« 今週のおやつから | Main | 風船バレー »

勝又先生の日 将棋の日

その日はまたやって来たのでした。
あの将棋のプロ棋士、勝又六段がオカリナっ子に将棋を教えに来てくださったのです。
3回目のご指導。何て贅沢なんだっ!  
くくぅ~~(嬉し涙)

Photo2
お約束通りの時間に来てくださり、荷物と上着を置くと
「さあ、どうぞ、いいですよ。」
と早速スタンバイ。
宿題を終えた低学年からどっと集まって来ました。
一度に5人の子どもを相手にしてくれます。

Photo_2Photo_3
指導に来てくださることが決まった翌日には【勝又先生に将棋を教えて欲しい人!】の紙を貼り出しました。
みんな自分の名前を書き込んで楽しみにしていました。
いつもよりお迎え時間を遅くして、とお母さんに頼んだ子もいるし
夕方からの習い事を別の曜日に振り替えた子もいました。

Photo_4Photo_5
勝又先生にちゃんと教えてもらいたくて、自分の番が来るまでの間、じっと真剣に考えます。 
たくさんの中の一人でも、先生はちゃんと向き合い、強くなれるようにいいアドバイスをくれることが分かっているのです。
たくさん吸収しようという目つきがいい。

Photo_6Photo_7
Photo_8Photo_10
「将棋は仲間と力を合わせるゲームです。飛車の一番のお友達は?」
「全部の駒の中で一番強いのはなにかな?」

母たちがお迎えに来る時間になり、そしてステラタイムに突入しました。
最初の指導から軽く4時間を過ぎていますが、ひとりひとりに対する勝又先生のトーンは変わりません。
そこにいつも感心させられます。

Photo_11Photo_12
最後は3年生の女の子でした。
42人のオカリナっ子と向き合ってくださった4時間43分。
(ホントにありがとうございました!)
終えると「これまでの最多です、さすがに疲れました~(^.^)」と腰を伸ばす体操をしていました。
(す、すみませんでした。涙)
何かお役に立ちたくてもたまーに飲み物をお運びする程度で・・・。
(お許しください。)


前もって、ちゃんと「〇枚落ちでお願いします」、って伝えるんだよ と話してはいたのですが。
さらりと「平手で」と言う子が多かったようで・・
ぶち曰く「プロの先生相手にこんなに失礼なことはない」んだそうです。(汗)
もっときちんと事前指導をしておけばよかったです。

これからも将棋を学童保育活動に取り入れながら豊かな放課後を過ごしていきたいと思います。
心から感謝です。
ありがとうございました。
(さぶ)

|

« 今週のおやつから | Main | 風船バレー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 勝又先生の日 将棋の日:

« 今週のおやつから | Main | 風船バレー »