« 部活 | Main | おいなりさん »

四季の母 9月 ②

Photo_2


母はちょっと背骨を痛めて入院中。(^_^;)
用事を頼まれて実家に立ち寄ったとき撮ってきました。

「講中の 恵方詣りや 紺法被」

何年か前、俳句の先生に褒められたか、何かの会に出品を勧められたか、の一句のようです。

恵方詣り が季語で、元旦にその年の恵方にある寺社に初参りすることだそうです。
講中は、ここでは村の衆、という感じでしょうか。
元旦に、そろいの紺法被を着た村の人々が、氏神様に参詣する様子を詠んだのかな。


病院で“蚯蚓鳴く”はあのあとどうなったのか聞いてみました。

「蚯蚓鳴く 土葬の墓石 苔むして」

母の父親、つまり私のおじいちゃんが亡くなってから40年くらい経ちましたが、当時は土葬でした。
今ではもう土葬などはしていませんし、そのあとだいぶ経ってお墓に入ったおばあちゃんは火葬でした。
その祖母に連れられて何度かお参りした、田舎の村の山間にある墓地に、私も思いを馳せました。
お墓参り、行きたいんだろうなあ。

|

« 部活 | Main | おいなりさん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 四季の母 9月 ②:

« 部活 | Main | おいなりさん »