« オカリナ茶屋 | Main | 有段者への道 »

サスケ

遡ること約40日。
夏休みに入った頃でしょうか。
その遊びは突然に始まりました。
Photoオカリナ的サスケ。
最初はこんなふうに、大きな積み木を立てた上を歩く、みたいなところから。
みんなばたばたと落ちていました。
マットの上に立てた箱の上に、バランスよく足を置くという経験はないし。
でも一人また一人とゴールできるようになっていきました。
難関は奥に見える細ーい平均台。


2_2第2期。(・・といっても初日の翌々日くらい。)
ぶちがその細い平均台に高さを付けてみました。

コースに出たら、どこにもつかまれません。
足がマットについてももちろんアウトです。
こわいよ~などと言いながら降り方を工夫。

それからほぼ毎日。
帰りの会のあとにサスケ展開。
日々コースが変わるのでこどもたちは今日のサスケに夢中です。
ぶちも子どもたちの進歩に合わせて、コースのあちこちで高さを変えたり幅を狭くしてみたりして難易度を上げていきます。

4この日は誰かの発案で、どんじゃんけんをしていました。
この頃になると細い平均台の上を急いで(驚)歩いたりできるようになっています。

オカリナのサスケ・・写真を見ただけだと、そんなに難しくなさそうに見えますが、実はすごく高度な運動です。
大人にはそうそうできないでしょう。
バランスと集中力と瞬発力と柔軟性と・・あと仲間力(りょく)。(^_^)


Photo_2さて、今日は帰りの会が終わると、申し合わせていたのか高学年の男子たちがサスケコースを設定し始めました。
今日の目玉は、坂を下りにしたところ。
短いけど急な板の下り坂の出現に
さぶ「ええええっ?マジか!」
男「まじまじ。」


Photo_3Photo_4
すると、ぶちが平均台をさらに高くするではありませんか!
マジか!
まじまじ。

落ちるしこけるしケガもします。
痛い思いをしたからやめちゃうか ?
っていうと・・涙目でしばらく患部を冷やしてからまた果敢に列に並ぶ子どもたちなのであります。
どこまで進化するのか? サスケとオカリナっ子!!
(いつまで流行るのか・ってこともあります。遊びだからね。(^^))
(さぶ)

|

« オカリナ茶屋 | Main | 有段者への道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サスケ:

« オカリナ茶屋 | Main | 有段者への道 »