« たき火でおやつ | Main | 1月生まれのリクエスト »

四季の母 1月

お正月にみんなで集まったときは、今回のお題は松納め・七福神詣・寝正月なんだけど・・「まだできてないのよー」
と言っていたので、できたらファックスしてねとお願いしたら、昨日郵便で届きました。
届いたよー、と電話し、しばらく話しました。

松納めて僻地赴任の人送る

大方の神籤は吉と福まゐり

福詣で先ずは江ノ島弁財天

生家守るうからのありて寝正月

貨車客車の音を現に寝正月

一句目
再び出稼ぎに向かう人たちのことでしょうか

二句目
みくじ と読みます

三句目
景気がいいのは一握り、だよね。

四句目
守るはもる、と読みます。うからはやから(輩)のことだそうで、弟(私の叔父ですね)が田舎の生家を守ってくれている安心を表したんだとのこと。

五句目
現はうつつ。母は12階に住んでいますが、下を通る列車の音で貨物車なのか客車なのか分かるんだって。


俳句はその様子の説明だけじゃだめで、ドラマがないといけなんだよ、と言っています。(^_^)

|

« たき火でおやつ | Main | 1月生まれのリクエスト »

Comments

お母様の俳句、今か今かと待っていました。
俳句で使う言葉は説明して頂くと内容がよく解り嬉しいです。
今年の江島神社のおみくじは中吉でした。
でも、打出の小槌が入っていて今、お財布に入れていますが、増えませんね・・・減るばかりです(+_+)
12階からは富士山がよく見えるでしょうね~羨ましいです!
我が母の句を思い出しました。

寒の水 猫より小さく 顔洗う

今は蛇口をひねればお湯が出て、こんな事はありませんね!
顔はちゃんと洗いましょう(*^^)v

Posted by: ななほしきみえ | January 24, 2014 14:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 四季の母 1月:

« たき火でおやつ | Main | 1月生まれのリクエスト »