲みに来た選手に聞いてみると全員「おもしろい!」とのこと。
指「でもやられると痛いじゃん」
3年「だからもえるんじゃん!」
指「痛いと頭に来ない?」
3年「すげーくるよ」
指「じゃあけんかなの?」
3年「ちがうよ、だって楽しいもん」

Photo_6 指「この遊び、どんなところがすき?」
1年「あのね、いっぱいたたかうところ。」
指「いたいときあるでしょ、いやじゃない?」
1年「でもさ、またやりかえせばいいから。」
指「3年生とか、こわくない?」
1年「ううんぜんぜん。」

指「ねえねえ、1年生さ、あんまり泣かなくなったよね」
3年②「うん、あいつらけっこう強くなってるし。」
指「手加減とかしてるの?」
3年②「まあ、少しはねー。」

バトルの隙間をおっかなびっくり私のところまでやってきた2年生の女の子「ああ~やっとこれたぁ。」
指「この遊びはどうですか?」
2年女「きらあい。こわいもん。」
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンサンブルな人々(24)

Photo_4 仕事の帰りに買って来たおにぎりに唐揚げがテーブルに並ぶ。いつもと違った夕飯に子どもたちはちょっと興奮。早く食べて、と促しながら、アンサンブル会に備える。開始20分前。
                                これは先月の写真。今月はテーブルがもう一つ増え、もっとにぎやかだった。(^^)


1 今月のアンサンブル会が始まった。(このあとどんどん人が増えていく) 
 前半で運営や行事に関わる提案や検討。後半は年末に行われたけん玉大会でオカリナっ子が大活躍する様子をビデオ上映。指導員から最近の子どもたちのことを伝えた。
 懇談テーマは“年末年始の子どもたち”
 ひとり一人が我が子との冬休みを語ってくれた。お年玉にDSの話題、親戚との会話など、笑いあり、共感あり、指導員とてもためになった。
 
 共同で子育てし、施設を運営していくおとなたち。毎月のこの会に出席することがアンサンブル活動のまず基本である。2ヶ月半の赤ちゃんもアンサンブル会デビュー。(寒いし適当に切り上げていいから、と会長が声をかけたけれど最後までいてくれました。(;_;))
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

うとうと

PhotoPhoto_2         寝顔を撮りたくてカメラを用意していました。
帰りの会の後、男の子達の体を張ったバトルが繰り広げられる中でした。
こども達の激しい動きに目が疲れたのか・・・
ゆっくりと目を閉じてうたた寝?です。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

話し合い

Photo 今年は4日が金曜日だったので、日曜までまとめてお休みだった家庭も多かった。それで学区の小学校が始まった7日にようやくほぼ全員が出席し、実際のスタートとなった。
                                3学期(あえてそう言わせてもらおう(^^))は短いけれど、すごく大事な時期だ。
まずは学年ごとに、3月までどんな風に過ごすかという目標を決める話し合いをした。自分のめあてならすぐに浮かぶが、学年でどんな目標をもつか、という話し合いはなかなか簡単には進まない。

話の輪の中に入ってみたが、その学年なりに難航している。
発表する時間が来たので、みんなの前で代表が発表した。
でもどうもピント外れ。で翌日再度話し合うことにした。

Photo_2 学年会議のあとは3.4.5年が集まって新班編制について話し合った。
オカリナ第3期の班は、1月後半から5月の半ばまでを過ごす。
6年生とのお別れもあるし、新1年生を迎え入れ、そして自分たちも進級する、そんな期間を共にする班だ。
括りとしてはまだ低学年の3年生も、高学年からの説明をよく聞いて話し合に臨んだ。
                       よい聞き手、よい話し手になる。
いろいろな形態があるが、話し合いは丁寧に指導したいところだ。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ある涙

 教員時代の先輩達からの年賀状に「クローズアップ現代、見ましたよ。」との添え書きが少なからずあった。
あの番組がそこそこの視聴率をとっているという話を思い出し、今更ながらなるほど、と感じた。
 励ましの言葉もうれしかった。中には教職を辞めてボランティアでがんばる姿に感動・・というようなくだりもあり苦笑したりしたけれど(^_^;)お世話になった方達に今の私からの、ちょっとしたメッセージになったのかもしれない。

 
 
 元旦に家族で義母のところに行った時のこと。
 用意された手料理をみんなで食べながら、一人暮らしの義母の話を聞いたりテレビを見たりしながら楽しいひとときを過ごしたあと、私は買い物にでかけた。
 帰ってみると息子が外で、なにか憔悴したように立っていた。声をかけても何も言わない。寒いので中に入るように促すと黙ってついてきた。
 玄関を開けるなり義母が出てきて言うには、二人で話をしていたが「あんたのお母さんも、なにも学校の先生をやめて学童なんかやらなくてもいいのにねぇ」と言ったら息子が、学童なんか って言うな、と突然怒り出した。だから勝手にしなさいと言ったら出ていったんだとのこと。(義母はお世辞のない正直な人で、なんでもできるしっかり者だ。とても敬愛している。)
 すみません、と謝ったがさすがに切なかった。 ほどなく義母の家を辞する時間になったが、息子はもう口を開かなかった。  
 この春大学を卒業して社会人になる。家族思いの優しい子になった。二人の祖母のこともとても大事にしている。
 いろいろな思いが巡ったのだろう、帰りの車では妹と席を替わり、後ろのシートで静かに涙を流していた。

 私の2008年は息子のそんな涙で明けた。

 学童保育という職場に心底惚れ込んでいる。信念と誇りを持っている。世の中に必要不可欠な価値ある仕事だと思う。

 だが社会的にはきちんと評価されない。なかなか理解されないし認められない。
 学童保育の関係者にも指導員という仕事の重さや尊さを本当に分かる人はそれほど多くはいないのではないか。
 だからこそ分かってくれる人、分かろうとしてくれる人が1人でもいることが力になる。
  

 「偽」が2007年の日本を表す一文字だった。
本物の学童保育を目指すオカリナにはおよそ縁のない文字だ。

 地道でも誠実にやっていこうと息子の男泣きに密かに誓ってみた。(さぶ)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

1月4日 ニューイヤー餅つき

Photo_3 初詣のあとは、お餅つき。これはアンサンブル会長はじめ今年の役員さんによる新春企画。
 年明けにメールでやりとりして急に決まった唐突イベントだ。(^_^)v
                                当日いきなりの呼びかけにアンサンブルメンバーが12人も集まった。
 オカリナっ子は16人で指導員を合わせると30人にもなり、賑やかに初春のお祝いができた。


Photo_4  納豆、からみ、黒ごま、きな粉、ぜんざい、雑煮 の6つの味で、つきたて熱々をおいしくいただいた。
 歓声と笑顔でいっぱいのニューイヤー餅つき。縁起も良い。幸先も良い。
今年も楽しくいきましょう!(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月4日 初詣

Photo 午後からは恒例の初参り。父母がギリギリまで仕事で正月はゆっくりしていたので、初参りはオカリナで行けばいいやと思っていた、なんて話をする子もいた。
うんうん、家族の分もお参りしておこうね。
お賽銭入れて柏手打って、目をつぶって手を合わせる。
そして記念写真。

Photo_2 こちらも恒例のお年玉(飴玉)。今年は棒付きフルーツ味だ!

                                                                                                                          6年生が「ああ、あと3ヶ月しかないよぉ。」とつぶやいた初日でした。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月4日 吹き初め

Photo_2新年第1日目は8人の出席。
今年から新年はオカリナの音色で幕を開けたいということで、指導員がオカリナを演奏しました。 ぶちからは宗次郎の♪水心、そして二人で♪冬景色。
                 2008年 学童ほいくオカリナ始動!(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちゃぷちゃぷ

PhotoPhoto_2                                                あけましておめでとうございます。
年頭のご挨拶ブログはジェーンでスタート。
年末に水槽のお掃除をした時の写真です。
ぶちがお湯で体中を洗ってくれました。
そのあと、あったかいお風呂につかっていい気持ち。

 6日間の年末年始は一番長いお休みです。
ぶちが何回かお世話に行ってくれるみたいだけど、子どもたちがいないオカリナを水槽の中からどんな風に眺めているかな。
今年もみんなで元気にがんばるから見ていてね、ジェーン。

オカリナは今年もカメ年だ!?(^_^)v
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »