« June 2015 | Main | August 2015 »

2015 オカリナキャンプ④

更新が滞るのは忙しすぎるからなのであります。
夏休みに入ったし、キャンプも近い。
でもここでオカリナのことをお伝えするのは仕事だと思っているので、ずーっとサボっている気分になっています。

Photo1今年のキャンプの旗はピンク。
生地買いにいったら、なんだかすごくきれいに見えた。
今年はこれで行こうって決めました。
今年も1年生が絵を描きますよ~。
描きたいものを発表しあい、順番に描きます。
布にクレヨンってけっこう書きづらいです。
一生懸命です。

66_2
翌日。
6年生が仕上げをします。
デザインを二人で相談・・のような、そうでないような会話を交わしながら今年最後のキャンプに思いを込めます。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015 オカリナキャンプ③ と ちょっとけん玉

Photo2
キャンプ隊員との交換ノートを書いています。
先月末に班を担当する隊員が決まりました。
恒例のノート交換も始まっています。
今日は班ごとの写真を撮ったのでプリントアウトしてノートに貼ります。
まだ班の子たちの顔と名前を覚えていないかもしれないので。
低学年は絵を描いたりもします。
今年も素敵にたのしいノートに交換しましょう


Photo_2準初段に合格です。
絶対受かるんだ!
と意気込み十分。
練習もたくさんやっていました。
おめでとう!!
(値ぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015 オカリナキャンプ②

Photoキャンプの準備はどんどん進んでいます。
なかなか紹介できませんが。(^_^;)
これは先週のキャンプ実行委員(高学年)の集まりで、係ごとに分かれて仕事の確認やしおりの分担を話し合っているところ。
班ごとの活動もあるし、実行委員の仕事もあります。
学童保育の一大イベント、夏のキャンプを迎えるまでに大人も子どももたくさん話し合い、たくさんの作業をこなします。(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

宝石?ぶどう?

Dscf6551本当にひさしぶりです。(~_~;)この水につかっているものはなんでしょう。ちょっとした宝石と思ってしまうような黒光り。

Dscf6554

実は一個いっこ、こんなのに入っていました。

ムクロジです。無患子と書くこともあって、子どもが健康になりそうで見つけると嬉しい木の実です。あまり見かけない木ですが、ここらへんだと深大寺が有名ですね。皮は石けんの変わりに使っていたようです。羽子板の羽ねの先でもあります。何か作ってみようか。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

四季の母 6月

7月も半ばにさしかかってしまいました。
(俳句の会の翌日にはちゃんとファックスを送ってくれる母です。)
6月7日には、今年も平和のつどいのステージを楽しみに、熱い中、膝も悪いのに早くから一番前の一番端っこの席で子どもたちのパフォーマンスを見てくれました。
ななほしさんにまたお会いできるかと思ってもいたようでした。

6月の兼題【蟻地獄 どくだみ 鰻】

園庭の隅一列に蟻地獄

外竃どくだみ煎じる祖母思ふ

一瞬の素早さ息呑む蟻地獄

裏町はどくだみ群れてゐるばかり

鰻屋の主人無口に幕を引く

1句目
園庭・・私の代わりに孫を・・だいたい毎日・・迎えに行った保育園の庭のことでした。
ある日孫の(息子の方)迎えに行ってみると、子どもたちが蟻地獄にいたずらをしていたんだそうで、それを園長先生が叱っていたんだって。
私「うちの子もいたの?」
母「いたと思うよ~」

2句目
母のお祖母ちゃんのことなので私にはひいお祖母ちゃん。(会ったことはありません。)
母の祖母が住んでいた昔の田舎の家は外で煮炊きもしていたのです。
たくさんのドクダミを根っこごと河原で洗って、大きな土鍋で煮たんだよと話してくれました。
「つねへいおじさんっていう優しいおじさんがいてねぇ、腸結核で早くに死んじゃったんだけど、このおじさんがうちに“少女クラブ”を毎月送ってくれたりしてね、山奥のあんな田舎にもちゃんと届いてさ、それがどんなにか楽しみだったんだよ。」

3句目
母の実家は山梨の田舎農家です。子どもの頃、広い縁側の軒下で見た蟻地獄の様子とのこと。
茅葺きだった昔の大きな家は、私が1年生くらいまではあったので、私もその軒下に鶏を飼っていたことを覚えています。めんどりがどこかに産んだ卵を探す、あのドキドキ感、まだあったかい産みたてを見つけて手にのせた時のあの高揚感は未だに忘れないです。でも蟻地獄は気がつかなかったなあ。
兎と鶏を一緒に飼うと糞が嫌な匂いにならず、ハエが来なかったんだよとも話してくれました。

4句目
家の近くにあった大きな会社が、だいぶ前に無くなりました。
「そのあたりを散歩したんだよ。」

5句目
父は生前、毎月お給料が出ると商店街にあるうなぎ屋に母を連れてうなぎを食べに行っていたんだということを私は初めて知りました。
へえ、そうだったんだ!
「うん、そうだったんだよ。おとうちゃんは東京の人だから魚や鰻が大好きでさ、私は魚が苦手だから食べられないんだけど、うなぎ屋さんにはほかにもいろいろ食べるものがあったからね。」
私もその店構えは覚えています。
寡黙な主人が奥さんと二人でやっていると聞きました。
あるとき閉店を知らせる貼り紙。後を継ぐ人がいなかったのだそうです。
「おとうちゃんがさ、オヤジ、おつかれさんだったな、って肩たたいたんだよ。」
二十数年も前に亡くなった父の、背広の背中をふと思い出しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月7日

雨が続きます。
初夏バザーも・・・雨に見舞われてしまいました。(また紹介しますが、大盛況でした!)
Photo公園に行けない日が続いています。
のんびり宿題。
2年「あのねぇ、まだ一度もプール入ってないんだよ。雨ぱっか降るから」

小学校では個人面談が終わりました。
担任の先生がこんな事言ってくれました、とかこんな風に言われちゃいました~、とか母たちも嬉しかったり心配だったり。

5年「ふれあいステージ、先生が楽しみにしてるんだって。今年も出る?」
指「そうだね。」
5年「やった、じゃ先生に言っとこかな。」


Photo_2将棋部名人順位戦7月大会が始まりました。
順位戦も11期目となりました。
各クラス誰が優勝するかな。
毎週部活に通ってくる子はそれなりに強くなっている模様です。


Photo_5来週のお誕生日会の話し合いです。
9月までは前回の班で担当を割り振ってあるので、久しぶりに顔を合わせて一緒にお仕事します。
班長「司会やりたいひと~」
みんな「はいはいはいっ!(^0^)/」


Photo_4そう、今日は七夕ですもの。
短冊にお願い事を書いて笹に飾りましたよ。
「百人一首が全部おぼえられますように」
「秋バザーまでに準初段になれますように」
けん玉と百人一首と将棋のお願いが多いです
「お父さんみたいに計算がはやくなりますように」
「くせ字がなおりますように」
なんていうのもあります。
家族の幸せと健康を願う短冊もたくさんあります。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

低学年合宿2015

今年も楽しくお泊まりが出来ました。
2年生達が一番楽しみにしていたようで、合宿の日が近づくと「ああ、合宿楽しみ~~」と瞳を♡にしておりましたよ。
PhotoPhoto_2
金曜日のプライムタイムから合宿スタート。
まずは夕ご飯のカレー作りです。
5つの班に分かれ、野菜やお肉を切りました。
リーダーは3年生です。
Photo_3Photo_4
Photo_5Photo_6
Photo_8Photo_7
毎年タマネギを切る班の班長さんが「炒める隊長」。
今年の隊長二人も 「あっつ~~!!おっも~~!!」
と言いながらデカしゃもじを回し続けました。
帰って行く6年生も「がんばれぇぇ~」

Photo_9Photo_10
カレーはおいしく出来上がり、みんなで楽しく食べました。
雨が降っていたので、恒例の夜のお散歩は取りやめとなり、3年生のリクエストでダンス♪!
そして光るブレスレットを腕に付けて電気を消し、暗闇ジャンケンカードバトルでおおさわぎ。
暗がりで大興奮の一日目でした。
興奮したけど疲れたし、10時前には全員かわいい寝息を立てていました。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2015 | Main | August 2015 »