« March 2008 | Main | May 2008 »

オカリナもらった

Photo 高学年合宿でオカリナをもらえた4年生達。
早く何か曲が吹けるようになりたいと、とても意欲的だ。


Photo_2 首に提げられるようにひもを編む。
 自分のオカリナの色に合わせて刺繍糸3種類を三つ編みにしていく。
                                                       「おれ、三つ編みなんて初めてだよ」とか言って大混乱!・・かと思ったら、どうにかこうにか編み上げてしまった。
エライエライ。

Photo_3 ホワイトボードに書いた♪夕焼け小焼けの階名を必死にたどってみる。
そして、翌日にはそこそこ演奏してしまったではないですか!!
                                     今年の4年生の、オカリナにかける情熱に感心している指導員です。

今は、おぼろ月夜にも挑戦中。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お誕生会

Photo 4月のお誕生会。
4月生まれの男の子3人をみんなでお祝いした。
インタビュアーが、それぞれにちょっと考えた質問をしたり、
いろいろな子が3人のために歌を歌ったりオカリナを演奏したり、出し物もなかなか充実していた。
1年生は4月のお誕生会までにオカリナの歌を覚えて聴いてもらうことになっている。
もじもじしながらも良く歌えていた。 

Photo_2 お誕生会に食べるおやつはお祝いされる人たちのリクエスだ。毎月いろいろなメニューを注文される。
今月はなんとカレーライス。
ラーメンも候補にあり、どっちがいいかじゃんけんで決まったらしい。
今年から時々アルバイトに入ってくれる“みよママ”がプリン型を使ってご飯を載せ、カニ、イカ、イソギンチャクのウィンナーと、ヒトデとお魚型に抜いて甘く煮たにんじんを飾り、ケーキ風にかわいく飾ってくれた。
おめでとう!(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うぇるかむっ!

Photo こんなにすぐに姿を見せてくれるとは・・。
朝来たらごちそうがなくなっていたから、誰もいない早朝にやってくるんだね、と話していたら、
室内に人がいても飛んできて、きょろきょろしながらパンを食べていました。
くちばしがちょっと黄色いからまだ子どもなのかもってぶちが教えてくれました。
この日は5年生達が一番に帰ってきていたので、一緒に見ることができました。

うーん、うれしい。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高学年合宿③

 毎年、高学年合宿では4年生にプラオカリナを渡している。高いものではないけど、ちょっとしたステータスでもあるのだ。(^_^.)
 3年生でリコーダーを練習しているので、簡単な曲ならすぐ吹けるようになる。5、6年生が運指を教えてくれていた。(ぶち)「DSCF1573.AVI」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高学年合宿②

Dscf1558 写真は朝食の風景。今年は雨が降っていたこともあり、銭湯が中止。その分というのもなんだけど、オカリナの高学年って何?ということがミーティングでたくさん話すことができた。
 ちょっとしたこと・・・たとえば泣いている子がいたらどうするか?トイレットペーパーが無くなっていたら・・・なんていう話が展開された。6年生までいるオカリナ、自分も大切にされてきたという実感があるからこそ低学年の子も大切にしようという心が育っているのだと思う。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小鳥のえさ台

Photo_7
Photo_6

                                                                                           夕食作りの途中、6年生の男の子が
「6年生ってさあ、なんでも全部が最後なんだよね。」
と言った。
 たった半日だったけれど濃密な時間だった。有意義だった。
 子ども達とのやりとりを心の中でリピートしながら過ごす、合宿明けの土曜の午後。
 大工仕事のついでに前からほしかった小鳥のえさ台をぶちが作ってくれた。
すっごくうれしい。
 まず、お隣の木や、その上の電線に毎日遊びにやってくるヒヨドリと仲よくなりたい。
 “未来少年コナン”のラナみたいにはなれないけれど、オカリナのベランダと横浜の病室の窓を繋いでくれそうな何かに出会えるかもしれない。
「合宿は参加できなかったけど、病気をじっくり直して高学年旅行にいっしょに行こうね。」
小鳥は来なかったけれど、強く吹く風に伝言を頼んだ。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高学年合宿①

Dscf1525 毎年4月に行っている高学年合宿が進行中。(^_^)金曜日の帰りの会の後から、土曜日の朝までという合宿です。今年は16人の参加です。
 とりあえず、夕食風景。メニューは唐揚げ、納豆、お味噌汁、サラダ、ご飯。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンサンブルな人々(27)

 戦争中、象を守り抜いた東山動物園、北王園長。そして戦後、生き延びた2頭のゾウを見たい日本中の子ども達のためにぞう列車が走り、それを小出さんが本にまとめたところまでを取り上げた番組を昨晩やっていた。
番組のタイトル通り、まさに奇跡的な話だ。
 すると5年生の母から1通のメール。
 「今、ぞう列車のことをやっています。3年前の全国研を思い出しました。」
 そう、2005年の第40回全国学童保育研究集会は開催地が神奈川県。
パシフィコ横浜という大ホールで私たちは“ぞう列車がやってきた”の組曲を大合唱したのだ。
神奈川の1000人以上の学童っ子に混じってオカリナっ子達も堂々と歌い上げた。
たくさん練習したし、ぞう列車にちなんだ物語(本当にあった話)もたくさん読んだ。
ブログにも書いたし・・その時の親たちも巻き込んで忘れられない一つのドラマとしてずっと胸のどこかにある。
(オカリナの指導員、昭和の初めの象たちのことは、あれからずっと追い続けています。
とくにぶちはそのうち本にまとめちゃうかもしれない。先頃貴重な貴重な書物を手に入れています。)

だからそんなメールが届いたことがとてもうれしかった。
あのとき、客席でビデオを回しながら涙が止まらなかったと感想を言ってくれたっけ。
まだ2年生だったね、みんなと一緒に全力で歌っていたね。

子どもだけでなく6年間、お母さんやお父さん達ともつきあえることがやっばりすてきだ。
これからもたくさんのドラマを共有していけるのだと思う。(さぶ)


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つくしのメッセージ

Photo 長期入院している友だちは6年生になった。
そして、横浜の病院に転院した。つらい治療がまた始まるが、院内学級で勉強も頑張っているとのことだ。


Photo_2 
                                                             3月からオカリナマガジンを作って家族に届けてもらっている。楽しみにしてくれているらしい。
みんなのおもしろショットや最近のオカリナの様子を撮って紙に貼り付けコメントを書き込んで、10ページくらいの冊子にするだけの簡単なものだ。今第6号を制作中。

Photo_3 今月の初め。2年生がつくしを手にいっぱい摘んでやってきた。これで字を書くから写真に撮って、というのだった。「早くオカリナにかえってきてね」そう書いた。

Photo_4 
 遠くの病院に行こうが近くにいようが、思う気持ちに変わりはない。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

みんなでつつくおやつ

Dscf1473 オカリナで出すおやつは、いろんなパターンの出し方があるのだけど、どちらかと言うと班に盛って班のメンバーで分けるという形を取るようにしている。一人何個までだからと言っても、たくさん食べてしまう子もいたり、もちろんいろんなトラブルが生じる。(^^)
 ちゃんと人数分配っているわけだから、それは班の責任であり、班長の責任なのだ。
 写真の時は、冷やしうどんとイチゴ。どの班もそれぞれ工夫して、みんなが不満がないようにする。取る量も、ぱっと見では分からないけど、多いじゃんとか、もっと取っていいよとか言い合っている。こんなささいなことが、大きくは平和につながるのではないか・・・なんてことを思ったりする。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高学年会議

Photo_9 議題は今週末の高学年合宿について。
目的や役割分担を話し合った。
16人になった高学年。
合宿の目的に“高学年の自覚を持ち・・”というような言葉が選ばれると、ぶち、すかさず
「高学年の自覚ってなに?」 (*^_^*)

意見を言い合う、聞き合うことを大切にしている。
司会の進め方もまだぎこちないし、4年生などは低学年が遊んでいるのが目に入るので落ち着かなくなったりする。
 合宿の夜、高学年と低学年はどこが違うのか?なんて話し合ってみたい。
 このメンバーでこれからもたくさんの決めごとをしていくことになる。(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

高学年

Photo_4 ある意味指導員よりも面倒見がいい。
 これはお弁当箱を洗っているところ。
1年「これもふいていいの?」
5年「うん、そうそう。」
 お母さんみたい。(^_^;)

Photo_7
 公園で鬼ごっこ。
1年「こわいよぅ。」
6年「おいで、あっちに逃げよう。」
 オカリナが立ち上がったときの1年生ももう最高学年だ。

 Photo_8
 チーム決めでもしているのか。
 今年も男の子の人数が多い。そのうち1年生もこの円陣に入ってくるだろう。
 思い切り体を動かす喜びを伝えてくれるに違いない。
 
 そしてみんな、あこがれの存在になっていくのだろう。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんにちは、ななほしさん

Photo_2 今年第1回目の読み聞かせに来てくれました。 
 小さい学年から順に座ることになっています。でも間違えて1番前に座ってしまった2年生でした。(*^_^*)
                                      なんで「ななほしきみえ」という名前になったかという話をしてくれて、のはらうた、長新太の笑っちゃう絵本や不思議なお花見の話を聞かせてくれました。

Photo_3 お話が終わると、すっかりななほしさんのことが好きになってしまった1年生達があっという間に取り囲んでいました。

                                                       この日の1冊に、“にわとりのおっぱい”という絵本がありました。
おっぱいのあるのとそうでない生き物がいることに気づいた低学年は、ななほしさんが帰った後も話題にしていました。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中学の入学式を終えて

Dscf1443 今年卒業した4人が親子で来てくれました。制服を着るとすっかり中学生。(@_@)
 今、集団下校の一年生が帰ってきたので、とりあえず写真だけ・・。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

入学式の後は

Dscf1419 入学式の後は、毎年オカリナに寄ってもらって集合写真を撮ったりします。ぴかぴかのランドセル、ちょっと緊張した様子の1年生。(^^)
 入学おめでとうございます。

 1年生が帰った後は、年度末頃の雰囲気。これから中学校の入学式を終えたメンバーもオカリナに来てくれると思うので楽しみ。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1年生がやってきた

Photo そして4月1日。
 指導員に一つ上の学年で呼ばれるようになった。
 6年生が来なくなった代わりに9人の新1年生がやってきた。
 たった1日なのに突然すぎるよねえ。

Photo_2 2日目も3日目も、ずっと前からみんなで準備をしてきたとおり、1年生が不安にならないように、心配しないでいいようにがんばった。
 それでも母を思い出して泣く子もいる。
 何年か前の自分の姿を思う。気持ちがよく分かる。

Photo_3 4日目には班長主催で“みんなで遊ぼう会”をやった。
 卒業生がやってくれたみたいに上手にはできなかったけれど、1年生が楽しんで笑ってくれればいいと思った。

                    春休みは全員で1年生シフトだ。
高学年だけでなく3年は3年なりに、2年は2年なりに気遣いをみせる。
なので私は1年生以外の子たちに、より目を向けることにする。
後まわしにしたりしないようにする。

明日から新学年。どの子にも新しい環境が待っている。
がんばっておいで、オカリナで待ってるからね。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恒例の一枚

Dscf1150 4月1日はなぜかここで集合写真を撮ることになっているので・・・。
 オカリナ6年目のスタートです。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3月31日

Photoお別れの日は雨。。
卒業していく4人は“みんなで遊ぼう”の会を開いてくれた。公園の予定だったがオカリナに変更。
                                                                 Wハンカチ落とし(手つなぎハンカチ落とし)はペアの相手と絶対に手を放してはいけないルール。
6年生と手をつなげる子がうれしそうだ。

Photo_2帰りの会。
みんなで“きみと僕のラララ”を歌った。
♪さよならなんていわなくてもいいよね また会えるね♪
さびしくて泣いちゃった子もいた。
                 帰らなきゃならない時間まで、みんなで6年生におんぶしたり抱きついたり。写真もいっぱい撮った。全員と握手をした。それでも足りなかった。

4 6年間の学童生活にさよならだ。
ありがとう、本当に楽しかった。
                                                                                 これからいろんな事があるだろう。
 オカリナを思い出したらいつでもおいで。私たちはずっと4人のぶちとさぶだよ。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »