« April 2016 | Main | June 2016 »

ちっちゃなお客さんたち

連休が明けてから毎週月曜日に放課後児童支援員認定資格研修っていうのを丸一日受けに行ってます。
週の始まりの日からオカリナにいないとか、(しかも毎週)あり得なかったことなので、火曜日を月曜日と勘違いしたまま仕事してたり、どうも一週間のリズムが変なんですよぉぉ。

PhotoPhoto_3
さて水曜日17時30分。
オカリナ茶屋の開店でぇす。
今日のお茶請けはみよママのチョコチップスコーンとチョコチップクッキー、それにソラマメご飯のおむすびです。

去年くらいからコカリナっ子の来店が増え、客層に変化が。
まずもってお客さまの平均年齢がダダ下がり。

今日のちっちな人たちです。
途中で思い立ったので撮れてない子もいます、ごめんなさい。

Photo_4Photo_5

Photo_6Photo_7

Photo_8Photo_9
この茶屋を楽しみにしている子もいるようで、
母1「水曜日だけは分かるのよ~」(←曜日として認識しているってことね。)
母2「茶屋の日だけはこの子から(保育園に)先に迎えに行って一緒に連れてくるの。楽しみにしててね。」

みよママのおにぎりめがけてやってくる子もけっこういて、みよママはできるだけメニューにおおむすびを入れるようにしています。
オカリナの炊飯器で炊いてるんですよ。
またおいで~~。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学童保育の高学年

 朝日新聞にオカリナのことがちょっとだけ出ました。 ←クリックすると記事が見られます。全文読むには会員登録が必要です。(無料で1日3つまで記事が読めます。)若干補足しておきます。

 児童福祉法が改正されて、6年生までが学童保育の対象に明確になりました。前はおおむね10歳というような書き方だったので、補助金を出している自治体によっては、3年生までの人数で補助金をだしていたりしました。高学年の人数はカウントされないため、低学年が少ないと存続の問題になるなんてこともありました。(大きなところでは横浜市がそうでした。)それが改正されたことによって高学年も対象になり、補助金額が増額された自治体が多いと思います。
 つまり従来から高学年を受け入れてきた施設にとってみれば、お墨付きをもらったというか朗報だったと思います。逆に高学年も対象になったがために、低学年の人数だったら広さ基準を満たしていても、高学年の人数を入れると基準を満たさなくなるなんて問題も出てきてはいますが。…それは何とかクリアしないといけない問題ですよね。たいへんだけど。(^_^;)

 しかし、3年生までの受け入れとしてきた施設で、新たに高学年を受け入れられるようにするというのは大きな壁があります。記事にあるようにまず待機児問題。それから保育内容の大きな転換を求められるということもあります。3年生までの学童保育と6年生までの学童保育を両方経験している自分としては、仕事の質が全然違うと思うからです。
 支援の単位という問題もあります。6年生まで平均していると仮定すると、概ね40人にするなら7人×6年=42人が限界で、1学年7人しか受け入れられない。2単位にするにしても、行政が考えそうなのは低学年1単位、高学年1単位とかにしちゃうだろうなあ・・・(管理しやすいと錯覚する)・・・と勝手に想像できる。(ちょっとわかり辛いですね。詳しく聞きたい人がいたらコメントしてください。がんばって書くかも。)

 「質保ちつつ量を」と記事はくくられていますが、保育園でもそうですが残念ながら質はなおざりにされちゃうんですよね、必要な時になかったら意味がないとか言われちゃって。確かにそうなんだけど、子どもにしたら迷惑な話なんだろうなと思う。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水曜日に

Photo_35月のお誕生会をしました。
5月生まれのおやつリクエストはチーズケーキ。
みよママがレアチーズケーキを用意してくれましたよ。
マンゴーのっけです。
クリームチーズの中にはオレオが入ってて、スプーンですくうとしっとりオレオとクリームチーズがペストマッチ。
まあおいしいことおいしいこと。

Photo_4今日はステラフリーday。
母がオカリナ茶屋でみよママのチーズケーキにうっとりしている間、2年生のお姉さまは、かわいいかわいい生まれたばかり(オカリナっ子に比べたらということで)の妹を抱っこしてみんなに見せてあげました。
オカリナっ子の弟妹をコカリナっ子と呼びますが・・とても人気。
元気で大きくなあれ~
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

順位戦終わる

第16期のオカリナ将棋部名人順位戦が終わりました。
今期優勝したのは前々回で初代永世名人になった将棋部主将の6年生でした。
PhotoPhoto_2
土曜日の部活動の時に、ぶちが順位版を変えているところ。
今の実力がきっちり順番になって掲示されます。
連休後に始まった順位戦。
ほとんどの子が参加しているので、対局の時間にはオカリナの中に所狭しと盤が置かれます。
上級生たちのたたかいの様子をじっと見ていた1年生の中には次から入りたい、と申し出る子もいますよ。
次回は7月。
*部活動は毎週土曜日にやってまぁす。(^^)/
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

取材

朝日新聞の記者さんの取材を受けました。
児童福祉法の改正で学童保育の対象年齢が、概ね10歳 から6年生までに広がったけれど、それは本当に必要なことなのか?
法律でそうは決まっても、なかなか積極的に6年生までの受け入れができないでいる学童クラブが多い中、小学校と同じように学童保育も6年生で卒業、というスタイルをずっと貫いてきたオカリナを、全国連協が紹介してくれたようでした。
Photo主にぶちが応じていましたが、高学年たちが帰ってくると、彼らも取材の対象に。
なぜ6年生までオカリナにいたいのか?
もしもオカリナに来なかったとしたら、今頃何をしていたと思うか?
・・・そんな感じのことを尋ねられたようです。
この子は5年生。


Photo_2こちらは6年生。
なんだか逆取材風の画になっていますが、これは多分 もしも名前を載せるときに、ということで本名を漢字で書いているのだと思いますが・・。
手前では第16期オカリナ将棋部名人順位戦の決勝戦が行われているところです。

やはり
もう留守番出来るんだから高学年に学童保育はいらない。
放課後の時間は自分で計画を立てて過ごせるのが高学年である。
といったような声が大きいのでしょう。

しかし。
語りきれない、書ききれない、豊かなオカリナの6年間。
留守番できるかどうか?など もはや別の世界の話。
自律・自立は寧ろオカリナで過ごす方が身につくのである。

さてどんな記事にどんな風にここの実践が使われるのかな。
(さぶ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

親子交流会2016

一期一会の日が過ぎ、オカリナの黄金週間も終わりました。

今年の親子交流会を振り返りましょう。(^^)
親子交流会とは、新入生の家族を歓迎し、今年のメンバーが一堂に会して楽しい時間を過ごすというイベントです。内容は班対抗の運動会という形で定着しています。
子どもたち、とっても楽しみにしていました。
班長たちは緊張しています。
班のメンバーが大人たちと親しくなれるか?大人たちは自分たちに協力してくれるのか?
仲良くできなきゃ楽しくありません。
でもそんな心配は無用でしたね。


Photo_11Photo_12
いろいろな面白い競技を実行委員さんが考えてくれました。
子どもは全部の種目に参加します。
まずは毎年恒例のパン食いならぬお菓子食い競争です。
左は2年生のレース。右は幼児さんたちです。
大人たちだっておかしくわえてダッシュしましたとも。


Photo_13Photo_14
Photo_15これはボール運び。
大人と子供がペアになり背中でボールを挟んで運びます。
親子の組み合わせが多かった。
普段はちゃんと子供に向き合っているけど、背中合わせは慣れないなあ・・。
背の高さが違うからいろいろユニークな作戦を立てて臨みます。

Photo_16Photo_17
Photo_18Photo_19
Photo_20Photo_21
Photo_23親たちが一番楽しみにしているのが応援合戦です。
子どもたちが協力する姿がとてもよく分かるからです。
期間は短かったけれど、班ごとにちゃんと取り組んできました。
班のそれぞれの個性が光ります。
班長のセンスが光ります。苦労も垣間見えます。
班長から前もって届けられた応援カードをみて、わが子にも教わりながら家で特訓してきた父さん母さんたち。
ご協力本当にありがとう。

Photo_24Photo_25
最後のお楽しみはオカリナ1年目から続いている、親対子どものしっぽ取り対決。
母対子どもの対決では子どもたち、なんかと勝ちました。
そして速さと力では圧倒的な父ちゃんたち。
向こうで円くなって何やら企て中。
子ども、頑張れ。

大汗かいて大笑いして、大賑わいのうちに第1部は無事終了。
お昼は春日台公園に移動して、青空の下みんなでお弁当を食べました。第2部です。
班ごとにみんなの前で自己紹介なんかもしました。
本当にいい一日でした。
子供と親と指導員が、揃い、改めて今年のオカリナが本格スタートした、っていう気持ちになりました!

Photo_26・・・で。
この日なんと14年前のオカリナ開設から数えて登室(出席)者の延べ人数が11万人を超えたのでした。
この子が栄えある11万人目。
超豪華超ゴージャス超盛りすぎのお祝いレイをもらったのでした。
いやぁ、おめでとうなのだ。
(さぶ)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

一期一会、再び

直人のお墓にさぶと行ってきました。今年もとてもよい天気、澄んだ空、木々がぐんぐんと芽吹き、虫たちも卵から幼虫へ、そんな時期です。

直人のおばあちゃんの葬儀も無事に終わったそうです。今頃、直人と再会をしているころでしょう。いずれ直人がいるお墓におばあちゃんも入ることになるので、直人とおばあちゃんのお墓になりますね。

さて、今年の一期一会の日が無いのは寂しいので、突然ですが明後日の7日(土)に開催します。(^_^.)直人に縁のある方、どうぞ集まってください。(直人家族もいらっしゃいます。5日に参加しようと思っていて、出られない方はよかったらメッセージを送ってくださいね。)

2016年5月7日(土)18:00~(開場17:30の予定)あとは前にお知らせしたような感じです。参加される方はできだけ最初から参加ください。(未成年者は21時までの参加とします。)よろしくお願いします。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一期一会の日

5月5日は一期一会の日ですが、急ですが今年はとりあえず中止とします。

直人のおばあちゃんが本日お亡くなりになりました。ご了承ください。

おばあちゃんとは何度かお会いしたことがあります。寂しいです。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。(ぶち)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2016 | Main | June 2016 »