« January 2009 | Main | March 2009 »

今度来る1年生へ

 文交研の日は晴れてとってもきれいな空だった。
 でも翌日の月曜日から5日間連続の雨。
 文京の学童ではどんな風に過ごしているかな-、なんて思っています。
 今週はこども達が帰って来始めると、今頃どこの学童でも「ただいまー」「おかえりー」が聞こえているんだなぁ、
 などと想像したりしてました。(毎年全国研の後にも必ずそんなこと考えます。)

Photo 
 新1年生に、オカリナで待ってるよ!の気持ちを込めてカードを作っているところです。 
 班ごとの活動。
 高学年がアイデアを考え、分担して作ります。 


Photo_2 どの子が自分たちの班に来るのかがもう分かっているので、班の紹介やひとり一人の自己紹介などが貼ってあります。
 みんな自分がもらった時のことを思い出したかな。


Photo_3 
 カードはもう出来上がっています。
 大きな封筒に入れてそろそろ発送の準備も整いました。
 あみちゃん、待っててね!(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ざるうどん

・・・結局、うどんになっちゃった。
Photo_4 大きな皿に大盛りのうどんはオカリナっ子の大好物。
 つゆの入ったお椀を片手に、いやがおうにも食欲が湧いてくる。
 今日は一人だけお休みだったので37人がうどんをつついた。

Photo_5 班長が「一回目取っていいよー。」って言うのを合図に盛られたうどんに箸をのばす。
 箸を上手に使えている子どもって少ない。
 箸が上手く使えないとつるつるのうどんに逃げられちゃう。

Photo_6 ここで高学年がえらいのは、あんまりとれない1.2学年のことをよく見ていて
 「ちょっと待って!もう少し取らせてあげなよ。」 なんて3年生にストップをかけたりできるところだ。
 おかわりもあっという間に平らげた。
 もっと食べたいらしいが、これはおやつなのだよ、君たち。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おかわり

 講演という、責任重大、超大重圧から解き放たれた。楽しんで更新しよっと。(*^_^*)
 ・・小心者だねぇ・・。

Photo 今日はおやつにみよママのロールキャベツスープが出た。
 寒い時期か自然と温かい汁ものが多くなる。
 子どもたちはそれが大好きだ。
 和風も洋風も器は木の椀。
 食器棚には余裕がないからスープ皿なんて揃えられない。
 でも手で持っても熱くなくてよいのだ。

Photo_2 おかわりの仕方にもいろいろあるが、今日は班ごと。
 班の代表が集まってじゃんけんでおかわり順を決める。
 6班あるから1.2番がゲットできると
 「よっっしゃあああ!」なのである。

Photo_3 あとの方になると心配。
 「まだあるかなー。」
 配る方も 「全部の班にはいかないと思うよー、」
 と一応宣言するが、大きな期待を向けられるのでちょっと気を遣ったりする。(^_^;)
 今日も雨降りで寒い。
 あったかいものにしようかな。(さぶ)
 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

文京の学童保育交流研究集会

Photo こんな横断幕を用意して母さん父さん達が文京区まで私の話を聞きに来てくれた。(あまりにうれしくてもらって帰ってオカリナに貼った!!)
感謝感激であります。
 
                  演壇に立つとたくさんのちゃんとした大人(だって天気のいい日曜の早朝に勉強しに来ているんだもの)の前で私は、簡単に怖じ気づいてしまい、ものすごく緊張した。
でも見慣れた顔と、この横断幕が見えてちょっと落ち着けたのだ。
持つべきものはいい父母なのである。
 
 1時間半はあっという間でした。
 とてもじゃないけれど講師とか講演などと呼んでもらえるものにはなりませんでした。
 でも終わったあとで聴いてくださった方達にあそこが心に残った、とかあのアイデアを実践したいです、と言っていただけて、本当にうれしい気持ちでした。
 
 オカリナでは5年とか10年とかでなく、6年間を区切りにすると決めています。
 ぶちに、6年目という節目にそういう話をするのっていいじゃん、と励まされました。(持つべきものはいい同僚だ。) この時期に、これまでのことを改めて振り返る時間がいただけたことは何かの巡り合わせなんですね。(川崎の学童保育の激動とオカリナの誕生。ぶちの存在なしには語れません。)
 学童存続運動から廃止に至るまでの悔しく、つらく、切なく、情けなかったあの頃を、まとめてどかーんと思い起こすことができました。

 講演の前に、来賓として区の担当職員の方が挨拶をされました。
 学童の研究会に行政からの参加があることがまず驚きでしたが、ひとり一人の子どもたちを大切にしたい、そのために待機児がなくなるように育成室を今後も整備していきたい、とか、保護者や指導員の皆さんの声をお聞きしながら現場のニーズに合うような形で・・とか、川崎市ではとうてい考えられない尊い言葉がそこここに聞かれ、川崎のことを思うと涙が出そうでした。

 文京区の皆様、本当にありがとうございました。
 午後の分科会も含め、オカリナの父母も参加して良かったと言っていました。

Photo_2 きれいなお花ももらっちゃった。
 研究会のあとにぶちと仲間に入れていただいた交流会はとても楽しかったです。
実行委員長の、今年の答えは来年にならないと分からない、との挨拶、かっこいいと思いました。
 文京の学童保育を大事にするOBの層の厚さが頼もしく、でも「主役は現役」という立場で裏方、支えの役割に徹しているのが印象的でした。
 卒室生が大学生になって研究会では保育担当を引き受けていたり・・。
 掛け値なしに人と人とがつながれるこんな文化は、今や学童保育にしかないんじゃないかと思います。
 
 人間的な魅力のある人が文京にはたくさんいらっしゃいますが、2次会に駆けつけてくださったお二人の男性指導員さんも噂通りのすてきな方でした。お目にかかれてお話が聞けてすごく刺激になりました。
 文京の子どもたちが、こんな大きな温かい指導員さんとたった3年間しか過ごせないことが残念です。
 こんなにすごい指導員さんが、高学年の育ちに関わらないなんて惜しいです。もったいないです。
“公設公営で6年まで保育”は壁が厚いと思うけれど、理想の学童保育を推進している文京区で、モデル実施からやってみるなんてどうかなー。(^_^)
 
 もう一度・・区連協会長さんはじめ、文京区の皆様、学童保育を大事に思う人たちにたくさん引き合わせてくださり、心温まる一日をプレゼントしてくださって本当に本当にありがとうございました。
 これからもどうぞよろしくお願いします。(さぶ)


 
 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

カッツー

P1000470 花の台学童の通称カッツー指導員が、オカリナに研修としてやってきた。
 二日間、午前中から保育終了までの様子を肌で感じてもらい、オカリナの仕組みを説明したりした。カッツーは、子どもたちから将棋をたくさん誘われて、結局何局指したんだろう。(^_^.)(将棋は、花の台とも合同で大会ができたら面白いと、話しが発展していきそう。)その他、けん玉やベーゴマでも子ども達にチャレンジ?していた。
 花の台からは、出勤扱いできているそうで、理解があるなと感心した。

 少しは勉強になったかな。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高学年旅行

P1000311_3 土日に高学年旅行に行ってきました。今年は、埼玉県の秩父・両神村。
 オカリナ開設1年目は4人の参加で始めた高学年旅行も、6回目の今年は15人。毎年恒例のミーティングも、子ども達の成長を感じる内容だった。
 朝ご飯はバイキングで、普段あまり食べない子もすごい食欲。いつもたくさん食べる子は、もっと食べてた。(^_^;)温泉だったので朝風呂に入れたり、ミニハイキングではフクジュソウがロウバイとともに見事に咲いているのが見られたり子ども達も旅行を楽しめたようです。帰り際、新城駅で階段を下りながら「なんか一瞬だった気がする。」という子どものつぶやきに、指導員も嬉しく思いました。

 土曜日、旅行に行っている間に親たちがオカリナの大掃除をしてくれました。普段掃除ができないようなところがきれいになっていてびっくり。嬉しかったです、ありがとうございました。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大役

 この日曜日に文京区で学童保育交流研究集会があり、なんとその全体会でお話をさせていただくことになっています。
 お話するのに頂戴した時間が大変に長く・・つまりこれは講演ということで話し手は講師と呼ばれることになります。(^_^;)
 分不相応はきっちりと自覚しつつ、川崎の学童保育に起きたことやオカリナのことをがんばってお伝えしたいと思っています。

 しかし・・準備がなかなか進まず・・(さぶ)

Photo
                                                 


第4回将棋大会にて

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東芝科学館

P1000272 開校記念日でお休みだった子たちを連れて、東芝科学館に遠足に行ってきました。(僕自身は、たぶん7,8年ぶり。)内容もずいぶんと新しくなっていて面白かった。たしか、前はコマを刃渡りさせるロボットや、ロボットのオウムがいたような記憶があるけど、ローテクになったのかリニアのコーナーになったり、3Dの映像が見られるようになっていた。
 変わらないで面白いのは、静電気の発生装置。男の子、女の子それぞれ2人ということだったので、髪の毛が長めの子に体験してもらった。見ている子も大騒ぎ。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

節分

P1000234_2 2月3日は節分。近くの神社では節分祭が行われる。去年は曜日の関係でいけなかったのだけど、今年は時間に間に合った。
 この神社では2回、年男たちが豆やら餅やら、お菓子やラーメンをまく。(写真は3年生以下のエリア。)高学年の子たちは大人にまじっての参加。袋いっぱいにひろえた子もいれば、ひとつも取れない子もいた。(^_^.)オカリナに戻って、一番ほしいもの以外は集め、みんながだいたい同じように持って帰れるように分けた。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »