« 畑のにんじん | Main | どんぐり仕事 »

将棋日本シリーズ テーブルマークこども大会

オカリナ将棋部11人、対外試合に行って参りました。
小学生が3000人以上も集まった将棋日本シリーズ テーブルマークこども大会です。
場所は東京ビッグサイトで、いきなりの超でっかい大会。
同伴者が必要なので、大抵の子は親と来てます。
だから大人も入れたら軽く6000人以上はいたと思うのね。
(いつもながら外出行事はビデオ係なので写真はあまりないです。)
ものすごくものすごーくひろーいひろーい会場にテーブルとイスがずらーーーっと並び、その上に数えきれないほどの盤駒がこれまたずらーーーーーっと用意されている光景には度肝を抜かれちゃいましたね。
3年生までと4年生以上の低学年・高学年に分かれてまずは予選。
各ブロック24名で3局の試合をして、3回とも勝てた子どもが決勝トーナメントに進めます。
オカリナっ子たちも大健闘、低学年一人と高学年一人がトーナメントに進めました。
__この写真は、低学年の決勝トーナメント2回戦くらいかな。(オカリナ将棋部の2年生、4回戦まで勝ち進んだんですよー。6年生も2回戦まで行きました!!)
他の子たちは予選で2勝1敗パターンが多かったです。
優秀優秀。
予選が終わっても、決勝トーナメントで敗退しても、自由対局の時間がたっぷりあるので、みんな初対面の相手と10局くらい指していました。
勝ち負けの数よりも、そんなにたくさん対局したっていうことがまずもって偉いでしょう?

子ども大会後には、久保九段と羽生三冠のプロ棋士対決が間近で見られて、こっちは指導員と付き添いの大人が大興奮。ビデオばっちりです!
参加した子どもたち全員に、二人のサイン入り扇子(かっこいいやつ)が配られてうれしかったし、解説の屋敷九段や、若くてかわいい女流棋士と一緒に写真撮れたりしてすごい一日でした。
会場じゅうに日本将棋連盟の人(ぶちが名前をよく知っていた)や、奨励会の若い棋士たちがいっぱいいて、『聖の青春』や、『3月のライオン』を思ったりしました。
書き出すとあれこれ沢山書きたくなる一日でしたが。
長くなるので。
(さぶ)


|

« 畑のにんじん | Main | どんぐり仕事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 将棋日本シリーズ テーブルマークこども大会:

« 畑のにんじん | Main | どんぐり仕事 »