« November 2009 | Main | January 2010 »

クリスマス会2009 ~こどもたちから~

今年のクリスマス会は、オカリナっ子全員&全家庭参加の、指導員にとってこんなに嬉しいプレゼントはないぞ!っていう日になりました!
Photoオープニングはオカリナの歌。
子どもたちの歌声は大人の心を幸せにします。
一生懸命に歌う様子を見るだけで泣けてくる、なんていうお母さんもいます。

Photo_2全体の司会は実行委員のお父さん。
子どもたちの出し物の進行はこの二人。6年生と5年生です。ユニット名はジャニュアリーズ。
指「なんでその名前?」
ジャニュアリーズ「二人とも1月生まれだから。」

Photo_3出し物は班ごとに。班長を中心に練習してきました。
劇の台本は主に班長が考えます。
   
                                                       劇“どろぼうサンタ”
子ども役「サンタなのになんで赤い服着ないの?だから泥棒に間違えられちゃうんだよ。」
泥棒みたいなサンタ役「赤だと目立っちゃうから・・」
 
Photo_4歌と合奏。
楽器といってもそんなたくさんあるわけでなく、練習は大変だったけれど、よく集まって合わせていました。
演奏後、班長「ああ~緊張しすぎてサンタの帽子かぶるの忘れてた~」

Photo_5ここは班長がストーリーを考え、台本無しで練習しながら台詞を作っていきました。
その結果制限時間を遥かに超える内容となってしまい・・。
数日前の班長「さぶ、だめですっ!どうしても時短できません!!」
指「それは困ります。班長の腕の見せ所です。」
その後の涙ぐましい努力と工夫で、本番では時間内に収めるのに成功。しっかり笑いも取れました。お見事。

Photo_6劇“サンタのプレゼント”
途中、班員がちゃんと練習してくれない,という班長の悩みをみんなで考える時間もありましたがよくまとまりました。
                                                     泉の天使1「あなたが捨てたのはこの折り紙ですか?」
泉の天使2「それともこのお金ですか?」
泥棒「お金です!」
泉の天使1「あなたはうそをつきましたね・・。」
 
Photo_7 ダンス。かっこよかったと好評でした。 
選曲、振り付け、衣装・・班長と副班長がとてもがんばりました。
1年から4年の男の子たちに、よく覚えた(覚えさせた)なあ、あんたたちはえらいっ!
楽しく踊れたね。
しかし・・毎日オカリナに流れる嵐の歌が、朝から晩まで頭の中でぐるぐる回る指導員でした。

Photo_8劇“ぞうの国のクリスマス”
今年のオカリナにふさわしい設定ですが、班長が最後まで悩んでいたのが、「どうしたらぞうに見えるの?」
レジ袋を利用したかぶり物と、腕を鼻に見立てるってことでなんとか乗り切りました。
プーリー「ランディさんはいいわよね、お客さんからたくさんバナナをもらえて。」
ランディ「あら、そうでもないわよ。」
 
 
 指揮をしたので写真は撮れませんでしたが高学年有志でオカリナの演奏もしました。
 今年はウェルナーの“野ばら”の二重奏でした。
 放課後の少ない時間と狭い場所で、どの出し物もよくここまでできたなあと思います。
 大人の人たちに喜んでもらうためにもがんばったんだよね。
(さぶ)


| | Comments (1) | TrackBack (0)

けん玉道場2009

今年もけん玉名人タッチさんファミリーをお迎えし、オカリナけん玉道場を開催しました。
この日を楽しみにしてきたオカリナっ子たち42名が参加。高学年が考えたタッチさんの歌をみんなで歌い、楽しい時間がスタートです。
Photo_4 オカリナ内検定で昇級、昇段するために、自分の中で壁になっている苦手な技のコツを教わります。
 1年生はタッチさんに会うのは初めて。でも上級生にタッチさんの事をたくさん聞いているので、初対面じゃないみたい。
いきなり「ねえねえ、たっちさん!」とか・・・。
でもタッチさんはにこにこです。

Photo_5 見学に来ていた父母もあとから絶賛でしたが、とにかく指導が上手です。
 分かりやすい言葉とツボを押さえたアドバイスに、ああそうか、とすとんと落ちる感じが子どもたちにもあるようです。 

Photo_6 短時間に何種類もの技の指導をお願いしてしまいました。Touchさんはさぞ大変だったと思います。
 でも普段からけん玉に親しんでいる子どもたち、よく見てよく聞いていました。
 道場のあとの取り組み方にも熱が入り、できなかった技ができるようになる子が続出。
 タッチさんに教えられたとおり「1.2.3!」と技にあったリズムで練習しています。
 
 私は指導の場面しか写真が撮れませんでしたが、この日のプログラムは盛りだくさんでした。
 タッチさんの娘さん(五段)と奥さん(初段)も一緒におやつも食べたし、今年のリズムけん玉を見ていただいて、オカリナ演奏も聴いてもらいました。
 タッチさんが得意のケーナ、お二人がリコーダーで素敵なアンサンブルを聴かせてくださいました。
 毎年タッチさんはおしまいのあいさつの中で
 「けん玉も大好きだけど音楽も大好きです。けん玉も音楽も素晴らしいものです。」
と、話してくださいます。とっても素敵。
 けん玉と音楽と子どもが大好きなタッチさんのけん玉道場でした。(さぶ)

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリスマス工作2009

毎年、何を作ろうかなーと迷うんだけど・・
今年は早いうちから決めていました。
子どもたちや大人たちから、たぁーっくさんもらったどんぐりを使うんだ!って。
それに、とにかくたくさん使おう!って。

PhotoPhoto_2
どんぐりリース。
アイデアはよかった。かわいいし、どんぐりをたくさん使う。
しかし・・・針金を通すのには・・
そのどんぐりぜーんぶに、穴を開けなくちゃならなかった!
重いドリルに細い刃を取り付け、小さなどんぐり一つ一つに毎日穴を開け続けました。
土曜日に一日中その作業をしたときにはもうわけが分からなかったですが・・・。

Photo_3 針金を通して飾りをつけたのはこどもたち。
大変だったけどこんな風に出来上がると楽しい。
どんぐり(っていうか木の実)にはとっても愛嬌がありますよね、どれもなんだか放っておけないような・・。
だから足元に落ちていたらついつい拾い上げてしまうのね。
それでオカリナにやってきたのかな。
クッキーやケーキにもなったし、リースにもなった。
どんぐりたち、今年もありがとう。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

いえいえ

Photo_3大丈夫です。
これは冬の夕刻によく見られるジェーンの寝姿です。
まぶたは真っ白だし、ぴくりとも動かないので、お迎えの父母を驚かせることもしばしば。
(これでいて、8時頃になると水槽の中を動き回り、音を立ててあばれます。)

Photo_4 お日様が出ていれば昼間はベランダでお散歩。
クサガメ ジェーン16歳♂
青春はいつ?
ともかく今現在、彼女と冬眠とは無縁です。
(さぶ) 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オカリナの顔

前にも同じタイトルの記事を書いたような気が・・。

先日、新一年生説明会をやりました。
PhotoPhoto_2
受付は例年通り5年生。来年度の最上級生です。
8人の5年生の中から2人しかしないの女の子にお願いしました。
明るく笑顔で礼儀正しく・・との注文に
「こんばんは。」「こちらにお名前をご記入ください。」「これが今日の資料です。」・・・
と、はにかみながらも立派な態度。

自己紹介では
「来年6年生になります。1年生の子にやさしくしてたくさん遊んであげたいです。」
と、新1年生の親御さんを安心させる言葉が。

いよいよ6年生になるんだね。
来年の、オカリナの顔だ。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

13歳

 直人の誕生日だと知って、文京区の友だちが、自分の娘さんや仲間たちに知らせましたとメールをくれました。
万年亀を折ってくれた人たちです。
 「それぞれが思いを寄せてくれるといいな、と思って。」と書いてありました。
 いつも本当にありがとう。

 半月ほど前の朝方、直人の夢を見ました。直人が亡くなってから、初めての事でした。
 直人は友だちと中学校の校庭を走り回っていて、(鬼ごっこをしていたんだと思う)どうしたの、何しているの、と尋ねると、笑いながら
 「お父さんがね、誕生日のプレゼントに学校の空いてる部屋をくれたんだ。」と言って広い倉庫のような、でも明るくて、大きな窓から外が見えるところを見せてくれました。
 それで「お姉ちゃんの部屋は2階なんだけどまだ内緒にしてるんだよ。」と教えて、また走っていきました。
 夢の中の私は「へえ、すごい、さすがお父さんじゃん!」なんて言ってて、会いたかったとか、生きてたんだね、とかそんな会話じゃなかったです。

 昨日ぶちと一緒に直人の家に行って、お線香をあげさせてもらいました。
Image009 お父さんがにこにこして迎えてくれて、お母さんがおいしい手料理をごちそうしてくれて、お姉ちゃんがいつも通りのにぎやかさで、楽しくお話しました。
 テーブルが片付くと、お父さんがバースデーケーキを運んできてくれました。
 大きなろうそく1本と小さなろうそく3本に火をつけて、ハッピーバースデーの歌を歌い、5人で直人の13歳をお祝いしました。私はちょっと泣きそうでした。
 よかった、おめでとうって言っていいんだ、と、それまでのどきどきが違うどきどきに変わったからです。
 
 13歳の直人を想像しています。教室の机で定期テストを受けるところなんかを。
 声変わりはまだかもしれないけど、大きくなったよね。(さぶ)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

12月2日

 12月2日は直人の誕生日です。本当は13歳になっているはずでした。
 保育終了後に、さぶとお線香をたむけに行ってきます。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »