« May 2009 | Main | July 2009 »

一期一会の日②  ~直人のお骨~

 直人がお墓に入ってしまう前に、四十九日が過ぎないうちに、という思いがあり、一期一会の日は6月6日(土)にやろうということになった。
 お父さんもお母さんもお姉ちゃんにも来てもらえることになり、中心になってこの日を準備していたアンサンブル役員も指導員も、さらに真剣になり、気を引き締めた。

 指導員には一つ、心からの願いがあった。それは・・一期一会の日に直人のお骨もオカリナに来てほしい、ということ。
 お骨を移動させるなんて、家族にとってどうなんだろう、と失礼を覚悟でのお願いだった。
 でも両親はそれを許してくれたのだった。

 一期一会の日にやってきた直人のお骨。
 持たせてもらうことも許してもらい、胸に抱いて子どもたちに紹介した。

 指導員が、亡くなるときに直人のそばにいたことも、葬儀のあと焼き場で骨を拾わせてもらったことも子どもたちは知っている。
 初七日法要の翌日、直人は骨になってとっても小さくなっちゃったんだ、きれいな壺に入って今家にいる。でもいつかその骨はお墓に入らなくちゃならないんだよ、という指導員の話にもじっと耳をかたむけていた。

だから、その直人が目の前にいるということは子どもたちの胸を打ったに違いない。
告別式で眠っているようだった直人が、指導員が話したとおり骨になり小さな箱の中に入ってオカリナに来てくれた。

Photo 直人、きてくれてありがとう。
 お墓に入る前にオカリナでみんなと一緒に一日を過ごしてくれて。


                                         半月後、私たちは納骨にも立ち会わせてもらえた。
 優しいおじいちゃんが、
「直人は墓に入ってしまいましたが、はやりの歌のように、風になってどこにでも自由に飛んでいると思います。と」さびしそうに、ひと言ひと言かみしめるようにあいさつした。
 そのことも子どもたちに伝えられた。
 あの日、お骨になった直人がオカリナに来てくれたから、子どもたちが直人に会えたから。
 だからそれまでのこともそれからのことも、直人のことはひとつながりで心を込めてオカリナっ子に伝えたい、伝えていけると思ったんだ。(さぶ)


※写真は卒業生の母が撮ってくれたものです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

一期一会の日①  ~たしかなこと~

直人の葬儀が終わる頃、オカリナの大人たちの胸に、直人の会をオカリナでやりたい、という思いがわき上がった。
Photo_4  
 直人が私たちに残した言葉の中から、その会を“一期一会の日”とした。
 
                                                                そしてもう渡すことができなくなった卒業証書の代わりに“いつまでもオカリナっ子で証”をあげようと決めた。
 だから副題は「直人くん、これからもよろしく」にした。

 その日みんなで歌う曲は小田さんの♪たしかなこと♪
 (どうしてもこの曲でなければならないわけがあった。それは・・この歌が直人からぶちへのメッセージだったから。いつかぶちがそのことに触れてくれると思います。)

 難しい歌だけれど、こども達はすぐに大好きになって毎日口ずさんだ。
 1年生も全部を間違えずに歌えるほどになっていた。


     
  たしかなこと  

   雨上がりの空を見ていた  通り過ぎてゆく人の中で
   哀しみは絶えないから  小さな幸せに気づかないんだろう

   時を越えて君を愛せるか ほんとうに君を守れるか
   空を見て考えてた 君のために今なにができるか

   忘れないでどんなときも  きっとそばにいるから
   そのために僕らはこの場所で
   同じ風に吹かれて同じ時を生きてるんだ

   自分のこと大切にして 誰かのことそっと想うみたいに
   切ないときひとりでいないで  遠く遠く離れていかないで

   疑うより信じていたい  たとえ心の傷が消えなくても
   なくしたもの探しにいこう  いつかいつの日か見つかるはず

   一番大切なことは 特別なことではなく
   ありふれた日々の中で君を
   今の気持ちのままで見つめていること

   君にまだ言葉にして伝えてないことがあるんだ
   それはずっと出会った日から  君を愛しているということ

   君は空を見てるか 風の音を聞いてるか
   もう二度とここへは戻れない
   でもそれを哀しいと決して思わないで

   一番大切なことは特別なことではなく
   ありふれた日々の中で君を
   今の気持ちのままで見つめていること

   忘れないでどんなときも きっとそばにいるから
   そのために僕らはこの場所で
   同じ風に吹かれて同じ時を生きてるんだ

   どんなときも きっとそばにいるから

                  by小田和正

 エンディングに入れる言葉を頼まれた5年の男の子はこう話した。
 「たしかなこと、それは直人くんが笑ったり喜んだり、みんなを支えてくれたりしたということ。
 ぼくたちはみんな直人くんが大好きだということ。
 直人くんも僕たちのことが好きだということ。
 そして、直人くんはこれからもずっとオカリナで生き続ける、ということです。」


 少しずつ、ここで直人とのことを思い起こしていこうと、そんな風に思いました。
  やっと なのか、もう なのか・・・。(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

七七日

P1010348 直人、お墓に入りました。今日も雨でした。直人が選んだのかなと思いました。

 雨があがったら、喪明けかなあ。(ぶち)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

1か月

 1か月前、すごい雨が降っていた。
 今日はシトシトの雨。

 明日はオカリナで一期一会の日という直人を偲び、みんなを特に大人を励ます会をします。
 直人もきてくれます。

 オカリナはしばらく喪中です。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »