« とめけんリレー | Main | 平和のつどい »

名古屋の学童保育を応援しよう!

 名古屋の方から、パブリックコメントへの協力依頼がありました。

 名古屋市は、「子どもたちの豊かな放課後」の基本的な考え方(案)とする提案を発表しました。どうやらこの提案は「名古屋市放課後子どもプラン」という名前で、既存の学童保育所をトワイライトスクール(全児童施策)に置き換えてしまおうということらしいのです。

 詳しくは、パブリックコメントのHPや、名古屋市学童保育連絡協議会のHPを参照ください。

 問題は、補助金方式で行われている現在の学童保育への補助打ち切りにつながりかねないということです。6月13日(金)までが締め切りとなっています。名古屋の学童保育を応援しましょう!(ぶち)

|

« とめけんリレー | Main | 平和のつどい »

Comments

名古屋の依頼者本人です(^^♪
非常に遅くなりましたが、Webでのご紹介ありがとうございました。
みなさまのご協力もありまして、2万通余の意見が提出されましたが、名古屋市は私たちの学童存続に対する熱い要望を、捻じ曲げて無視する暴挙に出ています。

しかしこれは想定範囲内です。
粘り強くしつこく要求していかなくてはいけません。
また川崎の皆様にもご協力をお願いすることもあると思います。
その際はよろしくお願い致します。
改めてありがとうございました。m(__)m

Posted by: すぺーすのいど | August 16, 2008 23:38

何度もすいません。
パブコメ結果後の名古屋市連協ニュースのURLを貼っておきます。
http://hoiku-gakudou-ai.ddo.jp/gakudou/pdf_files/08%E5%B8%82%E9%80%A3%E5%8D%94%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9No.04.pdf

Posted by: すぺーすのいど | August 17, 2008 00:40

すぺーすのいどさん
 名古屋のニュース読みました。ありがとうございます。
 川崎市はわくわくプラザを大成功例として各自治体に紹介しているようで、行政からの視察が全国からよく来るみたいです。
 市長は“フロントランナー”などと言って自画自賛状態です。
 しかし学童保育が必要な子どもや大人が必ずいるということと、全児童対象の施設は絶対学童保育にならないということは、私たち川崎の学童保育関係者が一番よく知っています。
 文京区のように、行政に学童保育と全児童事業は全く別物であるという認識をきちんと持ってもらうことは大切だし、今の施設はなくさずにこれからもちゃんと補助をすることや必要に応じて増設するという約束を取り付けておかなければ不幸せな子どもたちが生まれてしまいます。
 胃が痛くなることもあると思いますが・・(^_^;)
川崎からみんなで応援しています。(^_^)/

Posted by: さぶ | August 17, 2008 08:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 名古屋の学童保育を応援しよう!:

« とめけんリレー | Main | 平和のつどい »