« September 2009 | Main | November 2009 »

音読

 「どうしたんだい、がまがえるくん。きみ、かなしそうだね。」「うん、そうなんだ」 
 2年生の国語は“お手紙”に入ったようだ。
Photo_2 3年生くらいまでは音読は毎日必ずやる宿題だ。
早く遊びたいので早口になる子もいれば、感心するくらい気持ちを込めて上手に読む子もいる。

Photo_3 3年生は“ちいちゃんのかげおくり”。
 ああ、この子がもうこの話を音読するようになったんだなあ、と時の流れを感じたりする。
 ちなみに4年生は“一つの花”。戦争を背景とするこれらの単元はこれから先も絶対に無くさないでもらいたいと思う。

Photo_4 音読カードの記入欄に、ちゃんと読んだ印のオカリナマークを書くと、「おうちのひとにもきいてもらいましょう」なんて先生に書かれることも最初のうちはあったし、それが一番いいのかもしれない。                            でも宿題を済ませて帰宅、が親も子も安心だ。
 その分、寝る前に大人が子どもに読み聞かせをするような時間があればいいなあと思う。


Photo_6 ・・タイトルと全然関係ないけど・・・夕方、天井まで届くくらい高くカプラを積み上げた子たち。
 「写真撮って!!」の大コールに応えました。
 
 それにしてもマスク着用期間が長くなったなあ・・。うがいも毎日ずっとやってるし。(上の写真のポットはうがい薬。(^_^)v)
                       学校ではついに学級閉鎖のクラスが出て、オカリナっ子も一人が自宅待機。
 何の兆候もなく、家で元気にしているんだけど・・と母からメールが来てました。(^_^;)
 インフルエンザには当分振り回されそう。
 (さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高学年たち

全国研に行ってきました。
今年は滋賀県での開催でした。2日目の分科会は立命館大学のキャンパス。広くてびっくりでした。
 分科会は「高学年を含めた生活作り」・・だったかな、とにかく6年生までの学童の指導員や保護者が参加しました。
 
名古屋の小学校高学年には毎日部活があって、帰ってくるのが5時半。ほんのわずかな時間しか学童にいられないけど、居心地がいいように、楽しい場所であるように、ひとり一人と集団に熱意を持ってかかわっている指導員さんの話を聞きました。素敵です。

Photo_5 オカリナでは高学年たちがこんなことをしています。
 どういう経緯でこんな遊びになったのか・・。
 位置を変えてみたり、6年生が手をつく位置をレクチャーしたり・・。
 ようやく三段ピラミッド成功!

 こんなことを楽しそうにするのを低学年たちも楽しそうに見ています。
 
 
Photo_6Photo_7
 もうすぐ小学校のふれあいまつり。オカリナっ子は毎年この日に行われるふれあいステージに出演して、けん玉や歌などを披露します。
 高学年はオカリナの演奏をするのでいい音が出るように真剣に練習中。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009秋バザー

 秋晴れの日曜日。まさにバザー日和!
 新型インフルエンザに翻弄される中、真剣な話し合いと準備を重ね、無事開催です。

Photo 開店直後の飲食コーナー。全食品完売を目指します。
焼きそば焼き鳥など予定していたもののほかに、母達手作りのお菓子や漬け物なども持ち込まれ、俄然盛り上がります。

Photo_7子どもコーナーにお目見えしたガチャポン転がし。5年生のお父さん(ニックネーム=一徹)の力作です。ものすごくよくできてます。行列ができました。


Photo_3 高学年コーナーの子どもフリマ。ほかに手作り品も売ったし、スーパーボールすくいもやりました。目標としていた旅行のおみやげ代を超える売り上げでした。よかったね!


Photo_4 秋のみ販売のどんぐりクッキー&ケーキ。地域の人たちにもだいぶ浸透してきたのか、まずここに寄ってくれるお客さんがけっこういました。直人と一緒に売りました!


Photo_5 6年生の二人は高学年コーナーの品物を出張販売。
 買ってください攻撃が功を奏したようで、「けっこう売れた!と」本人達も周りの子達も喜んでいましたが・・・
どなたか分かりませんが、ご協力ありがとうございました!

Photo_8 なんと、文京区学童保育連協の会長さんが、娘さんと遊びに来てくれました。すごいサプライズ!
 前アンサンブル会会長と現会長がごあいさつに。しばらく語り合っていました。
 そしてたくさんお買い物をし、午後からのオカリナっ子のパフォーマンスも見てくれました。感謝感激です。 
 遠いところを本当にありがとうございました。(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

10月のファイヤーズ

PhotoPhoto_2
 ファイヤーズとは6年生のチーム名です。
今月のお誕生会に出し物をする事になり、なにやら話し合いをしていましたが、それが2日前って感じだったので
だいたいの筋だけ決め、あとは本番、アドリブで、という事になったようです。
 5人の劇は大ウケでした。
 
 10月生まれの女の子がひとりいますが、彼女がプログラムの中の“お礼の言葉”で
 「こうやってこんなにお祝いしてもらうのも最後です・・・」と話しました。
 6年生の口からこんな言葉が聞かれると、まだまだ先の事なのに、別れの日を意識しはじめる私です。
 どうか少しでも時間がゆっくり流れますように。(さぶ)
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バザー準備②

 Photo_3 
 高学年のお店ではスーパーボールすくいもやります。
 今日はみんなでポイ作り。すくい枠に紙を貼ります。
                                                                        フリマに出した品物が全部売れたら○○円・・手作り品で○○円・・スーパーボールの枠が全部使われたら・・・
 「おおーっすげえ、めっちゃもうかるじゃん!」
 と脳天気な皮算用。 

Photo_4 午後のパフォーマンスではオカリナの演奏もします。
 それで帰りの会の後自主練習。
 高学年は忙しい。でもそれが高学年。低学年のあこがれだ。
 
 思春期の入り口にいる。
 心の育ち盛り。体の成長、変化にも敏感だ。
 様々な事で不安も疑問もある。親に反抗もしたくなる。
 大いに揺れるときなのだ。
 安心できる(幼なじみといってもいい)仲間や、つきあいの長い大人の存在もこの時期欠かせないだろう。
 (さぶ)
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バザー準備

 10月18日(日)はオカリナの秋バザーです。
 いつもの公園で盛大にやります。おいしいものがたくさんあります。生ビールも石臼コーヒーも出しますよ!
 日用品・雑貨・手作り品も充実。子どもコーナーも楽しいものであふれてます!
 で、今回絶対見逃せないのが、新品未使用のクリスマス商品。
 高級ブティックやデパートでないと手に入りにくい、ハイセンスでチョーかわいいクリスマスアクセサリーをどっさり
 仕入れてまいりました。驚きの安値で販売いたします。プレゼントにもいいですよ!
 うーん、つい宣伝してしまった・・。
 
Photo_4Photo_6
 さて、秋のバザーでは高学年ショップも開きます。
 2月の高学年旅行のおみやげ代を稼ぐのです。
 土曜日にその準備をしました。子どもフリマの品物の値付けや手作り品作製など。

時間が足りず、あとは来週がんばるぞ!ってことで終了。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風がやってきた

 18号が列島を縦断したその日、未明から大雨暴風警報が発令され、川崎の市立学校は臨時休校となった。
 オカリナは保護者が付き添って送ってくることを条件に朝から開室。
 指「大きな被害が出るかもしれないんだから、台風を喜んだりしちゃダメだよ。」
 それでも休みはうれしい様子。外は大荒れの天気だ。

Photo_2 学習タイムが終わると、早速ベーゴマ。
 インフルエンザ予防マスクをつけても気合いが入る。

Photo_3 午後になると晴れて青空になった。
 でも暴風警報は解除されない。
 naotoスクリーンで“ハウルの動く城”を見た。
 内容を知っていても、みんなで共有するとまた違う面白さが味わえるようだ。

Photo_4 台風一過。夕方になってようやく外に出られた。
 公園では思いっきりサッカー。ダブルダッチの練習もした。
 ベーゴマには遊びに来ていた近所の子達も交じってきた。


 ちなみにこんな日、学校が休みになるとわくわくプラザもお休みです。
 朝、仕事に出かけるお母さんが2階の窓から手を振る娘を何度もふり返っているのを見ました。
 わくわくに通っている子なのかな。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

直人くんと一緒にぞうの国に行こうツアー⑥ メッセージ

2 夢みたいだったぞうの国。
 帰ってすぐに心に残った事をひとり一人カードに書きました。
 「園長さんへ」「プーリーへ」「マミーのぞうつかいさんへ」とさまざま。

 それを実行委員が毎日ちょっとずつ作業してこんな風に仕上げたのでした。(もう一人担当する子がいたんだけど、インフルエンザで学校閉鎖となり、できなかったの。(T_T))
 みんなからの評価も高く、なかなかの自信作です。耳の裏側には直人withランディの写真を貼り、お手紙も書きました。
 連休にぞうの国に行く、という家族に届けてもらえることになり、
 二人「どこかに貼ってらえるかな~」 
 指「みんなからのメッセージを見て読んでもらえればそれでいいじゃん。」
 二人「そうだね。」

Photo ななほしさんの読み聞かせの日でした。来ると、直人の写真に笑顔であいさつしています。
 今日の一冊にぞうのお話がありました。アジアぞうとアフリカぞうの違いや、ぞうの鼻がこんなに長い驚きの理由を分かりやすく書いたすごく興味深い絵本でした。
 オカリナのことをちゃんとキャッチしてくれているななほしさんの気持ちが伝わります。
(さぶ)
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

直人くんと一緒にぞうの国に行こうツアー⑤ ぞうの国

 土曜日、子どもたちが帰ってからぶちと
「あー、ぞうの国からもう一週間だね。」
「なんだか、夢見てるみたいだったねー。」
としみじみした。本当に夢のような一日だった。全然忘れられない。それどころかたくさんの事を思い出す。
PhotoPhoto_2
 ぞうにさわる。ぞうたちはいやがったり拒否したりしない。
 ちょっと怖がっていた子もとてもうれしくなる。


Photo_9 サンディ。
 一頭だけアフリカ象。
 左の眉に絵の具。どこでつけてきたの?

Photo_10 プーリー。
 張り切ってお客さんを乗せている。
 ぞうさん達は仕事をするのが楽しいし、うれしいんですよ、と坂本園長の話にあった。


Photo_11 マミー。
 班の子達がいつまでもそばを離れないで名前を呼んでた。


Photo_12 ミッキー。
 みんなで園長さんの本読んだよ、一番頼りになるって。

Photo_13 ミニスター。
 サッカーがうまくて班の子達が今でも自慢してる。

Photo_14 ようこ。 
 一番の年長さん。2回目のショーにやっと出てきたとき、班の子達の「ようこー!!」の歓声の大きかったこと。
 
 
                  ほかにもいろんな動物がいてどれもかわいかった。でもあそこは本当にぞうの国だと思う。
 直人がぞうの国に連れて行ってくれたんだ。
 
 ぞうには惹きつけられる。
 ますますぞうに夢中になっていく。
 直人マジックだ。(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ずっと大事に

 はらっぱクラブからたくさんの材木をいただきました。
 それは、ずっとはらっぱで子どもたちに学童保育のぬくもりを伝えてきた木たちでした。
 棚だったり、階段だったり・・。 はらっぱの子どもたちの笑顔を見、話し声を聞いてきたのでした。
 はらっぱクラブは、オカリナと同じ手作りの学童保育です。
 
 でも8月いっぱいで閉室となってしまいました。
http://harappa.air-nifty.com/harappablog/

Photo ぶちはその材木で新しいベンチを作りました。
 はらっぱベンチ。
 座り心地がいいです。
Photo_2 ずっとほしかった真四角のテープルも作りました。
 はらっぱテーブル。
 8人の子どもが向き合って座れます。
Photo_3 今日は土曜日。
 勉強をして、ベーゴマでたくさん遊んで、そしてはらっぱテーブルでお弁当を食べました。
 はらっぱさん、会いに来て下さいね。(さぶ)
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちっちーのちっ!

 夏休みの後半あたりから、ベーゴマが流行りだした。11月にはかわさきベーゴマ大会もあることだし、オカリナ内での大会をしてみることになった。
Photo 公園でやる予定だったが、あいにくの雨で室内での開催に。
 狭いけどものすごく盛り上がって楽しかった。
 子どもが向き合っている真ん中には床(とこ)がある。7つの床を使った。

Photo_2 かけ声は「ちっちーのちっ!」
 「ちっ!」で力を入れて投げるので「ちっ」は声にならない子も多い。

Photo_3 オカリナでは投げ合うときに腕がぶつからないように、全員右手で回す。 左利きの子はちょっと苦労するけれど、子どもは本当にえらい。この子もすごく練習したんだ。

Photo_4 嬉しそうな大人はベーゴマ達人の宮田さん。
 ベーゴマと子どもが大好きな川崎ベーゴマクラブの代表です。
 オカリナっ子とすごく仲良し。巻き方も回し方も削り方も教えてくれます。
 今日は床をたくさん運んできてくれました。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »