« 2月27日(木) | Main | 桃の節句に »

マーシャルのこどもたち

 オカリナにはざっと1400冊以上の本があります。(たぶん)

 先週、ふと一冊の本を手にとりました。たくさんのふしぎの一冊で「マーシャルの子どもたち」という背表紙でした。子どもたちの暮らしが描かれているのかなあと思ったら、「!」手にとってみると本に呼ばれたんだなと思いました。「この本を読みなさい」と。(^_^;)

 その本は、1954年3月1日に水爆実験(ブラボー)が行われたマーシャル諸島のその後を描いた1996年の本でした。第五福竜丸は近くを通った船ですが、近くの島に住んでいた人々の話です。今年は60年目ということになるので朝日新聞で特集されたりしています。特集でびっくりしたのは当時の船員がでてきたり、マーシャルの子どもたちの本に出てきた子孫と思える人が登場していたことです。そしてまだ住めないということ。

 実は一時期、第五福竜丸関連のことはそれなりに調べて、絵本やDVDなどもオカリナにはあったりします。明日は3月1日なので、近いうちに絵本は子どもたちに読んでみようと思います。(ぶち)

|

« 2月27日(木) | Main | 桃の節句に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マーシャルのこどもたち:

« 2月27日(木) | Main | 桃の節句に »