« July 2013 | Main | September 2013 »

8月の読み聞かせ

8月の終わり。
ななほしさんが来てくれました。
二つ目の絵本は、少女と愛犬の話。
戦争のときのお話でした。
しーんとして聞いていました。
Photoその日のうちに寄せてくれた、ななほしさんのコメントから。
「8月は戦争と平和についての本を毎年、紹介したくて、この本は今年の新刊です。
 戦争で愛犬と別れなければならないお話です。人間も動物も沢山、犠牲になりました・・・・・・」

犬と暮らしている子も多いので、もしうちの犬だったら、ときっと考えたことでしょう。
家族で読んでみるのもいいと思います。

そして、動物園で起きていたことも伝えていこうと思いました。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

8月の音読カード

Photo_21年生「さぶ、音読聞いて。」
指「うんいいよー。何読むの?」
1年生「もう自分で書いたから。何日とかもちゃんと書いた!」
指「そかそか、じゃ読んで・・・・」
とカードを見ると・・
8/32 8/33 8/34・・・と8月が限りなく続いているのでありました。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

8月の誕生日会

全員集合で8月生まれのお祝いをしました。
お祝いの出し物は8組が参加、合計31人がみんなの前で披露しました。
コントや人形劇、手品などなど。
1年生のデビューもあり、ビデオに専念していたので写真は数枚しか撮れず。
アンサンブルメンバーの皆さんにはいずれ動画映像でお見せできましょう。
Photo女の子はみんなでチアダンスっていうのかな、西野カナちゃんの曲にあわせて
元気よくかわいく踊りました。
夏休みから練習していて、男の子たちも指導員も楽しみにしていましたよ。
高学年が中心になって指導いていたようです。


Photo_2誕生日会のおやつ。
8月生まれは女子3人。
彼女たちのリクエストは、トーストの上にバニラアイスとフルーツをのせたもの(イラストにしてみよママに渡していました)でした。
しかしこの暑い時期なので、みよママ、あれこれ考えてトースト焼くのはやめにしてミニロールデニッシュを買ってきてくれました。
これは大正解でしょー!
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

初段合格!

Photo5年生。
けん玉検定にチャレンジです。
4月に準初段になってから、有段者を目指し(準初段は有段者じゃないんですよ)猛特訓を積んできました。
有段者になるには、それまでにない新しい技を会得しなければならず、準初段で足踏みする子が多い中、
本当によく練習していました。
今年一番練習している子だと思います。

2
宇宙一週とか うぐいすとか はねけんとか、今日はひとつひとつ集中して技を決め、見事に合格です。
検定は週に一度。
練習して検定に臨み、落ちてはまた練習して検定を受け・・・で、また落ちる、練習する、また受ける・・・
その繰り返しを何ヶ月も。
みんながその姿を見てきました。
なので今日の検定はみている子たちの応援やどよめきが大きかったです。

指導員もずっとその様子を見守ってきたので大感激。
おめでとう、ホントよくがんばった。

卒業したお兄ちゃんを追い越したい、っていう気持ちも相当後押しになったみたい。
早く二段を受けたい、と言っています。
有段者になると次の昇段審査まで一ヶ月の練習期間が必要になります。
応援してるからねっ!!
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

流しソーメン大会

Photo2
久しぶりの学校は楽しかったようで、みんな元気にオカリナに帰ってきました。

で、休み明けのお昼ご飯は流しそうめん大会!
恒例となりました。
どれだけ食べられるか!?
自分との勝負。
だから大会(笑)。

超高級麺をつるつるっと景気よくすすって、学校生活も勢いよく始めよう!!
毎日帰りを待っているからね。

今週いっぱい給食がないので
木曜日にもお昼ご飯を用意することにしましたよ。
母さんたちに喜んでもらえています。
おつとめ、ご苦労様です。
休み中のお弁当づくり、お疲れ様でした!
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぞうれっしゃのうた

市の広報だったか何かの情報誌だったかで、近くの会館で「ぞうれっしゃがやってきた」の合唱をやると知り、行ってきました。

8年前、神奈川で全国学童保育研究集会が開催されたとき、1日目の歓迎行事で地元神奈川の学童っ子たち1000人で大合唱したのがこの合唱構成曲でした。

当時全国研のステージに向けてオカリナでも思いのこもった取り組みをたくさんしていました。
象という、慈しみ深い動物との出会いも最初はこの歌からです。
今中3になった卒業生たちが1年生の時でした。

懐かしい気持ちとともに
あらためて心を動かされました。
11曲構成を全部聴いたのは初めてでした。
すばらしかった。
とくに軍の命令で動物を殺さなければならない動物園の園長のソロは胸をつくものがありました。
そしてやっぱり子どもたちの歌声には、大人に、いい生き方をしなければなあ、と思わせる力があると思いました。
思い出いっぱいの楽しかった今年の夏休み。
“休憩時間なし超長時間勤務”の最後に自分へのいいご褒美となりました。(さぶ)

当時のブログより↓
http://buchi.way-nifty.com/ocarina/2005/10/post_1a7f.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏休み将棋大会

PhotoPhoto_3
オカリナ将棋部主催、夏休み将棋大会開催中。
将棋部主将が呼びかけて、24人が参加。
総当たり戦なので、どの子も23回の対局をします。
最近始めたばかりの子から、毎週将棋部活動で腕を磨いている子まで、平手の勝負です。

3Photo_4夏休みも後半となり、全部の対局を終えた子も出てきました。
上位3位までには賞品が出る予定。
参加した子たちには参加賞の将棋の駒ストラップを作りました。
全対局を消化するともらえます。
夏の海の絵を描いてみました。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オカリナキャンプ2013 ⑩

Photo_5キャンプファイヤーの点火セレモニーです。
オカリナっ子たちに火を分けてくれたのは火の女神。
女神が来てくれたのは11年目にして初めてでした。


キャンプファイヤーの点火セレモニーは厳かに。
周りの大人や子どもたちもしんとして、班長と女神の語りを聞いています。


66年生。
兄弟とも違う、友だち以上の関係。と母たちが口を揃える仲の良さです。

とうとう最後のキャンプになりました。
5年間の経験と知識を、下級生たちのために惜しみなく使った3日間。
本当にがんばったね。
頼もしい6年生がいたキャンプを後輩たちは忘れない。
私も忘れない。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オカリナキャンプ2013 ⑨

ニジマスのつかみ取りはこどもたちに人気のプログラム。
毎年見逃せない大捕物帳が繰り広げられて楽しい。
でも・・なぜ取るのか?
食べるからでしょー。
そう、ニジマスの塩焼きが二日目のおやつ。
Photo_2Photo_3
おいしく食べるためには・・はい、自分で捌きます。
前もって説明してあっても、1年生にはこんなこと想像もつかないんですが。
それでも上級生達に
「気持ち悪いとか言ったらだめだよ。」
「大丈夫、こわくないよ」
などと励まされ、おそるおそるさっきまで元気に逃げ回っていた魚にさわります。
しっかり包丁を入れてはらわたや血合いを取り除き、きれいに洗ってから塩を塗り込む。
2年生もまだ新米の内に入るかな。
「かわいそう・・」とつぶやく子もいます。
ちゃんときれいに捌いてあげて、そのあとおいしく食べること。
そうすればかわいそうじゃないんだ。

Photo_4高学年になると、もう手伝いは要りません。
今まで教えられてきたとおり、落ち着いた様子で小さな命と向き合います。

キャンプでは一人一人の成長がものすごく感じられますが、この魚さばきもそんな場面の一つ。

お父さんたちが、いい炭で美味しく焼いてくれたニジマスを前にして言う「いただきます」 は、いつものとはちょっとだけ違うかもしれません。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

8月13日

8月も中旬になると、仕事がお盆休みになる父さん母さんたちが多くなります。
田舎に帰る家族もたくさんあり、オカリナにくる子がとっても少なくなります。
5今年、5年生の夏休み算数プリントは、前代未聞の多さ。
もう朝1時間の学習タイムだけでは終わりそうもない!!
で、今日は自主的に学習時間延長~。
ポストイットは指導員が貼った不正解のマーク。
「あー、めんどいー」
「あとは家でやるー」
指「親子げんかになるだけじゃん。オカリナでやった方がいいね。」

Photo午後からは、自由参加で工作タイム。
オカリナにはいろいろな材料があります。
指「何でも自由に使っていいよー」
子「なににしようかなー」
トンカチ使ったりのこぎり使ったり。

Photo_2Y字型の枝が気に入って
2年生「おれ、これカブトムシのツノにする。」
指「おお、いいじゃん。体になる板探してこようか。」
思わぬ大作ができあがり、満足満足。
子「これ、どやって持って帰るの?」


Photo_3「松ぼっくりのコマを作る」
と逆さにして一生懸命回していましたが、板の上に並べたら
「森の木みたい。」
路線変更して、“森に雨が降っているところ”


Photo_5Photo_6
“森の仲間”と“森の時計”?
仕上げのニスはこれからだけど、とりあえず完成のようです。
ドリルで木に穴も開けました。


Photo_7Photo_9
人数が少ないからこそできる夏の工作。
オリジナルアートに夢中になった昼下がりの2時間でした。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オカリナキャンプ 2013 ⑧

2_2キャンプ隊長が撮った、2日目の朝です。
自称雨男の隊長は、キャンプで雨が降ると、自分の責任だと思ったりしています。
天気が心配で、起きるとすぐ空を見に出たのでしょう。

朝日がきれいに差して、いい天気になることを約束しているようです。
こどもたちが遊びにくるのを待っている、静かなキャンプ場の河原です。


3_23日目の朝。
こどもたちが楽しみにしている最後の川遊びや、大人たちの撤収作業を考えたらやはり雨はno good。
自称雨男は今朝も早めに起き出して空模様を確認しにいったのでしょう。
この日の朝もやもオカリナキャンプの大成功を約束しているみたい。

写真に添えてあったコメント
「二日目と三日目の朝やけです
わたしにとっては奇跡的にキレイな景色で感動しました」
隊長、ありがとう!
隊長はきっと雨男じゃないと思います。
(さぶ)


| | Comments (1) | TrackBack (0)

おかえりっ!

Photo昨年度末に愛知県に引っ越してしまった仲間が、夏休みを利用して遊びに来ました!
朝から首を長くして待っていた子どもたち、彼が到着すると周りをわあっと囲みます。
指「ちょっとちょっと、麦茶くらいゆっくり飲ませてあげようよ。(^_^;)」
さっそく5年生が企画した歓迎会が始まり、1年生向けに紹介をしてあげたり質問コーナーの進行をしたりしました。

Photo_2彼は球技が大好きなんだから、やっぱ公園で遊びたい、とうことで、ドッジボール。
久しぶりに見るこんな笑顔にみんながうれしい。
引っ越すまでは毎日ここで遊んでいたんだものね。

55年の仲間たちと。
時期的に両親の田舎に行ってしまう子が多くて、全員集合とはいかなかったけれど、フレアーズの友情は変わらない。
今日から家族で旅行の予定だったけど、親に頼み込んで出発時刻を夕方までずらしてもらい、会いに来た子もいました。
そんな気持ちもうれしい再会。


66年生たちもこの日を楽しみにしていました。
「キックベースもやりたかったのにさ~」
「まいいや、あとで格闘しようぜ」

約半年のブランクは特になく、昨日も一緒に過ごしていたみたいにじゃれ合う高学年たちでありました。
本当に遠くからよく来てくれたね。
一緒に来てくれたお母さん、有り難うございました。
また会おうね。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

インディラ

P1100375 こんなところにいたのか・・・。

 国立科学博物館に遠足に行きました。ここに居るってずいぶん前から知ってたけど、ようやく会うことができました。戦後、象がみたいという日本の子ども達の思いを聞いたインドのネール首相が贈ってくれた象。移動動物園で全国を旅した象です。当時、ガンジーが暗殺され相当混乱していたはずのインドから日本は希望をもらったんです。ネールさんのメッセージを読んでみてください。(ぶち)

 皆さん。私は皆さんのお望みによって、インドの象を1頭皆さんにお送りすることを大変嬉しく思います。この象は見事な象で、大変にお行儀が良く、そして聞くところによりますと、体に縁起の良いしるしをすっかり備えているとの事です。皆さん、この象は私からのではなく、インドの子供たちから日本の子供たちへの贈り物であるとご承知ください。世界の子供たちは多くの点で似通っています。ところが大人になると変わりだして、そして不幸なことには時々喧嘩をしたりします。私たちはこのような大人たちの喧嘩をやめさせなければなりません。そして私の願いは、インドの子供たちや日本の子供たちが成長したときには、おのおの自分たちの立派な祖国の為ばかりではなく、アジアと世界全体の平和と協力の為にも尽くしてほしいということです。
 ですからこのインディラという名を持った象を、インドの子供たちからの愛情と好意の使者として考えてください。インディラは東京でたったひとりぼっちで、あるいは少し淋しがって遊び友達を欲しがるかもしれません。もし皆さんがお望みならば、インディラがこれから自分の住処としてゆく新しい国で幸福になるように、インディラの為にお友達の象を贈る事も出来ます。象というのは立派な動物で、インドでは大変可愛がられ、しかも賢くて辛抱強く、しかも優しいのです。私たちも皆象の持つこれらの良い性質を身につけるようにしてゆきたいものです。終わりに皆さんに私の愛情と好意を送ります。
 1949年9月1日 ニューデリー ジャワハルラル・ネール

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オカリナキャンプ2013 ⑦

Photo_11カートンドッグ。
2日目の朝ご飯です。
高学年は自分でマッチを使って火をつけてみました。
カートンが燃えて倒れたら、美味しいホットドッグのできあがり。
1本でもお腹いっぱいになりそうなのに、
あまりにも美味しくて、信じられないくらい食べたこどもたちでした。

Photo_9沢を登ります。
流れの速いところ、深いところ、大きな岩、コケで滑る岩。
大冒険です。
低学年も高学年に手を貸してもらい、隊員に励まされ、一生懸命歩きます。
途中、3メートルくらいの滝が立ちはだかり、命綱をつけてひとりずつ登りました。
あれはどの子も怖かったでしょう。
隊員たちが一番緊張した時間だったかも。

まず最初に滝の上に這い上がりロープをセットしたぶちに感動でした。
あれ、普通じゃ登れないよ~。
驚異の身体能力!

とにかく沢登り映像は圧巻です。
アンサンブルメンバーの皆さん、キャンプビデオ上映会をお楽しみに。

Photo_8キャンプでお誕生日を迎えた2年生をみんなでお祝いしているところ。
キャンプ場でみんなに歌ってもらった♬ハッピーバースデーはきっと忘れられないね。
おめでとう!!

夜の散歩もダイナミックな川遊びもキャンプファイヤーも・・
ニジマスつかみもニジマス捌きもさばいたニジマスの塩焼きを丸ごとかぶりついたのも・・・
不便なバンガローでの生活も・・・
チャレンジと冒険と友情にあふれた感動的な3日間でした。

全員我が子、と真剣に関わってくれたキャンプ隊員たちの大きな愛に心から、心から、心から感謝。
2日目から駆けつけくれた大人たちの応援にありがとう!
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オカリナキャンプ2013 ⑥

ではキャンプ報告!
私はビデオ担当なので、キャンプ隊員1号(背が大きい順、の場合)が撮ってくれた写真をお借りしましたよ-。
Photo今年は集合駅から自分の荷物を背負って電車に乗り込みました。
出発から約3時間。バス停から歩いてキャンプ場へ。
1年生も大きな荷物しょって黙々と歩きました。
えらいえらい。
これは第1つり橋。
もっと古くて揺れる第2つり橋を渡るとキャンプ場です。


Photo_3船のレース。
班長たちがスタート地点に集まりじゃんけんでコース取り。
キャンプ隊員も“アンサンブル号2013”を作ってきました。
(大人の知恵と技術満載のアンサンブル号は毎年ほかの船たちから敵視されているのであります。)
ほかのみんなは少し川下で自分の班の船がやってくるのを待ち構えます。
そして喚声を上げながらゴールまで川岸を船と一緒に走ります。


Photo_41日目の夕ご飯はオリジナルメニュー。
オカリナで練習済みですが、竈での調理はガス台のそれとは全然勝手が違います。
でもそんなことは百も承知?の高学年。
手順を考えメンバーに指示を出します。
飯盒のご飯もなかなか上手に炊きあがり
清流を背に
「いただきまーす」


Photo_5牛玉丼は?
子「うますぎ!」
火興しが早かったので、早めに食べ始められました。

以前は、暗くなってもまだおあずけの班もありましたが、どの班も予定時間内にオリジナルメニューにありつけました。
お腹空過ぎてた隊員たちも大喜び。

班長さんたち、家で何度か練習してきています。
家庭の協力あってのオリジナルメニューです。
何度も同じメニューの夕ご飯を食べてくれて、父さん母さんありがとう!
どれも大成功!お残しなしですべて平らげました。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

オカリナキャンプ 2013 ⑤

キャンプ、オカリナっ子全員参加で無事に終了しました。

忙しすぎてお伝えできなかったキャンプ直前の報告から。
Photo班の船ができあがりました。
シンプルにして1日で仕上げたかったけど作り始めると気合いが入り、やっぱり2日間かかっちゃった。
キャンプ1日目に川でボートレースをしましたよ。
めちゃくちゃ盛り上がりました。

Photo_22前日の帰りの会で班ごとに円陣を組んでお互いを応援します。
班長「〇〇班、明日から3日間チームワークでがんばるぞ!!」
メンバー「おおーっ!」
って感じです。


Photo_3キャンプファイヤーのオープニングで演奏する曲がなかなか難しく、前日ギリギリまで練習。
そらにつきあってもらっています。
そら「第2パートはむずかしいからねー。あとひといきだよ。」
子「うん。だいたい分かるんだけど、リズムがイマイチなんだよねー。」
ちなみに♪スカボロー・フェアを吹きました。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オカリナキャンプ2013 ④

Photo_2Photo_3
今年もキャンプの川で船の競争をすることになりました。
班で自分たちの船を作ります。
どんなのにしようか、と話し合っています。
この同じ大きさの板から本体を作り、好きにデザインしていくのですよ。
今はただの板きれですが。


Photo_4食休みの時間。
班長会議です。
お弁当箱を洗い終わったところで、キャンプのしおりを持って集まりました。
キャンプファイヤーの点火セレモニー、今年はどんな風にするか、の話し合いです。
班のいろいろな準備や練習もあり、自分たちの係分担の仕事ありでキャンプ前の高学年たちは忙しい。
やりがいのある時期です。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2013 | Main | September 2013 »