« 川崎みやげ | Main | マタキテネ »

ようこそオカリナへ

指導員研究会が2日目の午前中で終わりました。
で、そのあと、10人の指導員さんたちがオカリナを訪問してくれました!!
愛知と長野、それに新潟の指導員さんです。
「遠くの指導員に会えるから、きっといいことあるよ。日曜日に用がない子は遊びに来てね~」
と宣伝したら12人のオカリナっ子たちがやってきました。
こんにちは!
いらっしゃいませ!
休みの日にオカリナで遊べるからか、ちょっとテンション高めでお客さんをお出迎え。
Photoオカリナコンシェルジュの命を受け、いろいろな質問にお答えするオカリナっ子。
けん玉検定で使う数字札のことを上手に説明しています。
子「外に聞きたいことはないですか?」
お客「あ、じゃあこの紙はなんですか?」

Photo_2韓国の将棋を出してきて、遊んでもらっているようです。
本で指し方を確認しながら・・?
何を話しているのかな。
学童保育の指導員さんたちですから、オカリナに置いてあるものに何でも興味を持ってくれます。
特に遊びものやぶちが作った面白い仕掛けにたくさん質問が出ていたようです。

Photo_3将棋部の2年生は盤駒を抱えて、将棋やってください、とお願いしましたよ。
いいよ、と快く相手をしてくださいました。
結果はどうだったのかしら。
でも遠くの指導員さんと将棋指せるなんてめったにないよ。
よかったね。


Photo_4どんぐりクッキーを1枚ずつ配ってくれた3年生と2年生。
どうやって作るの?とでも聞かれたようで、二人は身振り手振りで熱心に説明しています。
この手つきは・・・炒ったどんぐりの粒を石臼で粉に挽くあたりの説明でしょうか・・・(^_^)
クッキーは朝からたくさん焼いたので、お土産にして差し上げました。
もちろん来てくれた子どもたちにも。


Photo_5高学年がオカリナを演奏し、リズムけん玉はみんなで披露しました。
しばらくやっていなかったけれど、まあまあちゃんと演奏していました。
リズムけん玉は人数が少なすぎるので迫力はなかったけれど、音楽がかかると自然に体が動いてちゃんと技を決めていました。
拍手もらえて、喜んでいただけてよかったです。


遠くからお越しいただきありがとうございました。

ぶちの特別報告では、その当時川崎で起きた、つらすぎて切なすぎる大人たち子どもたちの別れに改めて思いを馳せ、胸が痛くなりました。

でも学童保育は誰がどんな風になくそうとしても、なくなりませんでした。

誇りを持ってちゃんと学童保育をやること。
本物の学童保育にしていくこと。
それが指導員の仕事。
ぶちが話したとおりだと思います。
このオカリナで、私たちも一生懸命仕事していきます。
またお会いできますよう。
(さぶ)


|

« 川崎みやげ | Main | マタキテネ »

Comments

先日は見学させていただき、ありがとうございました。
オカリナとっても楽しかったです。まひろくん、ありがとう。
帰りの車の中で「私たちが子どもに戻って通いたくなるぐらいですよね」って連協のかたに言われ、子ども達の笑顔をまた、思い出しました。
また、合う機会もあると思います。僕も頑張ります。
それでは。  愛知県名古屋市志賀学童保育所指導員:薄

Posted by: うっさん | February 12, 2013 14:00

うっさん
土、日の指導員研究会お疲れ様でした。
コメント寄せてくれたのですね。
ありがとうございます。

指導員の仕事は、とても素敵なお仕事です。でも大変さもわかっています。だからいつも頭が下がる思いでいっぱいです。

まだもう少し寒い日が続きそうですね。
心・身体を大切に、子どもたちの笑顔に囲まれながら頑張ってくださいね。
応援してますよ!
また、いつかお会いしたいですね。

Posted by: 由香の母 | February 12, 2013 21:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ようこそオカリナへ:

« 川崎みやげ | Main | マタキテネ »