« November 2011 | Main | January 2012 »

けん玉交流

では、2011年の最後に保育園での交流報告を。
Photo幼児さん60人がオカリナっ子たちを待っていてくれました。
自己紹介をして、けん玉の技を一つずつ見せていきます。
1年生から始めて、だんだん大きい子たちが有段者のすごい技を紹介しました。
先生たちと園児たちは、どの技にも大きな拍手をくれました。
「すごーい!」
「かあっこいい-!」
と感激の声も拍手に交じり、オカリナっ子のほほも紅潮。


Photo_14Photo_3
そして、年長さんにけん玉の指導です。
マンツーマンで教えます。
まずは名前を覚えて、名前を呼びながら教えるんだよ、とだけ話しておきました。

Photo_4Photo_5
はずかしがっていたのは最初だけ。
手を添え、膝をついてけん玉の持ち方から。

5歳児はけん玉教わりたいっておもうかなぁと少しだけ心配していましたが、かっこいい技をたくさん見たためか、
一生懸命にオカリナっ子の言うことを聞いて、その通りにしようとがんばります。

Photo_8Photo_15
教える方もそりゃあ一生懸命です。
自分が知っている言葉を駆使して、どうにか相手に伝わるようにコツを伝授します。
「そうそう、ひざをこうやって曲げながら、ね。」
「あっ、おしい!今できそうだったね!」

保育園の先生たちがそれはそれはほめてくださいました。「こんなに優しくちゃんと教えてもらえるなんて、びっくりしました。」
「いつもは聞かない子が、あんなに素直にがんばるなんて感激です。」
「保育園にいたときとは全然違うので驚きました、オカリナで本当に成長しているんですね。」
指導員もうれしい交流でした。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011年末雑感

 けん玉大会も無事に終わり、28日は近所の保育園でけん玉の技を見せてほしいというので19人のオカリナっ子とさぶと行ってきました。その保育園を卒園した子が何人もいたこともあって、保育園の先生たちも子どもたちも大歓迎してくれました。
 そして、技を順番に見せたのだけど、一つひとつの技に大歓声をもらう。見ている僕自身も嬉しくなるぐらいだから、やった子たちはもっと嬉しかったに違いない。

 なかなか学童保育の価値を表現するって難しいことなんだけど、一人ひとりの園児に教えているオカリナっ子を見てもらえれば、なるほどってたぶん思ってもらえるのではないだろうか。そこに行き着くまでの過程の幅広さや深さを・・・。

 今年は東日本大震災があって、地域のつながりの大切さが再認識された。でも都会において、向う三軒両隣の付き合いって難しい。しかし、学童保育の子どもを通してのつながり、仕事を飛び越えたつながりはそんなことの一助になるのではないかと思う。

 来年はどんな年になるか・・・。
 社会的には平穏ではないだろうけど、豊かな学童保育をつくっていきたいと心から思う。

 今年もお世話になりました。来年も学童ほいくオカリナをよろしくお願いいたします。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンサンブルな人々(41)

Photo_5前日に下ごしらえや買い物をし、クリスマスディナー作りは当日の朝から始まりました。
煮込みハンバーグ、ミニオムレツ・・キチンライスおにぎり・・・
母「今年はガッツリ系だね-。」
指「あー、いいにおいー 今すぐ食べたいっ」
このごちそうパックと、かわいいチョコプレートといちごがのった、クリスマスケーキもつくんです。

そして、調理班がかいがいしく支度しているとき、会場では飾り付け班も忙しく立ち働いているのでありました。

Photo_6ななほしさんは今年も素敵な読み聞かせを用意してくれました。
クリスマスのお話に、お餅つきの話。
親も子も聞き入ります。
大型絵本の登場は、みんなをあっと言わせました。


Photo_7父さん母さんたちからは、バンジーチャイムの演奏。
真鍮でできた、いろんな長さのスティックを床に落として音を出すのです。
母「なんの曲かな、当ててね。」
みんなが耳を澄ましたところに響くきれいな音色。
これまた素敵で、アンコールが。
初めて見ました。


Photoそして・・やつらは今年もやってきたのでありました。
子どもたちの大事なプレゼントを奪おうとする、あの悪いやつらです。
きっと来るだろう、と子どもたちも確信に近い期待感いっぱいで待ち構えます。
子「うわぁぁっ」
子「やっぱ出たー!」
悪者「今年もプレゼントをいただきに来たぞ!」
子「だめーっ」
と、いつものやりとり。
それがまた楽しいのであります。

Photo_86年生の活躍で悪いやつらを撃退。
いよいよお楽しみのこの時間です。

オカリナサンタが姿を現すと、大歓声。
オカリナっ子へのプレゼントを手渡ししてくれます。
早く自分の名前が呼ばれないかなぁ、ってみんなどきどきして待っているのです。

このほかにも手作りお菓子のお土産をたくさんいただきました。
アンサンブルメンバーの皆さん、すばらしい会をありがとうございました。

子どもたち一人一人の記憶に残る、忘れられない思い出は、こんな風におおぜいの真心が作り出すものなんですね。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011オカリナクリスマス会

Photo時期が時期だけにインフルエンザなんかの流行が、とても気になるのですが、
今年も全員集合でクリスマス会を楽しむことができました。
オカリナのクリスマス会にはたくさんのお楽しみがありますが、まずは、出しものを披露せねば。
6つの班ごとに、高学年が中心となり、がんばってきました。


Photo_2そういえば、前日の帰りの会で、3年生が
「クリスマス会のごちそうはどんなのか今から楽しみです。早く食べたいけどその前に出しものをするから緊張します。」
なんて言ってたっけ。
5分間、という制限時間でアイデアを駆使します。


Photo_4あまりに長くて脈絡のない台本の手直しや、衣装、小道具製作は指導員もちょっとだけ手助けしました。
でも自分たちで作り上げたオリジナルの出しもの。
班のメンバーの心が一つになります。

当日は100人を超える参加者です。
リハーサルの時よりも顔が硬い子もいましたが、大人たちの惜しみない拍手や歓声、笑い声に子どもたちも
ひと安心。
上出来上出来。(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリスマス会前日

P1060882 クリスマス会の前日の土曜日、ほととぎす班は集まって出し物の最終調整。30分ぐらいだったけど、楽しくできました。正面からの映像は明日のお楽しみということで・・・。(^_^;)
 実行委員さん準備おつかれさまです。明日よろしくお願いします。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリスマス飾り

あんまり広いお部屋でもないので、季節ものの飾り付けはなるべく期間を短くしています。
でもクリスマスの飾りはおひな様や七夕より長め。
・・のつもり。(^_^;)
Photo_3今年の工作が並んだ週の土曜日に、ようやくツリーを出しました。
お迎えのお母さんが、
「ああ、うち、今年は出せそうもないわぁ。」
「ここ何年も家じゃ飾ってないな~。」
うんうん、わかるよ。仕事忙しいものねぇ。
オカリナで子どもと一緒に見てね。
これはツリーの根元です。


Photo_4棚も整理して卒業生の母さんが作ったサンタを座らせました。
隣の人形達は、うちの息子が幼い頃に作ったもので、もう20年選手です。



2工作で余った材料で、どんぐりのリースもいくつか作って飾ってみました。
・・・・「100円」のプライスカードを付けておいたら、二つばかり売れました。
運営資金の足しにします。
ご協力ありがとうです。(*^_^*)・・・・。
もうすぐオカリナもクリスマスです。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011クリスマス工作②

Photoずらりと並びました。
これが今年のクリスマス工作です。
キャンドルと、台を作るのですごく時間がかかりそう、と思っていましたが、みんなとても意欲的に取り組んでいました。
キャンド担当はぶち、台は私でしたが、全然写真を撮っている時間がなく・・出来上がりのみで失礼します。

Photo_2 どんぐりは前にも紹介した、2年生の祖父母からのプレゼントです。
そのほかの飾りは、工作ケースの中にあったものと、今回少し足したもの。
子どもたち、実にいろいろに工夫するものです。
どれもかわいく仕上がりました。
デコりすぎて・・・これ、ロウソクに火を灯したら燃え移るよね、絶対。(~o~)みたいな作品も。

何を作っても、本人がその作品を好き、ってことが一番ですよね。
クリスマス会の日、全部を会場に飾ります。
大人たちと一緒にながめ、家に持ち帰ります。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリスマス工作

P1060845 今年のクリスマス工作は、手作りロウソクと、その台。ロウソクは芯からちょっとずつ太らせていく方法で作ります。なかなか個性的なロウソクができました。
 完成品は、たぶんさぶが記事にしてくれます。(^_^;)(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

けん玉道場

P1060834 今年もタッチさんをお招きして第8回オカリナけん玉道場を開催しました。子どもたちは、苦手な技をじっくりと教わることができ、全体のレベルが上がります。(教え方も一流なので、指導員としても勉強になります。)1年に一度の子どもたちにとっての貴重な時間。心の交流があります。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

卒業前の約束

二人はやってきた。
約束通りやって来たのだ。
Photo中1。伝説のシャボンズの女子二人。
卒業する1、2ヶ月前に当時はまだ厚かった日めくりをめくり、11月30日の0の中に「来ます!」と書き入れていたのでした。
いやあ、よく覚えていたね、そして本当によく来てくれたね!
きっと忘れちゃってるよ、なんて思ってたんだけど。
一緒におやつを食べることになった班は大喜び。
いろいろ話したくて。
ちょっと気恥ずかしくて。

Photo_2でも制服の二人は、前と同じようにしゃべってくれて、掃除も一緒にしてくれた。
帰りの会では「また6年生に戻りたいです」なんて話してくれた。
そのあともたくさん遊んでくれた。
指導員もいっぱい話したかったけど・・・・がまんした。(~o~)
絶対また来てね。


Photo_3ちなみにおやつは野菜&玉子のスープとリンゴとトースト。
そのトーストを、彼はこんな風に食べるのだった。
2年生。
まずは耳からくるくると。
そしてやわらかいところをゆっくりとね。

おいしい?
と聞いたら、炭水化物(^^)を口いっぱいほおばりながら、こっくり頷くのであった。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2011 | Main | January 2012 »