« 卒業式を終えて… | Main | お墓参り »

卒業

“卒業と進級を祝う会”をしました。
今年初めて小学校の体育館を借りました。
毎日生活しているオカリナでやりたいという指導員の希望はありましたが、人数も増え、去年で「限界!」を実感したのでした。
Photo_11前日から父母が会場作り。
季節柄紅白幕があるのがお祝いらしくていいです。
場所は変わってもオカリナらしい会に・・。
卒業生の母が思いを込めて生けてくれた花たちです。


Photo_7開始前。
椅子を並べて座ってみると大きな体育館もオカリナの人たちでいっぱい、っていう感じに見えます。
慣れない雰囲気だけど、とても立派だし、ゆったりしています。

この日はとても寒かった。
朝早くから実行委員さん達が準備にやってきて、ストーブをつけて広い会場を暖めてくれていました。


Photo_10直人もお祝いしてくれます。
卒業生の作文にも、進級の子たちの歌にも直人の思い出がありました。


Photo_8いよいよファイヤーズが卒業しちゃうんだなあ・・。
私は全然実感が湧かないよ。
いつだってそばにいたのに。
そう、毎日そばにいて5人の成長ぶりを堪能してきた、でもそれってちょっと贅沢だった。
だけど、どうにもさびしいです。


Photo_9作文の朗読です。
5人とも素晴らしかった。
カメラは持って行ったけど、全然撮れませんでした。
自分の目でこの子たちを見ようと思いました。
5人のオカリナ演奏を忘れないです。
(さぶ)

|

« 卒業式を終えて… | Main | お墓参り »

Comments

全てのことに”最後”という枕詞がつく今年1年を楽しんで過ごしてきました。
オカリナ生活最後の行事は、心に残る素敵な卒進の会でした。
スポンジのように沢山のことを吸収する時期、たった1年でみんなのもの凄い成長を感じました。
我が子も然り、1年生のときにとても大人に見えた6年生のように
立派な作文を読み上げました。
母はなかなか卒業の実感がわかず、娘への手紙を書けずにいて、やっと当日深夜3時から書き始め、できあがった手紙を読むと6年間を回想してしまい涙が溢れてきました。
しかし、会では母を差し置いて、父が泣きました…
娘の成長を喜ぶ以上に、保育園から11年間一緒にいる子の成長に感激して。
人の子も自分の子のように思い、
喜びや悲しみを大人も子供もみんなで分かち合える
そんなオカリナってとっても素敵です。
こんな風に感じれるのは、指導員のぶちとさぶ
そして、ここに携わる皆さんのお陰です。
”初めて”から”最後”までのオカリナの時間は私たち家族にとって、忘れることはできないかけがえのない財産になりました。
大きな財産を与えてくれたオカリナ、
6年間ありがとうございました!!

Posted by: ほのかーちゃん | March 31, 2010 21:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 卒業:

« 卒業式を終えて… | Main | お墓参り »