« October 2010 | Main | December 2010 »

ベーゴマ大会

ベーゴマのブログに書けばいいのかもしれないと思いつつ・・。
Photo第7回大会にオカリナっ子も20人が参加しました。
ベーゴマ好きの大人もけっこう遠くからやってきました。
ベーゴマが得意な子どもたちもあちこちからやってきました。遠くから電車とバスを乗り継いでくる子もいました。


Photo_2人数は昨年と同じくらい。
でも腕に自信のある人たちが駆けつけた、という感じがありました。
宮田さんに教わって強いベーゴマになるように一生懸命削ったけれど、上には上がいたりします。
こんな削り方があるんだ!とか へえ!こんなベーゴマもあるんだね、などといろんな発見が。


Photo_3女の子はオカリナの1年生と3年生のただ二人。
それでも男の子やおじちゃんたちに混じってちっちーのちっ!
で元気よく床に自分のベーゴマを投げ入れます。
今回は大人にベーゴマの重量でハンデをつけ、“おとなげない勝負”からの脱却を図ってみました。
知らない大人とこどもが、一心に床で回るベーゴマ見つめる。
楽しい時間が過ごせました。
参加してくれた人たち、ありがとう!
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

めんどりさん

P1040363 オカリナには月2回、読み聞かせのボランティアの方(ななほしさんとめんどりさんチーム)が交代で来てくれます。残念なことに、めんどりさんの大澤さんが引っ越すことになったので、金曜日はオカリナで最後の読み聞かせになった。
 読み聞かせの後、オカリナからささやかなプレゼント。(・・・メッセージカードとオカリナの演奏。)オカリナっ子の良さは、別れとか節目とか大切な時をよく知っていること。オカリナ演奏にも思いがのっていた。びっくりしたのは、6年生の帰りの会での発言。一緒に聞くことで、(読んでいる人と、聞いているもの同士の)絆ができてよかった。引っ越してもその絆は無くならないこと。もう一人は「たくさんの話を聞きながら、自分も成長できました。ありがとうございました。」と話していました。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

これはこれは

施設改善その①のベランダがフローリング化(^^)された日です。
まずはジェーンに歩き心地を確かめてもらいました。
Photo いつもと様子が違うので、最初はちょっと戸惑ってた。
でも歩き始めると、あちこち移動してるようで、ベランダからカタカタ・・と音が聞こえてきます。
しばらくすると音がしなくなったので見に行ってみると、あら、どこにもいない! 
と思ったら、こんなところから顔を出しました。
そしてよっこいしょ、と出てきました。
あちこち見て回った感想は?
顔に表れているかも。(*^_^*)

7年半、単なるベランダだったけど、今はもうオカリナの一室みたいになってます。
子どもたちもこぞってやってきては楽しんでますよ。いずれ全貌をお伝えできる日が来るでしょう。
みんなに“ベランダ”じゃない名前を考えてもらおうか、ジェーン。
(さぶ)
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やきそばパン

P1040321 最近、やきそばの作り方で(指導員的に)革命的?発見をしました。(~_~;)・・・詳しくは企業秘密ということで・・・。(いずれ日本の学童ほいく誌には投稿しようと思っています。)
 それを応用して、やきそばパン。30分かからないで作れましたよ。(ぶち)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

施設改善・・・①

P1040327 秋は行事も多いんだけど、指導員としては工作(施設改善)の秋でもあります。温めてきたり、思いつきをちょっとずつ実現していく。
 今年はまずベランダのスペースをリニューアルした。狭いながらも工夫次第で新しい遊び場になる。とりあえず座りやすくしたのと、電灯がつくようにした。(さらに寒くなっても使えるように工夫できないか思案中。)
 ちょっとした隠れ家になっていて、布をたくさん持ち込んで、なにやら話が盛り上がっていたりする。面白そうだったので、写真を撮ってみた。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日光土産

Photoシャボンズが修学旅行に行って、おみやげを買ってきてくれました。
シャボンズは橘小の男子が6人、お隣の末長小の女子が二人です。
学校が違うので、旅行の日程も別々。
でもおみやげのことは旅行の前にどこかで密かに話し合っていたようでした。
先に行った男の子たちが私にピンクのコーヒーカップ、一週間後に出かけた女の子たちがぶちに三猿のお守りと置物。
どうしてそういう分担になったのか分かりませんが、大事なお小遣いを出し合って選んでくれたんだなあと思うと
とてもうれしい。
クラスが違うからお土産売り場で集まったんだとか、売り場で待ち構えてみんなから集金して代表で買ってきたんだ、とか話してくれました。
ありがとうね。

奥日光はすごく寒くて雪もちらついたようです。
作文の宿題が出て悩んでいたので、“ここだけの話”っていう題で男たちの部屋で起きた事件とか書いたら?ってアドバイスすると、にやにやしていろいろ教えてくれました。
夜の部屋での裏話はたいそう傑作でしたが、それはいくらなんでも作文には書けないって。(^_^;)

卒業を意識し始める11月半ばです。
(さぶ)


| | Comments (1) | TrackBack (0)

第8回かわさきこどもまつり

かわさきこどもまつりに参加してきました!
多摩区の小学校を借りて、毎年この時期に開催しています。
もう8回目!
大人たちが様々な遊びのコーナーを作って子どもに提供します。

Photo_2ハンターたち。
遊びのコーナー特設タイムに“逃走中”のゲームがあり、オカリナの父たちもこんな風に参加してくれました。
これが子どもに大ウケ。
時間前からたくさんの子が楽しみに待っていました。

Photo_3最初のハンターが子どもをつかまえに出動してから1分30秒後に次のハンターたちが投入されます。
子どもの悲鳴と喚声、見ている人たちの笑い声と声援。
子どもは鬼ごっこが大好き。
子ども「あー、楽しかった!」
ハンター「ああ~しんどかった。」
昔子どもだったハンターたち、ありがとう!!

Photo_4ハンターたちは焼き鳥も焼きます(^^;)
遊びのコーナーだけでなく、模擬店の方も大賑わい。
オカリナの炭火焼き鳥はおいしいと大評判で行列が絶えず、焼き場は大忙しでした。
お父ちゃんお母ちゃん、ありがとうございました!


Photo_5・・で、こっちは学童保育連協のうどん屋さん。
かつおと昆布と煮干しでていねいに取った本格出汁のうどんつゆはそこら中にいいにおいを漂わせ、こっちの行列もなかなか途切れませんでした。
調理場はてんてこ舞いで会長出動。
連協はこどもまつり実行委員もしています。
役員、この日は早朝から立ちっぱなし、動きっぱなしでした。
お疲れ様!


Photo_6お昼の団体紹介の時にオカリナは高学年が♪世界の約束♪をお客さんたちの前で演奏しました。
高い空に良く響いてきれいな音色でした。
素敵な秋の一日でした。

みなさん、本当にありがとうございました。
こどもまつりのことは連協ニュースでまたお知らせしますね。
(さぶ)


| | Comments (1) | TrackBack (0)

ベーゴマ

Photo「強いベーゴマを作ろう!」と、宮田名人がやってきた。
上手に削ってバランスのいいベーゴマにしよう、ということでみんな自分のベーゴマをゴリゴリしてます。
1年生は初めてベーゴマを削るのがとてもうれしい。
女の子たちも一生懸命です。


Photo_2川崎ベーゴマ大会も近い。
宮田さんはオカリナっ子たちに活躍してほしいので削り方を丁寧に教えてくれます。
「みやたさんみてみて!」と子どもたちが見せに来るたびにおお、いいねえ。あとちょっととがらせてみな。
なんて言ってくれる。

日本の学童ほいく12月号の“ずいそう”日三鋳造所の辻井さんが書いています。昔からずーっとベーゴマを作っているただ一つの工場。(宮田さんの店はここのお得意さん。)
ちょうどオカリナでベーゴマ熱が上がってくる時期だからナイスタイミングです。
辻井さんがどうしてあんまり儲からないベーゴマを作り続けることになったのか。
今月号はその前編でした。
来月号が楽しみです。
子どもたちに読んで聞かせてあげようと思っています。
(さぶ)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

全国研…学童保育の原点

ポケットの かぎがなくなって

泣いてママの帰りを

またなくってもよくなった。

ひとりで 公園で ぶらんこと

あそばなくてもよくなった。

宿題も わすれないで できるんだ。

がくどうほいくって いいなあ。

もう ぼく

かぎっ子じゃ ないんだね。

 元全国連協会長の大塚達男氏(故人)が、「学童保育と子どもの成長」(1986年出版)に紹介した4年生の作品です。学童保育の原点じゃないかなと思う作品です。そして、全国研も学童保育の原点なのだと思っています。地域とともに、状況もまるで違う学童保育関係者が集い、思いを語る。

 第45回全国学童保育研究集会(千葉県10月30-31日)が、終わりました。1日目は台風が迫ってくる中で、どうなるかと思いましたが4200名を超える参加があって成功を収めたと思います。オカリナ関係者では、指導員を入れて10名の参加でした。なかなかの参加だと嬉しく思っています。そして、同じ分科会に出ないように、9つの分科会に分かれて参加したことがさらにオカリナの父母の偉いところ。(私が世話人をした分科会に、お父さんが一人参加で9分科会。)うーん、どんだけまじめな参加なんだろう。

 参加費はオカリナの研修費から負担していますが、初参加の母は、お金を払ってでも参加するべきと力説していました。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | December 2010 »