« February 2011 | Main | April 2011 »

3月22日(火)

Photo午前中、6年生が集まって卒業に向けての取り組み。
他の子たちがまだ学校に行っているこの期間はとても貴重だ。
卒業の会で読み上げる作文を書いたりオカリナの練習をしたり。
・・・それにこの4.5日で一段と親しくなる。
6年間の最後にもらえる、自分達だけの時間。
どうしてもいろんな話に花が咲くのはまあ仕方ない。


Photo_2低学年達が後から帰ってくるなんてあまりない。
それでずらっと正座でお出迎えしようということになったらしく。
「お帰りなさい、ご主人さまー」
と6年生に大きな声で歓迎されてどうしていいやら分からない。
うれしいけどリアクションに困る・・みたいな?

しかし・・この大荷物ってどうなの?


Photo_3お弁当を食べ終わったら班ごとにお弁当箱を洗う。
洗う人、すすぐ人、拭く人、パーツを組み立てる人・・
それぞれ分担して流れ作業。
この時期になると1年生も上手にできるようになる。
これは班長さん。
テーブルを拭いて片付けてパーツの組み合わせ担当。


Photo_4夕方、なぜか騎馬戦が始まった。
いきさつは分からないけど気がついたら始まっていた。
1回戦終わるごとにじゃんけんで組み分けを替えて戦いを楽しんでいました。


3砦では3年の男子が集まっていた。
せまい中で長い間なにをしていたのかな、おもしろそうだね。
シャボンズみたいにずっと一緒に大きくなってね。
(さぶ)


| | Comments (1) | TrackBack (0)

卒業活動

卒業式の翌日、朝から集まったシャボンズ。
なかなか全員集合できなかったが今日は8人そろった。
オカリナを卒業するまでにまだやることがたくさんある。
まずは【大震災に思うこと】で意見交流をする。
「卒業式が中止になったってテレビで見てかわいそうになった。」
前日自分達が華やかな卒業式をして皆に祝ってもらっているだけに最初に出たのはそんな感想だ。
避難所生活のことや、帰る家はもうないんです、と言った人たちの思いを考える。
お風呂掃除をするときに、こんなに水を流しちゃっていいのかと思った、と言う子もいた。
私も何ができるわけじゃない。
せめて「募金・節電・買い占めない」 で日常の生活をしていくだけだ。
粛々と、謙虚に誠実に仕事をするだけだ。
何をするにも思いを込める、それだけだ。

Photoミーティング。
地震の日にやるはずだった“はじけて遊ぼう”の4年生分をどうするか?
自分達で計画したシャボンズフェスタ、そろそろちゃんと決めないと・・。
急がないとならないものはあるけれど、とりあえずみんながいるのがうれしい。
全員そろってるといいよね、話が見えて。
指導員の言葉に全員「うん。」

Photo_2やっぱり!
朝食抜きで来ている子がいた(~o~)
ご多分に漏れずこの近辺でも買い出しパニックが起きているわけで、食材買いも不便だ。
それで今日の朝食サービスは勘弁してもらったんだけどね。
で、昨日のおやつを出したりして。
こんなこともあろうかと(6年生がいなかったから)その分は取っておいたんだよ。


Photo_3ミーティング後は、卒業の会で演奏するオカリナの練習。
これもそろってやるのは初めてだ。
♪グリーンスリーブス をやります。
有名な曲だけど
誰も「聞いたことない」と言ってた。
そんなものかなあ。
「うちのお母さんが小学校の時の下校の曲だったんだって」
おお、いいじゃん、がんばろう。

Photo_4 そしてダンス。
こっちはだいぶ前から女の子を中心に進めてきていた。
カリナの下でそれなりに練習してたようだけど、まだまだ練習が必要だね。
連休明けから、また気合いを入れていこう。
話もたくさんしながらね。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3月18日

小学校は今日が卒業式。
5年生が在校生代表で出席、4年生以下は9時ごろ下校となる。
Photoお弁当を食べ、6年生が来てくれるのを待っていた子どもたち。
最初にやってきた子にまとわりつく。
「わぁかっこいい!」
「おめでとう!」
「ねえ~昨日の猿のまね、やって。」←意味不明

Photo_2次々に親子でオカリナに寄ってくれた。
女の子達は袴姿。
聞いてはいたけど驚きだ。
すっごくかわいいね!ということで
男の子と記念の一枚。
今や袴って女性教師だけのものじゃないんだなあ。


Photo_3腕組んで、のリクエストに素直に応じる。
「こんなのもう一生ないかもな。」なんて言う男子もかわいい。
照れるねえ、でもうれしいよね。
6年間のつながりの良さがにじみ出るショット。

「オ、オヤジたちもいいですか!?」とうらやましがる父達のオネガイも聞いてあげていましたよ。

Photo_4晴れ姿のシャボンズに大喜びのオカリナっ子たちと写真をとり、そして親子での記念写真。
卒業おめでとうございます。
入学式の帰りにもここに寄ってくれましたね。
この子達の6年間をいろいろ思い出すことでしょう。
これからもずっと家族ぐるみで仲良くしてほしいです。

Photo_5記者会見みたいに大人達が写真を撮りまくっていたら、卒業生が突然やってきた。
シャボンズのいっこ上の中1。
この来訪にはシャボンズが歓喜歓声。
「いやあ、今日は卒業式だなあ、と思ってさ」
そしてこんな風に記念撮影に参加。

Photo_6シャボンズ達が帰った後も、ずっーっと一緒にいて公園でサッカーしたりドッジボールしたり、おやつ食べたりお相撲取ったりしてくれました。
帰りの会で
「久しぶりに来たらオカリナが小さく感じました。」
他の4人は何度か顔を見せたけど、あなたは卒業後初だものねぇ。
全然来ないからだよっ!
それに・・体も心も大きくなったからだよね。
「またちょいちょい来ます。」
うん、おいでね。
(さぶ)


| | Comments (1) | TrackBack (0)

3月17日

3給食も終了し、学童で遊ぶ時間がたくさんある。
長く遊んでいると・・まあ諍いも起きる。
ドッジボールリーダーの3年男子。
公園で低学年練習をした後、天下ドッジで遊んでいたらしいがいつしかけんかとなり、泣いた泣かせたの騒動勃発で急遽ミーティング。
男子1「はじめはさ、楽しかったんだよ。」
男子2「そうそう、でもね、集中ねらいとかするから怒ったんだよ。」
男子3「おれ、やられたもん。」

Photo6年生のおやつリクエスト第2弾はラーメン。
ラーメン大王の異名を取る男子の希望。
チャーシューを売っていなかったのでから揚げをのせたら喜ばれた。

※「とにかく、灯油・ガソリンが不足。学童の子どものおやつもチョットだけ。買出しも車で行かなければならないが、ガソリンがない。灯油がないために室内もジャンパーを着て過ごしている。子どもたちは在籍の半分以下の出席。これもガソリンがないために、親が迎えにこれないため。」という岩手の指導員の話が伝わってきています。
今日のオカリナだよりに載せ、全体メールで流しました。


Photo_2卒業の会で演奏するオカリナを練習する6年生。
♭がいっぱいついてる楽譜に戸惑いながら、何度も繰り返す。
何を思いながら吹くのだろう、当日の音色に期待している。


Photo_33年生と6年生がこんな風にじゃれ合えるのは学童保育だけなんじゃないか?
恥ずかしがりで引っ込み思案だったのに、今ではお兄ちゃんにするみたいに飛びついたりする。

3月17日、小学校の卒業式前日。
(さぶ)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

3.14将棋大会

計画停電予告や、JR線運休の影響なのか、月曜の朝突然、市内の小中学校が休校になりました。
午前7時半過ぎの連絡は遅すぎる。
働く親たちは大慌てだったことでしょう。

オカリナもすぐに対応、子どもたちを待たせることなく開室できました。。
学校が休みになったのはどうしてなのか、朝の会で指導員から聞きはしても、子どもたちにとって、休みはやはりウキウキするよう。
長いこと閉鎖されていた公園の工事が終わり、予定より早めに開放となったのも嬉しくてほとんどの子たちは外に出て行きます。
しかし休校の理由や被災地のことを思うと、今日くらいはあまりきゃあきゃあ大騒ぎをしたりボール遊びで興奮する様子を見たくないような気持ちも指導員にはありました。

Photo午後、3年生の子が将棋がしたいと言い出しました。
そうだよね、12日の大会も中止になってしまったから今日オカリナで将棋大会をしようか、ということに。
将棋が大好きな彼は紙と鉛筆を持って参加者を募ります。
ぶちも入れて11人の男子がエントリー。

Photo_2“震災にあった子どもたちにエールを送る大会”としました。
真剣な目でよく考える。
心を落ち着けて、駒を動かす。
礼儀をただす。
・・・そんな自分でいる時間を今日は少しでも多く作ってやりたいと思いました。
(女の子たちは静かにミサンガを編んでいました。)

2_3参加賞は“歩”のストラップです。
将棋は歩から、という大山名人の言葉をぶちが教えてくれました。

嘆きと悲しみ、絶望から立ち直っていくとき、それは必ず一歩ずつからだと思って。
3か所の縁には「2011.3.14」「将棋大会」「願・幸」と記しました。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

地震!②                                   ~3.11東北地方太平洋沖地震M8.8~

「未曾有の国難」と会見の冒頭に官房長官が言った。
こうしていてもまだ地震速報が流れる。そして揺れを感じる。
テレビではあれからずっと災害情報のみの放送だ。
次々と被害の大きさが報告される。

Photo昨日のオカリナ。
砦に避難しているところ。
強い余震を何度も感じた。
ラジオでは宮城県沖が震源だと伝えている。
そんな遠くの地震をここでこんなに強く感じるなんて・・。
大変なことになった。
学校にいる子たちはどうしているだろう。
間違いなく緊急時だ。


3113年生以上の子たちは課業時間中の出来事だった。
学校からは何の連絡もない。
しばらく待機ののち、頃合いを見て第1次避難場所の校庭に迎えに行き、オカリナに引き取る。
職場が近い親は早い時間に迎えに来られた。
次々にやってくる親から外の様子を聞いたりラジオで情報収集したり。
鉄道が全部ストップ、と分かったところで長期戦を覚悟。
6時、今日のおやつメニューで用意していたとろろご飯と野菜スープを夕飯にすることに。
キャンプみたい!と非常事態にはしゃぎそうになる子どもたちの気持ちに釘を刺す。
きっと大きな災害になる。
興奮してはいけない、喜んだりしてはいけないのだ。
でもおなかぺこぺこだったからおかわりもたくさんした。

311_2水道とガスは大丈夫だったけれど停電は実に7時間に及んだ。
電気に頼る生活にはなかなか応える。
でも以前停電したときに必要を感じて買ったランタンが活躍した。
小型のはキャンプ用に買ったもの。
これもけっこう明るい。一つはトイレに点けたまま置く。
明かりって大事だ。子どもの気持ちも全然違うと思う。

311_3夜になり寒くなってきたので
格闘マットの上に毛布などを敷いてみんなで集まりふとんをかけていたらみよママが自転車で駆けつけてくれた。
あったかくした湯たんぽを二つ持ってきてくれた。すぐに布団の中に入れた。
うれしかった。
お母さんやお父さん達は職場から歩いてオカリナに向かっている。
多摩市や渋谷から、遅くなりそうです、とメールが届く。
子どもたちは大丈夫だからね。
どうか気をつけて。

311_4寝る頃に、寒くないかと心配して寝袋を届けてくれたお父さん。
石油ストーブを運び込んでくれたお父さん。
ビスケットやジュースも届いた。
子どもたちが怖い思いをしているんじゃない?何か手伝うことない?と駆けつけてくれたお父さん、心強かった。
本当にありがとうございました。
おうちの人が迎えに来るまでみんな安心してあったかい布団でぐっすりだった。

被災地のことをかんがえると胸が苦しくなる。
学童っ子たちはどうしているだろう。
寒いだろう、お腹すいてるだろうな。
指導員達は?父さん母さん達は?

オカリナっ子の父さん母さん達の中には東北地方出身者がたくさんいる。
さぞかし実家のことを案じていることだろう、親戚の安否を心配しているだろう。
どうかどうかご無事でいてほしい。

あまりの大災害に昨日から心がずっとざわついている。
(さぶ)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

地震!

 大変な状況が続いていますが、オカリナっ子、親子には大きな被害はありませんでした。(帰宅難民はたくさんいましたが…)昨日予定していたアンサンブル会(父母会)、今日予定していた将棋大会などは中止にしました。(海老名の学童の方で、参加しようかと連絡いただいた方、連絡できずすみません。)
 いつが最悪かわからないけど、学童保育的には(学校的にもか)1,2年生の下校が始まっていたころの時間で、対応が難しかったです。オカリナに居る子、道の途中の子、学校に居る子がいました。何ができるか?瞬間的に考えながら対応するしかありません。
 しかし、オカリナの建物に被害が無くて本当によかったと思います。たくさんのフォローがあって助かりました。地震から7時間停電してて、暖房がないとわかると石油ストーブや寝袋の差し入れがありました。最終のお迎えが22時頃。夕食はおやつに予定してたトロロご飯をそのまま夕食にして、19人の子が食べました。夏のキャンプで使う電池のランタン合計8個もとても役に立ちました。
 東北の学童保育もたぶん子どもが帰りはじめた頃のはずです。被害がないことを祈ります。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ショッピングモール ~2010 ラスト~

Photo6年生にとって今年のイベントは何でも最後になっていく。
毎月やってきたオカリナショッピングモールも3月、これが最後。
お店屋さんになるのもこれが最後。
お客さんになって買い物をするのもね。

Photo_26年間のショッピングモールで少しずつ貯めたオカリナマネーがけっこうある。(2000オカリナ以上持っていた子も!)
それでそれぞれの残高に見合った品物の注文を受け付けて、指導員が用意してみた。
で、6年生専用コーナーができた。
体力作りの器具、変わった貯金箱、図書券、おやつのおかわり大盛り券、いちごのケーキ、ネックレス、ドクターグリップのシャーペン・・・
(メーカーや店舗指定など、あまりにピンポイント過ぎて用意しきれなかったものもあったけど。)

Photo_3みよママはイチゴケーキのリクエストに応えてイチゴタルトを2ホール作ってくれた。
1ホールは注文した6年生に500オカリナで販売。(安っ!)
もう一つは切り分けてみんなに販売、大人気。
6年生用に焼いてきてくれたディズニーのキャラのマドレーヌは下級生達にうらやましがられていた。

楽しかったね、よかったね。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんな二人

Photo_35年生と1年生。
プロレスごっこの途中。
力の差はあっても、胸を借りる感じで挑んでくる1年生をまあなんとなくだけど、かわいいヤツ、くらいに思っているときもある。
しかも二人は同じ名前なんだ。
(字は違うけど。)


Photo_4寒いベランダで6年生と2年生。
二人は毛布にくるまってこんな風にずっと話してましたよ。
時折クスクス笑い合ったりして、何を話していたのやら。


6年生までいるからこその2ショット。
オカリナっていいな。
学童保育っていいなあ。
(さぶ)


| | Comments (1) | TrackBack (0)

おやつリクエスト

Photo何をしているところでしょう。
さっきからずーっとこの後ろ姿。
台所のテーブルに乗りだして何かをのぞき込んでいます。
とても熱心なおしりの感じ。


Photo_2はい、そうです。
みよママのおやつ作りの様子をじっと見つめる低学年達なのでした。
「いいにおい、いちごのにおいだね。」
「すごくおいしそうだねー」
「みよママ、なかなかやるな。」
み「そう?ありがとう。(笑)」


Photo_3今日のおやつはいちごのパフェ。
6年生のリクエストメニューです。
卒業する前にみんなと一緒に食べたい、好きなおやつをリクエストできるのです。
今日はその一日目。


Photo_4いちごが超大好きな彼の希望は①いちごをたくさん または②いちごのスイーツ。
たくさん、というのは予算的に大変にだけど、こんなかわいいパフェにしてもらってよかったね。
いちごとゼリーを増量してもらい、もうにっこにこでした。
誰よりも時間をかけて味わっていましたよ。
(さぶ)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

雛の日

桃の節句に毎年必ず出してもらえて私の年老いた雛人形も喜んでいると思います。
Photo_53月3日の今日、特別なことはしなかったけれど、近くにい女の子たちと写真を撮りました。
あえて・・女らしく育ってほしい、と思います。
“らしく”が何なのか。
人間らしくとか自分らしく、とどう違うのか?
大きくなりながら一緒に考えていけたらうれしい。

Photo_6で、記念撮影が終わると靴下をぬいで男の子たちの乱闘現場(^^;)にいきなり乱入。
ええ~?(~o~)
ちょっと引いた男子が1対1の格闘にしよう、と提案したら、じゃ、女子対男子ね、ということになったらしく。
(それも ええ~?(゚0゚)なんだけど・・。)
向こうで遊んでいた1年生もすぐにやってきて女子集合。
勇ましく男の子と激突するのでありました。

女らしい、とは勇ましさ、たくましさでもあるのさ。(^_^)v
ビバ、ひなまつり!!
(さぶ)


| | Comments (1) | TrackBack (0)

シャボンズ会議の朝ご飯&シャトルシェフ

土曜日はシャボンズ会議。
会議の前に腹ごしらえ、ということで今日も朝食の大サービス。
Photo_3冷凍庫に豚肉があったので豚丼にしてみた。
朝からどんぶり物ってどうなの?って疑問は無用、問答無用。(^_^;)
まあよく食べます。
高学年旅行からもう1週間も過ぎたのかぁー、なんていろいろ話ながらみんなで食べる朝ご飯。

Photo_4今日はセルフサービスで、としておいたら欲張ってこんなに盛った人。
「おまえ、肉のせすぎだろ!」
「ちょっと!あとの人のことも考えてよっ。」
「もう具があんまり残ってないじゃんか!」
と叱られていました。

Photo_5いただきますから片付け終わりまでの時間は30分。
1年生の時から、ここで何度食器を洗ってきただろうね。
大きくなったなあと何度も思うし、つい口に出てしまう。
体だけじゃなくてね。
6年生だけの時間はとても貴重だ。
早く片付けて今日の話し合いに移ろう。
今日の議題もたくさんあるよ。


Photo_6『シャトルシェフ!シャトルシェフだよ、シャトルシェフ』
【解説】シャトルシェフがオカリナに来た至福の心持ちを詠んだ。
詠み手がこの上ない喜びを表現しようとしたが、これ以外の言葉が思いつかなかったものらしい。芭蕉作と言われる“松島や・・”に次ぐ優れた一句。

すっごく優秀な保温調理器。
煮立ったら火を止めて保温器の中に入れてほっておく。
それだけで隅々まで熱が回り、すっかりおいしくできあがります。優れものですよぉ!
最近おやつの汁物や、暖かいうちに食べて欲しいものはシェフのお世話になってます。
最大8リットルサイズ!こりゃけっこう高かった!
でもホント、使えます!
豚丼の具もこれで前日に作ったのでした。
(さぶ)


| | Comments (1) | TrackBack (0)

卒業を意識するころ

P1040942 6年生と4年生、ちょっと微妙な年の差でうまく関係が作れないときもある。4年生は6年生にあまえるっていうのでもないしね…。でも、もうすぐ卒業ってことを意識すると、お互いに少し歩み寄ろうみたいな感じがある。4,5年生が膝に乗ってきたらはねのけそうなもんだけど、ま、いいかと6年生も思うらしい。…たぶんね。(~_~;)(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

はじけて遊ぼう、シャボンズと!!(1年生)

“はじけて遊ぼう”の1年生の日がやってきました!
楽しみでたまらなかったんだよね。

3日前に1年生会議を開き、6年生に一緒にしてほしい遊びを話し合いました。
それを紙に書いておねがいします、って渡しました。

そしてその日はやってきた!
Photoまずは・・にらめっこ!
6年生対1年生で2回ずつ勝負です。
1年生が一生懸命いろんな顔をするのでシャボンズは2度しか勝てませんでした。
次は・・息止め勝負。
これも口を閉じて頑張っていると、つい吹き出しちゃうシャボンズが完敗。


Photo_2じゃんけん列車もやりました。
1年生が負けると6年生はおんぶや肩車をしてくれました。
勝つと、前にだっこして歩いてくれました。
じゃんけんに負けると「うわぁぁっまけたぁぁ」と大げさに転がって悔しがったり、おもしろい6年生だねぇ。
さあ、メインの“なっとうねばねば”です。
この遊びは人気だけどとても激しい。
まさか1年生がリクエストしてくるとはね!(全体でやると泣いたりするしさ。(^^;))
それでも納豆になった子は、6年生とがっちり腕を組んでお箸役の敵に絡め取られないように頑張ります。

今日のはじけて遊ぼうはとにかく笑い声と喚声がハンパなくて、大盛り上がり。
他の学年の子たちがみんなうらやましそうに見ていました。

Photo_3次はカルタなんだよ。と1年生が言い出すと6年生、「ね、格闘やろうよ。」
1年生のリクエストに格闘はないんだけど・・
指「どうする?やる?」
1年「うん、やるっ!」
なてわけで、3人を相手にする男の子も。


Photo_4いくらガタイが大きくても、両足を持ち上げる戦法には「ええ~マジ?」
と、四苦八苦。
「そうだ、いけ○○!もっと押せ!持ち上げろ!」
「うわ~やめろぉっ!てかなんでおまえは1年を応援すんの!?」
とゆかいな仲間割れ。

16本当に楽しそうで嬉しそうでした。(お迎えが来ても帰ろうとしなかったり・・おばあちゃん、すみませんでした。(-_-;))
その学年を楽しませる、自分たちも思い出に残る日にする。
という目的が果たせたようです。
次は2年生が待っているよ。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »