« 天空の砦 | Main | ビー玉ロード »

天空の砦ができるまで

Photoロッカーの上の物をどけて、ガードと手すりを付けて子どもが上がって遊べるようにした。
子どもたちはとっても喜んだ。
でも、
ぶち「あの、上から覆っている白いやつ、あれじゃまだよね。」
さぶ「そだね、すれ違うときに首かしげながら遊んでるもんねぇ。」
ぶち「・・・・あれ、取ろっと。」
さぶ「おお~(そう言うと思った。)」

で、翌日のぶちはすごかった。
「あ゛~ 大工さんならどんな道具使うのかなぁぁぁっ」
とか言いながらのこぎりで、ごりごり。
場所が場所だけになんだか無理な体勢で無心にごりごり。
汗だらだらかいて「あっつー!」と降りてきて、
冷たい水をごくごく飲んでるときに撮った写真ですよ、これは。

昨日、学童保育の代表をしているというお客さんが県外からオカリナに来てくれました。
一歩オカリナに入ったとたん、
「わあ、ここは素敵ですね、とても。これはみんな作ったんですか?」
と、聞きました。

そうなんですよ。
狭いところをいかに楽しい居場所にするか。
子どもにとって魅力的なスペースを提供できるのか?
もうすぐ10年目を迎えるけれど、オカリナは日々進化しているのだ。
延べ床は少ないけど、子どもが遊べる面積はけっこう広いと思う。

お客さんは、帰りの会で、自己紹介をしながら子どもたちに
「みんなは当たり前のことと思っているかも知れないけれど、こんなにたくさん工夫してみんなのためにいろいろ作ってくれる指導員さんがいることを幸せなんだと思ってね。」
って話してくれた。
(さぶ)

|

« 天空の砦 | Main | ビー玉ロード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天空の砦ができるまで:

« 天空の砦 | Main | ビー玉ロード »