« アンサンブルな人々(39) | Main | 6月の月曜日 »

将棋についてあれこれ②

 宮田さんが、中国から将棋が強い女の子が来ていて話題になっているというのでなんだと思ったら、クローズアップ現代にでてた。なるほど、中国で見直されているというのは意外だった。そもそも、将棋ってインドを発祥として中国を通って、日本にやってきたと言われている。将棋とそれ以外(チェスやシャンチーなど)の大きな違いは、取った駒が使えないこと。(日本の古い将棋も取った駒は使えないけど。)その分、日本の将棋は変化が多彩になる。これって、戦国時代の殺さないで味方に引き入れるみたいな文化らしい。(農民まで手を出さないみたいなことか・・・。)

 将棋は日本独自の文化なんだけど、囲碁は中国、韓国が盛んで、日本は陸上の100m走的な感じでちょっとの差で及ばない状況が続いていると聞いている。囲碁はちゃんとやったことがないのでぜんぜんわかんないんだけど・・・。(~_~;)

 前回書いた名人戦の優勝賞金は、2500万円らしいです。(正確なのかちょっと確かめてないけど。)(ぶち)

|

« アンサンブルな人々(39) | Main | 6月の月曜日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 将棋についてあれこれ②:

« アンサンブルな人々(39) | Main | 6月の月曜日 »